タグ別アーカイブ: 粕谷幸司

苦しみながら生きるべきではないと思うけれどやっぱり

『粕谷幸司の自由なコラム』20(最終回)

 ネガティブはどこかに忘れ去られることもなく、孤独とともにいつもここにいる。
 Podcastだのtwitterだのには、意図して“出さない”ようにしているけれど、結局、僕はほとんど毎日のように「死にたぁ~い」と思い(時には呟き)ながら日々を過ごしている。
 大体、嫌なことなんて自分の力では(今のところ)どうにも出来ないもんで、けれど人を責め立てたって負の連鎖を生み出し続けるだけだし、頑張れるだけ頑張り続けながら駄目なのは自分であり足りないのは自分の能力(運とかも含めて)なんだ、と自分を追い込み続けていくしかないって思ってるしそうなってる。

 唯一の支え、生きる気力の根源は、夢を追う力だった。
 掴み取れるか、辿り着けるかわからないけれど、まぶしく輝き続けているその夢という未来にだけ向かって走っていれば、それが生きる意味だった。生きてることに意味があった。
 けれど、僕の人生での挫折はそんな夢の光が見られなくなった時に。

 むか~し、中澤さんや平居さんに「それ(声優・役者)が無かったら本当に何もないよね」って話をしたことがあったっけ。
 特にこの、相方の2人は、人生で(いろいろ寄り道とかしながらだけど)ずっと“それ”しかしなくて“それ”だけして生きてきた人たちだから、例えばで言うとアルバイトはしてきただろうけれど普通の会社員なんて絶対に無理だろうなって思ったりした。
 僕は…半端でさ。ちゃんとしてるっちゃあちゃんとしてるんだけど、大学卒業して、就職活動も頑張って、新卒採用じゃないにしても会社員になって、なんやかんやしてきたけれど。
 いま振り返って苦しいのは、いろんなこと出来るとしても2人みたいな“それ”が無いんだよね。だからもう、生きているのが苦しくて、どうにもならない。

 欲張りだったな。欲しいものはたくさんあった。
 けれどふと泣けてくるのは。
 “それしかない”ってものを捨ててしまったこと。
 しがみつけなかった。

 これまで19回のコラムで、いつも意識してきた終わり方は「どこかに救いを」だった。
 絶望だけを残したページにしないこと。読んでくれる人に、少しでも、どんな角度からでも前を見てもらえること。それを僕の言葉で、残せたら良いなって思って書いてきた。
 けれど、どんだけ格好いい言葉で整えても、自分を騙すことは出来ないし、隠していれば見えてなくても、本当の思いは伝わっているんだろうと思うんだ。
 だから、真剣に向き合って、最終回には書き残す。

 生きてりゃ、本当に苦しいことも嫌になることも、死にたいなあと思う時だってある。
 なるべくそんなふうに生きたくない。
 けれど、誰かに迷惑をかけまくってでも自分だけ楽しく幸せに、なんてなれやしない。
 だからやっぱり駄目なのは自分。

 うまくいかないことだらけだよ。
 だって、生きてるんだもん。
 それでも、生きてるんだもん。

 だけれど、生きてるから。
 楽しさに、幸せに、すがるしかないよ。
 死にたいけど死ねないまま生き続けるなんて本当に地獄だ。
 生きたいけど生きられないで死んでいく人もいる。
 出来るならこの命と交換したいくらいよ。

 けれど、生きている人が、生きている。
 生きている人のために、生きている。
 生きるために生きているんだから、生きたいと思える生きかたをした方が、きっと良い。

 テレビでも映画でも恋愛でも何でもいい。
 何でもいいから「ああ生きてて良かった」って思いながら、生きていきたい。

 それじゃあね。

 また、別の世界で。

【コラム企画】最終回について

いつもProject One-Sizeを応援いただきありがとうございます!

