タグ別アーカイブ: タレント

10年の夢が叶わなくても

『粕谷幸司の自由なコラム』18

 僕には夢があった。
 幼稚園の頃。親に連れて行かれた体操教室が楽しくて、大きな声で「ぼく、オリンピック選手になる!」と宣言していたらしい。でも、アッという間に飽きちゃって、すぐやめちゃった。
 小学校に入って、『ズッコケ三人組』という児童小説を読んで、アレコレなりたい職業を妄想しながら「新聞記者になりたい」と言い始めたりした。いろんな世界を見て、それを人に伝えるのが楽しそうだった。
 中学校の頃、本気で「物書きになりたい」と思った。特にテレビドラマや映画が好きで、三谷幸喜や君塚良一のような“面白さ”に魅了されていたから、シナリオライターになりたいと思って、日芸に行くことを目標にした。
 大学卒業の頃。いわゆる就活で散々グチャグチャに悩みながら、芸能事務所やテレビ・ラジオ局、メディア制作会社などで働く夢に挑んで、玉砕していた。仕事にすること、それで“食っていく”ことの難しさを痛感していった。

 Project One-Sizeを立ち上げながら、何も見えない未来へ、否応なく飛び出していった。それが…、10年前。

 新しい夢は、ふと思いついた。「タレントになりたい」。
 自分が持っていたアルビノというモノを、存分に利用してやりたい。そしてもっと、面白い人生を切り拓きたい。ふと思い立ってからしばらくは、本当に楽しかった。
 「将来はタレントになりたいんです」と言って入社したIT系の会社に勤めながら、しゃべりの勉強をしにスクールにも通った。
 その頃から、ブログをかなり“意識して”書き始めた。日記ではなく、不特定多数の読み手に届けるブログの書き方、のようなことを必死に考えたりしていた。
 ふとしたタイミングで会社を辞めてから、人前で話す仕事を少ししたりした。NPO法人がらみの講演会のようなものだったけれど、僕はいつも“少しでも笑わせよう”と意識していた。
 しばらくのらりくらり無職で、酷く無様な生活もしていたけれど、2年半前。いてもたってもいられず「たくさん稼げなくてもいいから、やっていて面白い仕事(アルバイト)がしたい」と志願して、今のルーナファクトリーのスタッフになった。ライブアイドル・タレントのプロデューサー、マネージャーをする日々は、苦しいこともあるけれど、やっぱり面白いな、と思う。

 気付けば、夢はどれひとつ、思い描いたように叶ってはいないのだけれど。

 新聞記者は、ブロガーのようになって今も僕の中に息づいている。
 物書きもシナリオライターも、ネットラジオで、そしてたまに舞台の脚本を書いたりして、ずーっと続いていて。
 しゃべり手も、そのネットラジオくらいだけれど、ずーっと“よくしゃべる人”であり続けるだろうから、きっと終わることはなく。
 規模はどうあれ、僕は今、タレントたちをマネージメントしながらステージをつくる仕事をしているし。
 オリンピックとはいかないまでも、世界に向けて“アルビノの人間”で、攻め続けている。

 大きな夢を、思い描いたとおりに掴めてはいないけれど。
 そのどれもが僕の中に生きていて。
 かたちを変えて、今の僕をつくってる。

 10月24日のイベントを終えて。それも振り返れば、思い描いた夢とは少し違った現実になったなあ、なんて、いま落ち着いて考える。
 いくつも弾けた夢の泡は、消えてなくなってしまうように思えるけれど。こうしてゆっくりと眠りについて、また新しい1日がはじまると、その記憶が、過去が、これまでのすべてが、この体に、目の前に広がる世界に、染み渡っていくような気がして。

 ここまでしてきたことを、明日からも大切に胸に抱えたまま、
 思い描いたのとは少し違う未来も、楽しんでいこう。

 夢が、思い描いたとおりに叶わなくても。
 この先の世界は、果てしなく続いている。

KASUYA.net PRESENTS イベント企画書

『粕谷幸司の自由なコラム』15

※この企画書は架空のものであり、実在のものとはあまり関係ありません。

タイトル:KASUYA.net PRESENTS 『やってみなけりゃわからない』(仮)
日時:ちょい悩んで調整中
場所:丁度いいトコ探し中

[概要]
粕谷幸司が、フリートーク(またはテーマトーク)を中心に、ちょっとコントとか朗読っぽいものとか、運が良ければ歌ったりとかするイベントをおこなう。俗にいう単独ライブ。
基本的にはソロでの出演を想定しつつ、直前でも都合が付けばシークレットゲストの出演もあり得る。

全体のタイムテーブル例は下記の通り。

00:00 開場
00:20 開演/オープニング(前説)
00:30 トーク1
00:45 トーク2
01:00 企画モノ
01:30 トーク3
01:45 エンディング
02:00 物販タイム
03:00 全イベント終了

→思いのほか長い!!ので、全体構成は調整。

[物販について]
現状、特に販売物が手元にないので、下記の範囲で検討。

■当イベント限定グッズの製作・販売
粕谷幸司に関する(写真などを使った)何か。
例:ブロマイド的なモノ、缶バッジ的なモノ、ポストカード的なモノ…など
  →需要が…、ごく少数と見込まれるので予算・価格など要検討

■ノベルティグッズの製作・販売
「KASUYA.net」「Project One-Size」を推し出した何か。
例:ラバーバンド的なモノ、缶バッジ的なモノ、ステッカー的なモノ…など
  →需要が…、ごく少数と見込まれるので予算・価格など要検討

