タグ別アーカイブ: 中澤まさとも

慌てずにパクを合わせよう。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』20(最終回)

2016年2月4日から『超鋼祈願ササヅカイン 戦いの果てに』が始まります。今回演じさせていただくササヅカイン2号の音声システムもこれまであまり演じたことのないダークヒーロー系なので、観に来ていただいて「あ、こんなこともできるんだ~」って思ってもらえたらなと。
とにかくもう、待ち望んでいた役を頂けて光栄なんです。
前回……もう二年前ですけど、“新たなる脅威”の時、2号は敵組織が作った闇のサイバテックロイド、ササヅカインダークネスでした。ササヅカインのライバルとして戦い、その音声システムは先輩声優方がゲストとして参戦されていました。
列挙しましょうか。
山口勝平さん、津久井教生さん、石川英郎さん、関智一さん、千葉繁さん。
……濃い、ですねえ……。
自分も出演者として目の当たりにしていたので、その凄まじさは身に染みています。だからこそ誰もが分かる持ち役を持っていない自分はどうすればいいのか、悩んでもいました。
でも、演劇・クラシックのフリーペーパー紙カンフェティさんの取材を受けた時に、2号のスーツアクターをされる岩田さんは「前回はゲストの声優さんの持ってる特色をどう表現するか一発勝負という感じだったけど、今回はずっと中澤君が演じるし、2号というキャラクターをしっかり着地させたい」とおっしゃいました。
そう、気負わなくてもよいのだと。
稽古も終盤に差し掛かり、物語の全体図も見えてきて、自分の役割も少しずつ分かってきました。台本とマイクを持って舞台に立って、ヒーローの傍らでうろちょろしながらも、熱いセリフをぶつけていきますので皆さんどうぞよろしく……!!
まだまだ予約受付中ですよ!!
ご予約はコチラから→ https://ticket.corich.jp/apply/69180/031/

……とここまで書いて、自分でおや?と思ったんですけど、
最終回なんだし、声優業の話しましょうよって(笑)
ちゃんと本筋を意識して声優としての話をしましょうか、ね?

とにかく昨年も色々な作品に関わらせていただけました。その中でも反省はたくさん。
例えば滑舌。基礎も基礎ですけど、やっぱり自分でも気になってましたし、訓練しながら見直しています。
次に演じられる役幅をもっと聞かせていくこと。……仕事やきくドラでは色んな役をやらせてもらっているのですけど、事務所であったり、業界であったり、肝心のところには浸透していないらしいので……どうやら今の僕のイメージはイケメン声だけらしいですよ。なんかすんごい悔しいですね!!やってやらな!
ここからの一年は仕事にきっちり打ち込むのは当たり前として、しっかり自分の基盤をアップデートしていかないとと思っています。そう、中澤まさとも、2016年のテーマは“アップデート”です。今の自分を整理して効率を良くして改良する。
自分の働き掛け次第で、まだまだ変わっていける。そして自分よりも優れていたり、上手かったりする人がどれだけいようが怯まない! その人は僕ではないのだし、僕は僕だし、図々しい言い方をすれば、役を得てしまえばあとは作品と役に尽くすだけ。仕事はいたってシンプル。とにかく、この一年をしっかりと走り抜けたいと思います。
と言うわけで、『人生のパクが早上がりでもさ!』最終回、いかがでしたでしょうか?
最後くらいはパクを合わせて少しでもコラムらしく締められたらと抗った次第です。
もしまたどこかで、今度は何かしらの紙面でお会いできるよう、文才も磨いていけたらなと思います。ありがとうございました、またお会いするときまでごきげんよう……!
これまでお読み頂き感謝でした!!

