タグ別アーカイブ: 声優

慌てずにパクを合わせよう。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』20(最終回)

2016年2月4日から『超鋼祈願ササヅカイン 戦いの果てに』が始まります。今回演じさせていただくササヅカイン2号の音声システムもこれまであまり演じたことのないダークヒーロー系なので、観に来ていただいて「あ、こんなこともできるんだ~」って思ってもらえたらなと。
とにかくもう、待ち望んでいた役を頂けて光栄なんです。
前回……もう二年前ですけど、“新たなる脅威”の時、2号は敵組織が作った闇のサイバテックロイド、ササヅカインダークネスでした。ササヅカインのライバルとして戦い、その音声システムは先輩声優方がゲストとして参戦されていました。
列挙しましょうか。
山口勝平さん、津久井教生さん、石川英郎さん、関智一さん、千葉繁さん。
……濃い、ですねえ……。
自分も出演者として目の当たりにしていたので、その凄まじさは身に染みています。だからこそ誰もが分かる持ち役を持っていない自分はどうすればいいのか、悩んでもいました。
でも、演劇・クラシックのフリーペーパー紙カンフェティさんの取材を受けた時に、2号のスーツアクターをされる岩田さんは「前回はゲストの声優さんの持ってる特色をどう表現するか一発勝負という感じだったけど、今回はずっと中澤君が演じるし、2号というキャラクターをしっかり着地させたい」とおっしゃいました。
そう、気負わなくてもよいのだと。
稽古も終盤に差し掛かり、物語の全体図も見えてきて、自分の役割も少しずつ分かってきました。台本とマイクを持って舞台に立って、ヒーローの傍らでうろちょろしながらも、熱いセリフをぶつけていきますので皆さんどうぞよろしく……!!
まだまだ予約受付中ですよ!!
ご予約はコチラから→ https://ticket.corich.jp/apply/69180/031/

……とここまで書いて、自分でおや?と思ったんですけど、
最終回なんだし、声優業の話しましょうよって(笑)
ちゃんと本筋を意識して声優としての話をしましょうか、ね?

とにかく昨年も色々な作品に関わらせていただけました。その中でも反省はたくさん。
例えば滑舌。基礎も基礎ですけど、やっぱり自分でも気になってましたし、訓練しながら見直しています。
次に演じられる役幅をもっと聞かせていくこと。……仕事やきくドラでは色んな役をやらせてもらっているのですけど、事務所であったり、業界であったり、肝心のところには浸透していないらしいので……どうやら今の僕のイメージはイケメン声だけらしいですよ。なんかすんごい悔しいですね!!やってやらな!
ここからの一年は仕事にきっちり打ち込むのは当たり前として、しっかり自分の基盤をアップデートしていかないとと思っています。そう、中澤まさとも、2016年のテーマは“アップデート”です。今の自分を整理して効率を良くして改良する。
自分の働き掛け次第で、まだまだ変わっていける。そして自分よりも優れていたり、上手かったりする人がどれだけいようが怯まない! その人は僕ではないのだし、僕は僕だし、図々しい言い方をすれば、役を得てしまえばあとは作品と役に尽くすだけ。仕事はいたってシンプル。とにかく、この一年をしっかりと走り抜けたいと思います。
と言うわけで、『人生のパクが早上がりでもさ!』最終回、いかがでしたでしょうか?
最後くらいはパクを合わせて少しでもコラムらしく締められたらと抗った次第です。
もしまたどこかで、今度は何かしらの紙面でお会いできるよう、文才も磨いていけたらなと思います。ありがとうございました、またお会いするときまでごきげんよう……!
これまでお読み頂き感謝でした!!

