慌てずにパクを合わせよう。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』20(最終回)

2016年2月4日から『超鋼祈願ササヅカイン 戦いの果てに』が始まります。今回演じさせていただくササヅカイン2号の音声システムもこれまであまり演じたことのないダークヒーロー系なので、観に来ていただいて「あ、こんなこともできるんだ~」って思ってもらえたらなと。
とにかくもう、待ち望んでいた役を頂けて光栄なんです。
前回……もう二年前ですけど、“新たなる脅威”の時、2号は敵組織が作った闇のサイバテックロイド、ササヅカインダークネスでした。ササヅカインのライバルとして戦い、その音声システムは先輩声優方がゲストとして参戦されていました。
列挙しましょうか。
山口勝平さん、津久井教生さん、石川英郎さん、関智一さん、千葉繁さん。
……濃い、ですねえ……。
自分も出演者として目の当たりにしていたので、その凄まじさは身に染みています。だからこそ誰もが分かる持ち役を持っていない自分はどうすればいいのか、悩んでもいました。
でも、演劇・クラシックのフリーペーパー紙カンフェティさんの取材を受けた時に、2号のスーツアクターをされる岩田さんは「前回はゲストの声優さんの持ってる特色をどう表現するか一発勝負という感じだったけど、今回はずっと中澤君が演じるし、2号というキャラクターをしっかり着地させたい」とおっしゃいました。
そう、気負わなくてもよいのだと。
稽古も終盤に差し掛かり、物語の全体図も見えてきて、自分の役割も少しずつ分かってきました。台本とマイクを持って舞台に立って、ヒーローの傍らでうろちょろしながらも、熱いセリフをぶつけていきますので皆さんどうぞよろしく……!!
まだまだ予約受付中ですよ!!
ご予約はコチラから→ https://ticket.corich.jp/apply/69180/031/

……とここまで書いて、自分でおや?と思ったんですけど、
最終回なんだし、声優業の話しましょうよって(笑)
ちゃんと本筋を意識して声優としての話をしましょうか、ね?

とにかく昨年も色々な作品に関わらせていただけました。その中でも反省はたくさん。
例えば滑舌。基礎も基礎ですけど、やっぱり自分でも気になってましたし、訓練しながら見直しています。
次に演じられる役幅をもっと聞かせていくこと。……仕事やきくドラでは色んな役をやらせてもらっているのですけど、事務所であったり、業界であったり、肝心のところには浸透していないらしいので……どうやら今の僕のイメージはイケメン声だけらしいですよ。なんかすんごい悔しいですね!!やってやらな!
ここからの一年は仕事にきっちり打ち込むのは当たり前として、しっかり自分の基盤をアップデートしていかないとと思っています。そう、中澤まさとも、2016年のテーマは“アップデート”です。今の自分を整理して効率を良くして改良する。
自分の働き掛け次第で、まだまだ変わっていける。そして自分よりも優れていたり、上手かったりする人がどれだけいようが怯まない! その人は僕ではないのだし、僕は僕だし、図々しい言い方をすれば、役を得てしまえばあとは作品と役に尽くすだけ。仕事はいたってシンプル。とにかく、この一年をしっかりと走り抜けたいと思います。
と言うわけで、『人生のパクが早上がりでもさ!』最終回、いかがでしたでしょうか?
最後くらいはパクを合わせて少しでもコラムらしく締められたらと抗った次第です。
もしまたどこかで、今度は何かしらの紙面でお会いできるよう、文才も磨いていけたらなと思います。ありがとうございました、またお会いするときまでごきげんよう……!
これまでお読み頂き感謝でした!!