さて、唐突ではありますが、
次回(1月15日15:15更新予定)のコラムをもちまして、
このProject One-Sizeのコラム企画を終了することとなりました。

楽しみにしていただいていたみなさまには、寂しい思いをさせてしまいごめんなさい。
粕谷幸司・中澤まさとも、共に本来注力すべき軸に、全力を集中させたいと思います。

…とはいえ、ホームであるPodcast『3色丼』も、各人のtwitterもブログも、引き続き楽しく大切にお送りしてまいりますので。

これからもどうぞ、中澤まさとも・粕谷幸司の活動を、全力応援よろしくお願いいたします!

それでは、2016年1月15日、15:15更新予定のコラム最終回を、お楽しみに!

夢見てみる

『粕谷幸司の自由なコラム』13

 そうだ最近、寝ている時の夢から抜け出せないというか、夢と現実が切り離せないことが多い。
 前からそういうことはたまにあって。すっごく愛し合ってる彼女と、かなり濃厚にエッチなことになってて目が覚めて「あ、夢か」と思って起き上がりながら隣を見て…「あれ?彼女がいない。そうか、先に起きて出かけるって言ってたっけ」と思ってから「…うーんと、彼女いないじゃん」って思う。みたいな。
 あの虚しさね。そんなならいっそ、夢なんて見なければ良かった!みたいな。

 ところで先日、友達と飲みながら「喫茶店でもやるか!」「いやそれならカフェバーみたいにしよう」「じゃあイベントスペースみたいにしよう」「…資金がねえな!がっはっは!」みたいな話をしてた。
 夢見てみるって、楽しい。癖になる。

 もちろんそうなったら、前から妄想してる「アルビノ・カフェ」ってのも良いな。
 アルビノの店員(僕)がいるんだ。バイトにも、アルビノの、可愛い女の子を雇おう。んで、アルビノのお客さんでも読みやすいようにメニューは文字を大きく工夫したり、アルビノの店員をキャラクター化したグッズとか置くし。
 でも集客はすごく大事だし、定期イベントとかで活性化しておかないといけないから、存分にProject One-Sizeも使いたいな。公開収録…!というか、むしろ月に3回の収録を全部そこでやれば良いんだ。そうしたら、中澤まさともファンの皆も遊びに来られる。平日の昼間とかだけどな(笑)。
 あ、そうだ。そうしたら関連するCDとかもそこで販売すれば良いんだ。そしたら店舗限定で「サイン入り」とかを販売できる。One-Sizeの過去のドラマとかも再録して、CD-R版とかも売れちゃうんじゃない!?通販とかヤバい大変だけど、自分で店舗を持ってたら、かなり良いね。
 そしたら、そこが僕の個人事務所みたいになっちゃうかも。大した実績も無いのに独立って(笑)。これまでお世話になったたくさんの人に失礼だな…。あ、でも例えばイベントスペースなら、関係者には格安で…!
 でも、やるならちゃんと美味しい料理も無いとな。あ、料理が好きな友達がいるわ。料理長は任せられるな。というか、周りには結構、そういう気軽なバイトを探してる人もいるかも…?平居さんとか、声優の仕事が入ってない時とかに、バイトとして入ったりしないかな。それって楽しいな!
 …あれ、なんかこれ、メイドカフェで働くアイドルの卵みたいになるかな。あ、じゃあもう、関係各所のアイドルさんのCDとかも販売するか!そしたら、ファンミーティングやインストアライブ(!?)で会場を使ってもらえるかな!?
 そうだ、そしたら僕が昔ちょっと働いてた会社のサービスを告知する何かを置こうか。ってか、店内のWi-Fiとかあると良いよね。そいで、店内でお客さんがポッドキャストとか聴いてたりしてね。
 Wi-Fiちゃんと用意するなら、そこから生放送も出来るか。おお、楽しそう。