苦しみながら生きるべきではないと思うけれどやっぱり

『粕谷幸司の自由なコラム』20(最終回)

 ネガティブはどこかに忘れ去られることもなく、孤独とともにいつもここにいる。
 Podcastだのtwitterだのには、意図して“出さない”ようにしているけれど、結局、僕はほとんど毎日のように「死にたぁ~い」と思い(時には呟き)ながら日々を過ごしている。
 大体、嫌なことなんて自分の力では(今のところ)どうにも出来ないもんで、けれど人を責め立てたって負の連鎖を生み出し続けるだけだし、頑張れるだけ頑張り続けながら駄目なのは自分であり足りないのは自分の能力(運とかも含めて)なんだ、と自分を追い込み続けていくしかないって思ってるしそうなってる。

 唯一の支え、生きる気力の根源は、夢を追う力だった。
 掴み取れるか、辿り着けるかわからないけれど、まぶしく輝き続けているその夢という未来にだけ向かって走っていれば、それが生きる意味だった。生きてることに意味があった。
 けれど、僕の人生での挫折はそんな夢の光が見られなくなった時に。

 むか~し、中澤さんや平居さんに「それ(声優・役者)が無かったら本当に何もないよね」って話をしたことがあったっけ。
 特にこの、相方の2人は、人生で(いろいろ寄り道とかしながらだけど)ずっと“それ”しかしなくて“それ”だけして生きてきた人たちだから、例えばで言うとアルバイトはしてきただろうけれど普通の会社員なんて絶対に無理だろうなって思ったりした。
 僕は…半端でさ。ちゃんとしてるっちゃあちゃんとしてるんだけど、大学卒業して、就職活動も頑張って、新卒採用じゃないにしても会社員になって、なんやかんやしてきたけれど。
 いま振り返って苦しいのは、いろんなこと出来るとしても2人みたいな“それ”が無いんだよね。だからもう、生きているのが苦しくて、どうにもならない。

 欲張りだったな。欲しいものはたくさんあった。
 けれどふと泣けてくるのは。
 “それしかない”ってものを捨ててしまったこと。
 しがみつけなかった。

 これまで19回のコラムで、いつも意識してきた終わり方は「どこかに救いを」だった。
 絶望だけを残したページにしないこと。読んでくれる人に、少しでも、どんな角度からでも前を見てもらえること。それを僕の言葉で、残せたら良いなって思って書いてきた。
 けれど、どんだけ格好いい言葉で整えても、自分を騙すことは出来ないし、隠していれば見えてなくても、本当の思いは伝わっているんだろうと思うんだ。
 だから、真剣に向き合って、最終回には書き残す。

 生きてりゃ、本当に苦しいことも嫌になることも、死にたいなあと思う時だってある。
 なるべくそんなふうに生きたくない。
 けれど、誰かに迷惑をかけまくってでも自分だけ楽しく幸せに、なんてなれやしない。
 だからやっぱり駄目なのは自分。

 うまくいかないことだらけだよ。
 だって、生きてるんだもん。
 それでも、生きてるんだもん。

 だけれど、生きてるから。
 楽しさに、幸せに、すがるしかないよ。
 死にたいけど死ねないまま生き続けるなんて本当に地獄だ。
 生きたいけど生きられないで死んでいく人もいる。
 出来るならこの命と交換したいくらいよ。

