カテゴリー別アーカイブ: 粕谷幸司

苦しみながら生きるべきではないと思うけれどやっぱり

『粕谷幸司の自由なコラム』20(最終回)

 ネガティブはどこかに忘れ去られることもなく、孤独とともにいつもここにいる。
 Podcastだのtwitterだのには、意図して“出さない”ようにしているけれど、結局、僕はほとんど毎日のように「死にたぁ~い」と思い(時には呟き)ながら日々を過ごしている。
 大体、嫌なことなんて自分の力では(今のところ)どうにも出来ないもんで、けれど人を責め立てたって負の連鎖を生み出し続けるだけだし、頑張れるだけ頑張り続けながら駄目なのは自分であり足りないのは自分の能力(運とかも含めて)なんだ、と自分を追い込み続けていくしかないって思ってるしそうなってる。

 唯一の支え、生きる気力の根源は、夢を追う力だった。
 掴み取れるか、辿り着けるかわからないけれど、まぶしく輝き続けているその夢という未来にだけ向かって走っていれば、それが生きる意味だった。生きてることに意味があった。
 けれど、僕の人生での挫折はそんな夢の光が見られなくなった時に。

 むか~し、中澤さんや平居さんに「それ(声優・役者)が無かったら本当に何もないよね」って話をしたことがあったっけ。
 特にこの、相方の2人は、人生で(いろいろ寄り道とかしながらだけど)ずっと“それ”しかしなくて“それ”だけして生きてきた人たちだから、例えばで言うとアルバイトはしてきただろうけれど普通の会社員なんて絶対に無理だろうなって思ったりした。
 僕は…半端でさ。ちゃんとしてるっちゃあちゃんとしてるんだけど、大学卒業して、就職活動も頑張って、新卒採用じゃないにしても会社員になって、なんやかんやしてきたけれど。
 いま振り返って苦しいのは、いろんなこと出来るとしても2人みたいな“それ”が無いんだよね。だからもう、生きているのが苦しくて、どうにもならない。

 欲張りだったな。欲しいものはたくさんあった。
 けれどふと泣けてくるのは。
 “それしかない”ってものを捨ててしまったこと。
 しがみつけなかった。

 これまで19回のコラムで、いつも意識してきた終わり方は「どこかに救いを」だった。
 絶望だけを残したページにしないこと。読んでくれる人に、少しでも、どんな角度からでも前を見てもらえること。それを僕の言葉で、残せたら良いなって思って書いてきた。
 けれど、どんだけ格好いい言葉で整えても、自分を騙すことは出来ないし、隠していれば見えてなくても、本当の思いは伝わっているんだろうと思うんだ。
 だから、真剣に向き合って、最終回には書き残す。

 生きてりゃ、本当に苦しいことも嫌になることも、死にたいなあと思う時だってある。
 なるべくそんなふうに生きたくない。
 けれど、誰かに迷惑をかけまくってでも自分だけ楽しく幸せに、なんてなれやしない。
 だからやっぱり駄目なのは自分。

 うまくいかないことだらけだよ。
 だって、生きてるんだもん。
 それでも、生きてるんだもん。

 だけれど、生きてるから。
 楽しさに、幸せに、すがるしかないよ。
 死にたいけど死ねないまま生き続けるなんて本当に地獄だ。
 生きたいけど生きられないで死んでいく人もいる。
 出来るならこの命と交換したいくらいよ。

 けれど、生きている人が、生きている。
 生きている人のために、生きている。
 生きるために生きているんだから、生きたいと思える生きかたをした方が、きっと良い。

 テレビでも映画でも恋愛でも何でもいい。
 何でもいいから「ああ生きてて良かった」って思いながら、生きていきたい。

 それじゃあね。

 また、別の世界で。

どんな1年を生きたかな

『粕谷幸司の自由なコラム』19

 2015年も、どうもありがとうございました。

 何もない1年なんてないんだろうけれど、でもなんだか思い返すと、何もなかったような気がする。
 何かを成し遂げたわけでもなく、何か大きな変化や成長を実感できたわけでもなく。
 何もなかったかも知れない、と思ってしまうから、年末ってどうにも切なくて苦しい。
 けど…、振り返れば途方に暮れることなんて、年末に限らず年中だけれどね。

 1月ごろ。アイドルの仕事では今もうみてないソロアイドルをみてたりしてた。
 活動自体を辞めていった子、移籍した子、フリーとして巣立ち今もがんばってる子。
 色んな子と、色んな離れ方をしたなあ。

 2月ごろ。所属してた事務所でなんとかしたくて、でもどうにも掴めなくて。
 本当にいつものことだけれど、自分に大いに迷いまくってた。
 何がしたかったのか、どうしたかったのか…、もがくだけで、進めなかった。

 3月。少しずつ、周りの環境や関係に、変化の兆しがあった。
 悪い意味でも、雰囲気が変わっていくのを感じて、眺めていただけだった。
 …いや、やっぱり変わってしまったのは僕の方で、僕の気持ちが、疲れていたのかな。

 4月。今につながるプロジェクトが少しずつ動き出したのはこのころだったか。
 新しい出会いを迎えて、どうなるかわからないまま、それでも手探りで進む楽しさ。
 そして自分も、所属事務所を離れることになり、何も見えないまま進み続ける怖さを感じた。

 5月。ちょっと間違ってるかもしれないけれど、とにかく動きたくて引っ越しをして。
 生活圏も、生活スタイルも、今までと大きく変えた時期。
 独りぼっちと真っ直ぐ向き合って、とにかく面白く、とにかく楽しさを…って、足掻いてた。