苦しみながら生きるべきではないと思うけれどやっぱり

『粕谷幸司の自由なコラム』20(最終回)

 ネガティブはどこかに忘れ去られることもなく、孤独とともにいつもここにいる。
 Podcastだのtwitterだのには、意図して“出さない”ようにしているけれど、結局、僕はほとんど毎日のように「死にたぁ~い」と思い(時には呟き)ながら日々を過ごしている。
 大体、嫌なことなんて自分の力では(今のところ)どうにも出来ないもんで、けれど人を責め立てたって負の連鎖を生み出し続けるだけだし、頑張れるだけ頑張り続けながら駄目なのは自分であり足りないのは自分の能力(運とかも含めて)なんだ、と自分を追い込み続けていくしかないって思ってるしそうなってる。

 唯一の支え、生きる気力の根源は、夢を追う力だった。
 掴み取れるか、辿り着けるかわからないけれど、まぶしく輝き続けているその夢という未来にだけ向かって走っていれば、それが生きる意味だった。生きてることに意味があった。
 けれど、僕の人生での挫折はそんな夢の光が見られなくなった時に。

 むか~し、中澤さんや平居さんに「それ(声優・役者)が無かったら本当に何もないよね」って話をしたことがあったっけ。
 特にこの、相方の2人は、人生で(いろいろ寄り道とかしながらだけど)ずっと“それ”しかしなくて“それ”だけして生きてきた人たちだから、例えばで言うとアルバイトはしてきただろうけれど普通の会社員なんて絶対に無理だろうなって思ったりした。
 僕は…半端でさ。ちゃんとしてるっちゃあちゃんとしてるんだけど、大学卒業して、就職活動も頑張って、新卒採用じゃないにしても会社員になって、なんやかんやしてきたけれど。
 いま振り返って苦しいのは、いろんなこと出来るとしても2人みたいな“それ”が無いんだよね。だからもう、生きているのが苦しくて、どうにもならない。

 欲張りだったな。欲しいものはたくさんあった。
 けれどふと泣けてくるのは。
 “それしかない”ってものを捨ててしまったこと。
 しがみつけなかった。

 これまで19回のコラムで、いつも意識してきた終わり方は「どこかに救いを」だった。
 絶望だけを残したページにしないこと。読んでくれる人に、少しでも、どんな角度からでも前を見てもらえること。それを僕の言葉で、残せたら良いなって思って書いてきた。
 けれど、どんだけ格好いい言葉で整えても、自分を騙すことは出来ないし、隠していれば見えてなくても、本当の思いは伝わっているんだろうと思うんだ。
 だから、真剣に向き合って、最終回には書き残す。

 生きてりゃ、本当に苦しいことも嫌になることも、死にたいなあと思う時だってある。
 なるべくそんなふうに生きたくない。
 けれど、誰かに迷惑をかけまくってでも自分だけ楽しく幸せに、なんてなれやしない。
 だからやっぱり駄目なのは自分。

 うまくいかないことだらけだよ。
 だって、生きてるんだもん。
 それでも、生きてるんだもん。

 だけれど、生きてるから。
 楽しさに、幸せに、すがるしかないよ。
 死にたいけど死ねないまま生き続けるなんて本当に地獄だ。
 生きたいけど生きられないで死んでいく人もいる。
 出来るならこの命と交換したいくらいよ。

 けれど、生きている人が、生きている。
 生きている人のために、生きている。
 生きるために生きているんだから、生きたいと思える生きかたをした方が、きっと良い。

 テレビでも映画でも恋愛でも何でもいい。
 何でもいいから「ああ生きてて良かった」って思いながら、生きていきたい。

 それじゃあね。

 また、別の世界で。

【コラム企画】最終回について

いつもProject One-Sizeを応援いただきありがとうございます!

さて、唐突ではありますが、
次回(1月15日15:15更新予定)のコラムをもちまして、
このProject One-Sizeのコラム企画を終了することとなりました。

楽しみにしていただいていたみなさまには、寂しい思いをさせてしまいごめんなさい。
粕谷幸司・中澤まさとも、共に本来注力すべき軸に、全力を集中させたいと思います。

…とはいえ、ホームであるPodcast『3色丼』も、各人のtwitterもブログも、引き続き楽しく大切にお送りしてまいりますので。

これからもどうぞ、中澤まさとも・粕谷幸司の活動を、全力応援よろしくお願いいたします!