 けれど、生きている人が、生きている。
 生きている人のために、生きている。
 生きるために生きているんだから、生きたいと思える生きかたをした方が、きっと良い。

 テレビでも映画でも恋愛でも何でもいい。
 何でもいいから「ああ生きてて良かった」って思いながら、生きていきたい。

 それじゃあね。

 また、別の世界で。

休息と休日は違う。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』18

最近気づいたんですけど、僕にとって一番適したストレス発散って観劇か映画鑑賞みたいなんです。
「ひとところで腰を据えて、スマホの電源もOFFにして他に気をそらさず作品を観ること」
これがとても大きい。観たい作品だったりするとなおの事(ちなみに作品の善し悪しは関係ない様だ)。これは自宅でテレビを見るのとはやっぱり違うんです。いえ、まあ、うちのテレビが小さめなので臨場感もへったくれもないというところもありますが……(笑)
11月に入って一気に三本くらい映画を観たのですが、どの作品もよかったこともあり、かーなーりすっきりしました。
それと、感動の補充、といえば良いのでしょうか。人間ってやっぱり感情値?精神力?マジックポイント?そういうのを消費しながら仕事をしているのだな、と思いまして。
ずっと仕事を続けていると、なににも感情が湧かなくなる時ってありません? いや、こんなのはないに越したことないのですけど、役者の仕事というのも、仕事をできる喜びや楽しみとは別に消費しているものがあるのだなあと。
ですから観ている作品の登場人物の情動は、僕の心の器を満たしてくれます。
共感・感動・作品自体への敬意、元気になれました。
役者としてはもう一つ違う言い方をすると“インプット”とか“引き出しを増やす”という表現が適切でしょうか。アニメでも実写でも出演者一人一人の声の響かせ方、広げ方、ぶつけ方。学ぶこと得られるものはいつも多いです。
皆さんは休日にちゃんと休息してますか?
そう思うと、僕はこれまであまり巧くできていませんでした。
これに気づけたのは、有難いことに10月のスケジュールがなかなか過密だったことにあると思います。いや、収録日数だけの話でしたらもっともっとお仕事したいくらいなのですが、僕らの仕事は本番当日だけ頑張ればいいというものでは当然ないわけで、俗にいう“台本チェック”というものを事前にしているわけです。
収録までにどれほど自分の演じる作品・コンセプト・演出を解して役を掘り下げていけるかが当たり前ですけど重要なのです。台本を読んで理解して来てるかそうじゃないかなんて、演出さんやディレクターさんにはすぐばれるものだと思っています。僕なんか特にちゃんと読まないとまともに芝居なんてできやしないと自分に戒めながら挑んでいます。
そんなわけで収録のない日(=休日)も台本と向かい合うことが多かったひと月でした。
おかげもありまして、10月に入ってからの映画をけっこうかなり見逃してまして……なんだかちょっと荒んでいた気がします。
昔はゲームでも発散しているつもりでいましたが、プレイしているゲームが集中や緊張を要されることが多いので、結構神経すり減らすわけで……。楽しめよ~って思うんですけどね。学生時代はストレス発散にもなっていましたけどね。RPG、アクションゲーム、ホラーゲーム、楽しくやってたなあ。
自分が出演している作品にも、皆さんの休息になってるものを増やしていけたらいいな。そうなるようにきっちり作っていかないと。
ひとまずそういいながらもきっちり休息を得ていかないと。月に二本は何か観ないとと思っています。
そういえば何を観たかって?
『心が叫びたがってるんだ』『バクマン』あと『GO!プリンセスプリキュア』です。
今度は『リトルプリンス』と『グラスホッパー』観たいですね。
今回も読んでいただき感謝です。また次回お会いしましょう~。

ただの声優、されど声優

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』13

改めまして、旧(有)トリトリオフィスと旧(株)トリアスが合併しまして、パワー・ライズの所属となりました、声優・中澤まさともです。
と言っても、旧トリトリの時のスタッフもそのまま移っているので個人的には大きな変化はなく、むしろ人員も増加し新しい可能性へと繋がればとより一層自分の仕事に従事する次第です。

さて、今日は“声優”という仕事の“本質”について考えてきたことをぽつぽつと。結論としては「調子乗んなよ」的な自分への戒めとしてのログになりそうです(笑)

声優は素敵なお仕事です。僕自身、アニメやドラマCDやラジオといった媒介を通じて人生を楽しく豊かにしてもらいました。そして、僕の導き手となってくれました。
だから今、僕はこの世界に居るわけです。
まず僕は台本を手にしています。決められた時間にスタジオに入り、ミキサーに繋げられたマイクを前に、ディスプレイに写された絵コンテと線画で構成されたリハVを観ながら声を吹き込みます。台本の半分くらいを収録し、直すべきところを指摘頂いたらそこから一つ一つ修正して録り直します。30分アニメなら二パートに分けて収録し、大体三・四時間くらいかけて全て録り終えたらその日の仕事は終了です。

アニメ収録現場は大体こんな感じです。
マイクの前で演じる声優は、その声の魔力を駆使して役に音という波を与えて存在感をより強めさせます。僕もまだまだ拙いながらも、自分の役に役割と然るべき魂を与えます。それが為すべきことなのですから。そこに僕が憧れてきた声優としての誇りがあるのです。
本当に声優は浪漫のあるお仕事です。

だがしかし、僕は自分に問いただします。
「いやいやちょっと待て。自信を持つのは結構だが過信になってないか? 誇りを持つのは結構だが尊大になってないか? 自分の仕事の本来の形を忘れちゃいけないぞ」
と。