■委託販売っぽい物
粕谷幸司が関係する各所が発売している商品について、その親和性を加味しつつ委託販売を受ける。
  →中間マージンを取らないでいれば問題ないはず。要確認と、各所への提案・交渉。

[価格帯]
粕谷幸司は、Project One-Sizeというユニットでインターネットラジオ(Podcasting)の配信など活動しているが、特にタレントとして成功しているというわけでもなく、価値創造としてもまだ未熟であるため、なるべく安くファンの方に楽しんでいただくことを優先して決定する。ああ、売れたい。

想定:当イベント=2,000円(会場により別途1ドリンク代)
  →会場費などを考慮すると微妙だが、例えば「2ショット写メが撮れるョ」などの特典を検討。
  →思い出をたくさん持って帰ってもらう工夫で、満足してもらえると良いな…!

→全体の予算を洗い出した上で、
 「イベント自体を昼夜2公演にする」または、
 「昼帯に入場料1,000円程度のファンミーティングを催す」など検討。

※この企画書は架空のものであり、実在のものとはあまり関係ありません。

…とかね、考えたんだ。
ほら、今、僕、特に事務所に所属してるタレントじゃないからさ。
待っていても案件なんて無いし、かといって営業が出来てないし。
しかも環境とか年齢とかあって、やらせてもらえることって、少ないから。

だったら、もう、自分で、やっちゃうのが良いよね、って思ってさ。

あとは、それを、どれくらいの人が求めてくれて、実際に「お金を払って触れてみたい」と思ってくれるか。
こつこつこつ…っと、今までこの道を歩んできて。
嬉しいことに「ファンです」と言ってくれる人がいる。
エグい話だけれど、その皆さんをどれだけ“お客さん”に出来るか。

…出来なかったなら、それが、僕の限界だから。

そろそろ、ちゃんと挑んでみて、見極めたり、覚悟したり、考えなくちゃ、ね。

インターネットへのラブレター

『粕谷幸司の自由なコラム』12

 僕がインターネットを始めたのは、高校1年生くらいの頃だった。1998年くらい?Windows 98くらい。
 家のFAX機に引いていた電話回線からダイヤルアップでインターネットに接続…だなんてもう、全部の単語が懐かしい。今の10代にはもはや古語…!

 ともあれ、そこから17年ほど。僕の人生の半分以上は“インターネット大好き”で暮らしてきた。
 はじめは、何をするわけでもなく「インターネットが繋がった!」ということで満足していて、持ち前の飽き性が発動していたらそこで、わりと何も開かずに終わっていたかも知れない。
 けれど…、きっかけは何だったかなあ?何かのきっかけで、チャットの面白さを知って。知らない人がやってることを聞いたり、自分が考えてることを話したり。そのうちに、友達と趣味で書いてた自作小説を見せたい、と思ったりしはじめて。そしたら、ホームページを作ると良いよ、なんてことを知って。レンタルスペースで、HTMLタグのコピペで、とりあえずテキストサイトのようなものを作って。
 …このままコツコツ書き連ねていくとキリがないから割愛だけれど。
 そんなこんなで僕の人生は、インターネットを軸に歩んできたと言っても過言ではないくらいなの。

 それだけインターネットを愛しながら生きてきた僕なので、これからも、インターネットでの活動は、大切にしていきたいな。

 紆余曲折した挙げ句、僕が漠然と“タレント”を目指し始めた時。
 何かしたくても何も出来ないで、モヤモヤしている僕に誰かが言った。
 「何かで1番を獲ったら?」
 僕の中には、ピン…と、わりとすぐに答えが出た。
 “アルビノで1番になろう”。

 それは別に、医療的な研究者でも、歴史・文化的なものでも、何でもやり方はあったはずだけれど。
 僕は真っ先に“インターネットで1番”を目指した。そりゃあ、もう、愛しているんだし。
 …わりと簡単、ということもなくて。日進月歩に進化・変化していく検索エンジンで、「アルビノ」という言葉から「粕谷幸司」という人物を結びつかせるには、いろんな工夫を凝らした。
 3年間の会社員時代に体得した知識・経験なども活用して、もちろんインターネット検索で新しい情報も吸収しつつ、まさに試行錯誤しながらの展開。
 その結果、大成功!…というほどではないけれど、一応、事実上は、たぶん「インターネット上で1番有名なアルビノの日本人」には、なったかなあ、と思うんだ、きっと。
 ささやか、なんだけれど。これは僕の、自信のひとつ。

 あとは運と、コネクションと、実力(タレント性)と、見た目と…、う~ん、考えると必要なものは、まだまだ足りなさすぎるのだけれど。
 たくさんの人の支えや応援、そして自分の努力で作り上げてきた「これ」は、最近ではちょっと、誇れるものだなあと、思えたりする。
 だから、タイミングってのは、ひとつ恵まれていたんだなあ。

 インターネットというものの時代に生き、まだ僕以上にアルビノを前面に売り出して活動する「タレント」が居なくて、そして僕以上にインターネットでアルビノを獲ろうとする野心やテクニックを持った人も居なかった、この17年くらい。
 一目散に駆け抜けていただけの僕だけれど、振り返ってみれば、その時の僕にしか出来なかったことを、してきたんだなあって。

 思い描いたような成功には、まだまだ手が届かなくて。
 夢見ていたような大人には、ほどほど成れてないけど。
 インターネットで生きてきた僕は、少しは認めてあげられるかな。

 だからこれからも、まだ大好きでいられる気がする。
 インターネット。