 …夢は膨らむ。とても楽しい。
 けど時々、夢と現実が切り離せなくなることがある。

 夢を現実にすること、現実が夢を遠ざけること。
 夢と現実が切り離せないから、ふと目が覚めて虚しくなることもある。
 けれど遠い夢が、この現実の先にあるのかも知れないと思えたら、今がときめくかも知れない。

 最近、その夢と現実とを眺めながら二の足を踏んでいる僕だけれど。
 いつか、そんな夢に、手を伸ばそうと高く飛ぶ時が、来るかな。
 そしたら皆にも、全力で応援…、してもらえるかな。

インターネットへのラブレター

『粕谷幸司の自由なコラム』12

 僕がインターネットを始めたのは、高校1年生くらいの頃だった。1998年くらい?Windows 98くらい。
 家のFAX機に引いていた電話回線からダイヤルアップでインターネットに接続…だなんてもう、全部の単語が懐かしい。今の10代にはもはや古語…!

 ともあれ、そこから17年ほど。僕の人生の半分以上は“インターネット大好き”で暮らしてきた。
 はじめは、何をするわけでもなく「インターネットが繋がった!」ということで満足していて、持ち前の飽き性が発動していたらそこで、わりと何も開かずに終わっていたかも知れない。
 けれど…、きっかけは何だったかなあ?何かのきっかけで、チャットの面白さを知って。知らない人がやってることを聞いたり、自分が考えてることを話したり。そのうちに、友達と趣味で書いてた自作小説を見せたい、と思ったりしはじめて。そしたら、ホームページを作ると良いよ、なんてことを知って。レンタルスペースで、HTMLタグのコピペで、とりあえずテキストサイトのようなものを作って。
 …このままコツコツ書き連ねていくとキリがないから割愛だけれど。
 そんなこんなで僕の人生は、インターネットを軸に歩んできたと言っても過言ではないくらいなの。

 それだけインターネットを愛しながら生きてきた僕なので、これからも、インターネットでの活動は、大切にしていきたいな。

 紆余曲折した挙げ句、僕が漠然と“タレント”を目指し始めた時。
 何かしたくても何も出来ないで、モヤモヤしている僕に誰かが言った。
 「何かで1番を獲ったら?」
 僕の中には、ピン…と、わりとすぐに答えが出た。
 “アルビノで1番になろう”。

 それは別に、医療的な研究者でも、歴史・文化的なものでも、何でもやり方はあったはずだけれど。
 僕は真っ先に“インターネットで1番”を目指した。そりゃあ、もう、愛しているんだし。
 …わりと簡単、ということもなくて。日進月歩に進化・変化していく検索エンジンで、「アルビノ」という言葉から「粕谷幸司」という人物を結びつかせるには、いろんな工夫を凝らした。
 3年間の会社員時代に体得した知識・経験なども活用して、もちろんインターネット検索で新しい情報も吸収しつつ、まさに試行錯誤しながらの展開。
 その結果、大成功!…というほどではないけれど、一応、事実上は、たぶん「インターネット上で1番有名なアルビノの日本人」には、なったかなあ、と思うんだ、きっと。
 ささやか、なんだけれど。これは僕の、自信のひとつ。

 あとは運と、コネクションと、実力(タレント性)と、見た目と…、う~ん、考えると必要なものは、まだまだ足りなさすぎるのだけれど。
 たくさんの人の支えや応援、そして自分の努力で作り上げてきた「これ」は、最近ではちょっと、誇れるものだなあと、思えたりする。
 だから、タイミングってのは、ひとつ恵まれていたんだなあ。

 インターネットというものの時代に生き、まだ僕以上にアルビノを前面に売り出して活動する「タレント」が居なくて、そして僕以上にインターネットでアルビノを獲ろうとする野心やテクニックを持った人も居なかった、この17年くらい。
 一目散に駆け抜けていただけの僕だけれど、振り返ってみれば、その時の僕にしか出来なかったことを、してきたんだなあって。

 思い描いたような成功には、まだまだ手が届かなくて。
 夢見ていたような大人には、ほどほど成れてないけど。
 インターネットで生きてきた僕は、少しは認めてあげられるかな。