ここでちょっと“声優の仕事”を、このアニメ収録現場から分解して、声優というものの核を拾い出しましょう。
まず自分の持っている台本はライターさんがいないと手元にありません。
スタジオを管理する担当さん、マイクをミキサーに繋げて録音できる状態にしてくれる音響さんがいないと自分の声はただ虚空に響くばかり。
ディスプレイに写されたリハVは、絵コンテや線画の未完段階をアニメの製作とは別に録音用に編集してビデオ化してくれる撮影さんがいないと明確にどんな声を吹き込めばいいのか曖昧になります。
音声を演出する音響監督さんがいないと声優自身では気づかないテクニカルエラーを修正できず、この作品を統括する監督さんがいないと最終回まで内容が分からないままでは何を道しるべに自分の役を終わりまで導いていけばいいのかわかりません。
そして、諸々の工程を管理し指示を出す制作進行さんがいなければ収録までに用意する必要があるものを揃えられませんし、そもそも、アニメの企画がなければ仕事すら成立しません。
つまり本質だけの話でしたら、声優は“人間の音”担当で、アニメ一話の製作過程の中では諸々お膳立てしてもらった終盤の作業なだけなのです。
でも声優はそこに浪漫を生み出します。だから日本のアニメファンもこの作業に浪漫を感じてくれます。
もしかしたら海外と日本の声優の職業意識や聴者さんからの評価の違いはこの【+浪漫】が関わっているのかもしれません。

今のところここまで考えた中で、僕はどうしていくかをまとめます。
『只の音にならないよう、粋を籠めて息を操る唯の声優で在れるよう、プロフェッショナル達の中で、同じ“創る人”としての仕事をしていこう』
今回も読んでいただきありがとうございます!

「病は生(き)から」

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』12

どんな仕事だって最初は人間がしているわけで。

人間である以上、人間らしい問題のいくつかは常に付きまとうわけです。
その中の一つが今回のテーマ『健康管理』となります。
これはきっとどんな人にとっても大切なことで、自分の体が悪くなって善いことなんてほとんどありませんからね。
我ら声優業において『声が出せなくなる』こと以上の非常事態はなかなかありません。
(これは、スタジオに到着できない・事故にあったなど様々なアクシデントもありますが、職業としての純粋な観点で言うと『結果として自分の声を音声媒体に記録できない』ということだと思ってください。)
なので、このような事態にならないに越したことはありません。特に季節の変わり目(年四回)は風邪をひきやすい!特に自分の免疫が下がっていると自覚しているので生活レベルから気を配るわけです。
あっと…ここからは僕の場合、という話なので他の人がしているかどうかとその人の能力や評価とは別の話として捉えてくださーい。
物事の大体は、理屈としては『未然に防ぐ“予防”』と『状況に対処する“処方”』のいずれかで解決するのですが、健康管理も然りです。
では“予防”からご紹介しましょう。
まずはマスク!菌の侵入を大体防いでくれます!
“大体”というのはまあ、呼吸の関係上、どうしても隙間というのはあるものですから100%防菌はないわけで、それでもある程度は直接侵入は防げるので必須です。
それからうがい手洗い!携帯用のコップがあるとどこのスタジオでも使えるので便利です。
うがいは特に、喉全体をうがいできるように『あーいーうーえーおー』と言いながらします。最近は内匠靖明くんからもらったプロポリス抽出スプレー(通称:俳協汁)を二回プッシュとうがい薬の組み合わせでするので喉の疲労もフォローしています。
あとですね…個人的にはまだこの時期は足や肩を冷やすと風邪をひきやすいようです…。寝るときとか気をつけましょう…。薄手でも長袖の上着を持ちましょう…。
続いて、“処方”です!
人間ですから…どうしても風邪をひくこともあります…。さらに声が変化する(or出なくなる)タイプのやつなんかひいた日には…大ショックです。即刻対処せねばなりません。
まずはすぐさま病院に行けるかどうか。そして、これが大事なのですが、自分の症状をお医者さんに説明できるかどうかです。
これは僕に実際にあったことですが、症状がひどくなる前に病院に行ったら現状大したことないという診断でとりあえずな薬をもらってきて、その翌日からひどくなった風邪に対処できなかったことがあるのです…。お医者さんは対処をしてくれるところなのですからちゃんと説明すると、見合ったものを処方箋の中に用意してもらえたりします。
そのためには自分でも自覚症状のチェックをする必要があるのです。
分かりやすいのは痛み。どこが痛いのか、どういった痛みなのか、患部と神経どちらが痛いのか、どのくらい痛いのか。
喉の不調というのも、疲労による枯れと菌による炎症と細かい傷による裂傷・腫れなどがあり、どの症状なのか。などなど。
おかげで最近は風邪をひく数は減ってきています。One-Sizeでもそういった話をしている回が減ったと思います。
しかしながら、この世界で仕事をしているのは私一人ではありません。どんな仕事だって最初は人間がしているわけで、僕がどれほど予防に勤しんでも風邪を引いている人からうつされることもあるわけです…まあそこは…キツイですけど…だって人間ですものね。
皆さんも僕も地道な予防と迅速な処方を心掛けましょう。