それでは、2016年1月15日、15:15更新予定のコラム最終回を、お楽しみに!

日々巡り歩けば時自ずと来る。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』11

公表はしていないのですが、とある縁がありライブで生ナレーションを勤めることになりました。
とある歌手の人生を紹介しながら歌い手さん達の歌に細やかながら彩りを添えるわけです。
大変プライベートな件なので、皆さんにご紹介できないことはご容赦いただけたらと思います。それではなぜ今回このお話をするかと言うと…、まあまあ色々と思うことがあって回顧録という形で述べていきますので、そこら辺でお付き合いいただけたらと思います。

このライブとの、と言うよりライブ会場とのと言えば良いでしょうか? そこはそもそもライブ用の小スペースを設けているバーで、定期的にライブであったり演奏会であったり朗読劇であったり…そういったものを催していてご飯を食べながら楽しむことができるところでした。
そことの縁は16年ほど前に遡ります。
僕は声優という職業を意識し始めていて、自分もなりたいなあと憧れを抱いていたときでした。
当時、その会場でのライブに、とある声優がナレーションと歌の中での台詞パートで出演されました。
お察しがついていると有り難いのですが、有名な方でした。今でも自分の仕事の根幹に根付いている方です。

…今回、明言していないことが多くてふわっとしてるな…。
何故かと言われると、巧く言えませんが、ひとまずこのまま進めていきます…。

とにかく、その方…あー、よく分からなくなりそうなのでSさんとします。
そのSさんが出演するということで友人だった母に「観に行く?」と問われたのです。

(観に行きたい!)

当然そう思いました。
ファンでしたし、尊敬していましたし。

でも、なんでしょうね、青春独特の照れと今では思いますけど、
「これから声優を目指すのだから、ミーハーな気持ちで会っては行けない!」
とか考えてしまって、会わなかったんですよね。
自信がなかったんですよね。ただ夢見ているだけでしかなかった自分に。
そんなの当たり前なのに。

そんなわけでSさんに会わずじまいで数カ月したら、

ある夜、Sさんの奥様から、母宛てに電話がありました。

それはSさんが、ずっと遠くへ旅立ったことを告げました。

その言葉はやけに輪郭を持っていたように感じます。一瞬思考が空白になって、それが“本当だ”と認識した時、ひゅっ、と胸の少し下に冷たい空気が落ちました。そこから熱い膜が広がって心臓を包みます。じわじわと肺の中まで広がっていくようで息がしづらかった。

もう一度確認したいもう二度は聞きたくない。
ない交ぜの気持ちがむしろ僕に言葉をなくさせました。

ただそれでも、この事実だけは変わりません。
Sさんとは二度と会えなくなりました。

自分の道を行けばいつか胸を張って会えると思っていた。共演できると思っていた。お酒に付き合わされるようになると思っていた。
それがもう二度とないのだ。
こんなことなら、会えば良かった。
人生で、初めて、取り返しのつかない後悔をした気がします。
会えば何かが変わった訳ではないけれど、何かを得られたかもしれない。埒の明かないことですけど。何が正解かなんて今でも判りませんけど。

…あの時の年齢と同じくらい歩いていって(彷徨ったりもして)、今ようやく、あの時よりは自分に自信が持てるようになりました。不思議な縁が、僕が観られなかった景色に僕自身を辿り着かせたと思います。

Sさんが僕の観られなかった景色に居たのは、46歳。
そこまで、同じくらいの時間をまたこれから歩く。
どこまでいけるだろう。
とにかく進もうと思う。
仕事をしていこう。物語の何かを伝えよう。助ける人間になろう。助けてもらえる余白を作ろう。そうすれば、また自分の思い出と邂逅する瞬間が来るだろうと信じながら。