 だからこれからも、まだ大好きでいられる気がする。
 インターネット。

そんな夜の過ごし方

『粕谷幸司の自由なコラム』11

 どうにも出来ない夜があってね。
 それは原因とか状況とか色々で、例えば今の自分の不甲斐なさでズドーンと気分が落ちたり(これが一番多い)、例えばアイドルに関する仕事で思うようにいかなくてグッタリ…疲れちゃってたり、例えば過去に関わった人がナンヤカンヤ変なことになってて腹が立ったり呆れたり、例えばニュースで現代に生まれた不幸にキモチワルくなったり。
 前に「僕はネガティブだ」なんてことをコラムに書いたけれど、そういう、拾ってしまえば気持ちが下がるだろうことを放っておけずに、胸元に抱えては悶々とツラい思考に溺れてしまう。

 最近、そんな夜が多くて、さて、どうしたもんかと頭を抱えている。
 習慣に身を任せて過ごすと、テレビを見たり、ラジオを聴いたり、twitterを眺めたり、アプリゲームをしたり…、その合間に煙草を吸っては、ため息と一緒に「…つらい…」とか壁に向かって呟いてみたり。時間があったり体の疲れを感じる時は、お風呂に3時間くらい入ってみたりして。
 そして朝が近付いてきて、電気を消して、さらにHuluでアニメを見たり、Podcastを聴いたりして…、まさに朝が来る頃に眠ったり。
 すごく不毛というか、どうにも出来ない気持ちをどうすることも出来ないまま終わっていく、ような毎日。残念だ。

 なので、何かもっとスパッと終われる方法は無いものか、と考えてみたんだけれど。
 お酒を飲むと、ぽわ~っとなって眠れる代わりに、朝がダルい。あとお腹がユルくなる(ような気がする)。
 お酒は飲まなくとも、ヤケ食いのようなことをすることもあって。それも満腹とともに眠たくなってたっぷり爆睡する代わりに、太っちゃうし。お金もかかっちゃうし。
 どうにもこうにも、ちょうど良くスッキリできるものが無いのだ。
 しかも最近では、夜中にコツコツ作業をしていると、下の階だか上の階だかから威嚇(壁ドンならぬ天ドンか床ドン)されるから、もう起きているのも萎縮しちゃって生きづらい…。

 そんな夜の過ごし方を、探している。何かないかな?

 そもそも、気に病む原因や状況を片っ端から取り払えれば良いのだけれど、なかなかそうもいかないから。なにをどうすればスッキリ出来る(上手くかわせる)のかがわからないなあ。
 エロいことを考えれば良い、という説もあるのだけれど。エロい後に現実が押し寄せてくることほど、ツラく虚しいこともないので、ここではエロにも逃げられず。
 一体、世界中のみんなは、どんな風に気持ちを受け流しているのか。

 …と、話は逆さまに。
 そんな夜の過ごし方に、僕が成れたら素敵だな、とは思う。
 どうにも出来ない夜があって。そんな時に僕がボソッとtwitterで妙なことを呟いていたり。
 僕らのPodcastを聴いて「わりとどうでもいいやー」なんて思えたり。
 そんなコンテンツに僕が成れていたら、それって凄く僕が生きてる理由になる!

 正直、幸運や奇跡を除けば果てしなく遠い夢、ではあるのだけれど。
 仕事をしているアイドル達が「誰かの元気になりたい」と言っているのと同じように、僕も誰かの「夜を包む優しい月明かり」のようになれたら良いな、っとは思う。
 僕が生きていることで誰かが生きることを柔らかく受け入れられたなら、宇宙的な意味で僕が生きている価値が生まれたのかなあ、とも思えるのかも。

 その世界を実現するためには、どこかで僕が乗り越えていかなくてはいけない孤独。
 それと向き合っている形が、いま僕が過ごしている「そんな夜」なのかも知れない。