日々巡り歩けば時自ずと来る。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』11

公表はしていないのですが、とある縁がありライブで生ナレーションを勤めることになりました。
とある歌手の人生を紹介しながら歌い手さん達の歌に細やかながら彩りを添えるわけです。
大変プライベートな件なので、皆さんにご紹介できないことはご容赦いただけたらと思います。それではなぜ今回このお話をするかと言うと…、まあまあ色々と思うことがあって回顧録という形で述べていきますので、そこら辺でお付き合いいただけたらと思います。

このライブとの、と言うよりライブ会場とのと言えば良いでしょうか? そこはそもそもライブ用の小スペースを設けているバーで、定期的にライブであったり演奏会であったり朗読劇であったり…そういったものを催していてご飯を食べながら楽しむことができるところでした。
そことの縁は16年ほど前に遡ります。
僕は声優という職業を意識し始めていて、自分もなりたいなあと憧れを抱いていたときでした。
当時、その会場でのライブに、とある声優がナレーションと歌の中での台詞パートで出演されました。
お察しがついていると有り難いのですが、有名な方でした。今でも自分の仕事の根幹に根付いている方です。

…今回、明言していないことが多くてふわっとしてるな…。
何故かと言われると、巧く言えませんが、ひとまずこのまま進めていきます…。

とにかく、その方…あー、よく分からなくなりそうなのでSさんとします。
そのSさんが出演するということで友人だった母に「観に行く?」と問われたのです。

(観に行きたい!)

当然そう思いました。
ファンでしたし、尊敬していましたし。

でも、なんでしょうね、青春独特の照れと今では思いますけど、
「これから声優を目指すのだから、ミーハーな気持ちで会っては行けない!」
とか考えてしまって、会わなかったんですよね。
自信がなかったんですよね。ただ夢見ているだけでしかなかった自分に。
そんなの当たり前なのに。

そんなわけでSさんに会わずじまいで数カ月したら、

ある夜、Sさんの奥様から、母宛てに電話がありました。

それはSさんが、ずっと遠くへ旅立ったことを告げました。

その言葉はやけに輪郭を持っていたように感じます。一瞬思考が空白になって、それが“本当だ”と認識した時、ひゅっ、と胸の少し下に冷たい空気が落ちました。そこから熱い膜が広がって心臓を包みます。じわじわと肺の中まで広がっていくようで息がしづらかった。

もう一度確認したいもう二度は聞きたくない。
ない交ぜの気持ちがむしろ僕に言葉をなくさせました。

ただそれでも、この事実だけは変わりません。
Sさんとは二度と会えなくなりました。

自分の道を行けばいつか胸を張って会えると思っていた。共演できると思っていた。お酒に付き合わされるようになると思っていた。
それがもう二度とないのだ。
こんなことなら、会えば良かった。
人生で、初めて、取り返しのつかない後悔をした気がします。
会えば何かが変わった訳ではないけれど、何かを得られたかもしれない。埒の明かないことですけど。何が正解かなんて今でも判りませんけど。

…あの時の年齢と同じくらい歩いていって(彷徨ったりもして)、今ようやく、あの時よりは自分に自信が持てるようになりました。不思議な縁が、僕が観られなかった景色に僕自身を辿り着かせたと思います。

Sさんが僕の観られなかった景色に居たのは、46歳。
そこまで、同じくらいの時間をまたこれから歩く。
どこまでいけるだろう。
とにかく進もうと思う。
仕事をしていこう。物語の何かを伝えよう。助ける人間になろう。助けてもらえる余白を作ろう。そうすれば、また自分の思い出と邂逅する瞬間が来るだろうと信じながら。