消え入りそうな気持ちまでもアナタに届くから

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』10

まずは、僕の記事の投稿が遅れてすみません。
日にちを跨いで書いていたりする間に「あれ、何を書きたかったんだろう…?」ということが今回は特にひどく…。One-Sizeの二人にも申し訳ないです…。
こういうことも精進が大事、対策していかないと。
では、コラムに戻ります。
先日、コミュニケーションアプリ『シチュエーションカレシ』第十弾「ぽかぽかカレシ」が発表されました。僕の演じる役が炬燵と毛布の精霊?のような存在で、まあいわゆる擬人化されたキャラクターです。リリースされたらまたお知らせいたします。ご活用ください。
さてこの作品の収録は普段使われているマイクではなく、ダミーヘッドマイクと呼ばれるものです。
人の頭の模型のマイクです。えーと、

 [(-」-)]

↑こんな感じです。
このマイクには両耳の形状をした部分があり、

→[(-」-)]←

ここですね。
…すみません、顔文字は思いついたのでやりたくて…。
とにかく、そこにマイクが一つずつ仕込まれています。この二つのマイクによって人間の音の聞こえ方を再現した『バイノーラル収録』というものを行うのです。
マイク自体が頭の形を再現しているので、顔のパーツに声が当たった反響音を拾ったりして臨場感のある音を録音でき、高性能なものは骨伝導の微振動や耳たぶの中での集音も再現できます。
遠い所から近くに人が歩み寄ってきたり、耳元でこそこそ話ができたり、
僕、このダミーヘッドマイクが好きなんです。表現の幅が多様になって、試したい感情表現がいろいろ出来たりするんですよね。普通に演じるよりももっと深く消え入りそうな感情のブレも込められたりして…。
ダミーヘッドマイクとの出会いはデビューしたての頃に出演した、とあるアミューズメントのアトラクションでした。
ホラーもので、来園者にヘッドホンを装着してもらって心霊体験をしてもらう、という内容で、当時収録に訪れたときはだだっ広いスタジオの真ん中に見たことのない頭の模型が置いてあってそっちの方が怖かったものです(笑)
そして聞こえる音声は幽霊が地面から沸いてきたり(収録では這いつくばって立ち上がりながら呻いたり)、子供の幽霊に囲まれてかごめ歌を歌われたり(頭の模型マイクをぐるぐると囲みながら歌ったり)…。とても臨場感のある(端から見ると可笑しな)収録でしたが、これが探求心を刺激されました。
聞き手に対して自分が動くのと、聞き手のリアクションに応じて相対的にこちらが動くことで聞き手が動いている体になるのと、追求すると奥が深い…!
昨年12月にリリースされた『壁ドン!SONG♪』というシチュエーション音楽CDのドラマパートと挿入歌の壁ドンソングバージョンもこのマイクで収録した わけですが、これも面白かったんですけど、この時は流行りで言われている方の“壁ドン”をテーマにしていて、ダミーヘッドマイクを壁際にくっ付けて、ほんっとに壁ドンしながら歌ったんですよね。写真に撮ってもらえば良かった(笑)
僕が調べた限り、バイノーラル集音の歴史は1881年のパリ万博まで遡るようです。当時はオペラ座の舞台上に送話機を置き、パリ電気博覧会会場に信号を送り、両耳に受話器を当てることでまるでその場に居るかのようにオペラを聴けた!という記録があるようです。
電信による送受信機が作られ始めたのが1860年代~70年代。この近辺では既に立体音響というものを意識していて実験がされていたのだろうなと考えると、ヒトはその場に居ながら意識をワープさせることに夢とイマジネーションを持っていたのだろうな、と感じ入るものがあります。
デジタル音響の発展で市場には様々なバイノーラル録音CDが溢れています。どこまでこの勢いが続くかは分かりませんが、ダミヘ好きとしては『ハイレゾバイノーラル収録』のお仕事が来たら嬉しいなと思います。
頑張ります。

2015年3月15日のコラム更新について

いつもProject One-Sizeのコラム企画をご購読いただきありかとうございます。

今回の中澤まさともコラムに関しましては、諸事情により掲載を遅らせていただくこととなりました。

体調不良などてはありませんので、ご安心ください!

後ほど掲載いたしました際には、ごゆっくりお楽しみいただければと思います。