 6月は、本当に辛かったのを覚えてる!日照不足とか本当に病気のようだった。
 酷く気持ちが不安定で、体調にも出ちゃったし、信じられない出来事もあったし。
 今でも思い出したくない時期。でも、色んなことが、このあたりから始まったんだな…。

 7月。まだあまり病み上がり切ってなかった。ちょっとオロオロしてた気がする。
 上も下もわからないまま、沈んでるのか浮かんでるのか。ただ、光だけをぼうっと眺めて。
 風向きが変わり始めていることに、気付くことなんてなかった。

 8月は毎年、だいたい誕生日があるので、いつも自分を見つめ直すことになってる。
 「32歳の粕谷はモテることだ」なんて話して笑ってたなあ…、あは、はは…。
 また改めて、人との出会いを大切にしようと、心を持っていこうと決めたころだった。

 9月からは一気に景色が変わって。関わる人も、聞こえてくる音色も違ってた。
 10月の《粕谷幸司のイベント》に向けて、攻め切ろうって思って。
 11月には仕事が大きく動くことになって、頭も心も体もフル稼働。

 ほとんどのことを憶えてないけれど、思い返してみればやっぱり、色々あった1年だったなあ。
 けれど、本当のことなんて自分の中には無くて。
 残っている現実は、誰かの中に生きていた自分だけ。
 自分の中の自分なんて虚構のようなもので、誰かの中にだけただ、生きているんだ。

 超抽象的な1ページになったけれど、これを書いた意味は、きっといつかどこかに生まれる。
 これまでのことなんてもう、わりとどうでもよくて。
 ただ、いまからみらいに、どう生きるのかなって。
 それだけ見つめて、また進んでいけば良いのかな。

 今日の自分は、今日で死ぬ。
 今までありがとう。またね。

10年の夢が叶わなくても

『粕谷幸司の自由なコラム』18

 僕には夢があった。
 幼稚園の頃。親に連れて行かれた体操教室が楽しくて、大きな声で「ぼく、オリンピック選手になる!」と宣言していたらしい。でも、アッという間に飽きちゃって、すぐやめちゃった。
 小学校に入って、『ズッコケ三人組』という児童小説を読んで、アレコレなりたい職業を妄想しながら「新聞記者になりたい」と言い始めたりした。いろんな世界を見て、それを人に伝えるのが楽しそうだった。
 中学校の頃、本気で「物書きになりたい」と思った。特にテレビドラマや映画が好きで、三谷幸喜や君塚良一のような“面白さ”に魅了されていたから、シナリオライターになりたいと思って、日芸に行くことを目標にした。
 大学卒業の頃。いわゆる就活で散々グチャグチャに悩みながら、芸能事務所やテレビ・ラジオ局、メディア制作会社などで働く夢に挑んで、玉砕していた。仕事にすること、それで“食っていく”ことの難しさを痛感していった。

 Project One-Sizeを立ち上げながら、何も見えない未来へ、否応なく飛び出していった。それが…、10年前。

 新しい夢は、ふと思いついた。「タレントになりたい」。
 自分が持っていたアルビノというモノを、存分に利用してやりたい。そしてもっと、面白い人生を切り拓きたい。ふと思い立ってからしばらくは、本当に楽しかった。
 「将来はタレントになりたいんです」と言って入社したIT系の会社に勤めながら、しゃべりの勉強をしにスクールにも通った。
 その頃から、ブログをかなり“意識して”書き始めた。日記ではなく、不特定多数の読み手に届けるブログの書き方、のようなことを必死に考えたりしていた。
 ふとしたタイミングで会社を辞めてから、人前で話す仕事を少ししたりした。NPO法人がらみの講演会のようなものだったけれど、僕はいつも“少しでも笑わせよう”と意識していた。
 しばらくのらりくらり無職で、酷く無様な生活もしていたけれど、2年半前。いてもたってもいられず「たくさん稼げなくてもいいから、やっていて面白い仕事(アルバイト)がしたい」と志願して、今のルーナファクトリーのスタッフになった。ライブアイドル・タレントのプロデューサー、マネージャーをする日々は、苦しいこともあるけれど、やっぱり面白いな、と思う。

 気付けば、夢はどれひとつ、思い描いたように叶ってはいないのだけれど。

 新聞記者は、ブロガーのようになって今も僕の中に息づいている。
 物書きもシナリオライターも、ネットラジオで、そしてたまに舞台の脚本を書いたりして、ずーっと続いていて。
 しゃべり手も、そのネットラジオくらいだけれど、ずーっと“よくしゃべる人”であり続けるだろうから、きっと終わることはなく。
 規模はどうあれ、僕は今、タレントたちをマネージメントしながらステージをつくる仕事をしているし。
 オリンピックとはいかないまでも、世界に向けて“アルビノの人間”で、攻め続けている。

 大きな夢を、思い描いたとおりに掴めてはいないけれど。
 そのどれもが僕の中に生きていて。
 かたちを変えて、今の僕をつくってる。

 10月24日のイベントを終えて。それも振り返れば、思い描いた夢とは少し違った現実になったなあ、なんて、いま落ち着いて考える。
 いくつも弾けた夢の泡は、消えてなくなってしまうように思えるけれど。こうしてゆっくりと眠りについて、また新しい1日がはじまると、その記憶が、過去が、これまでのすべてが、この体に、目の前に広がる世界に、染み渡っていくような気がして。

 ここまでしてきたことを、明日からも大切に胸に抱えたまま、
 思い描いたのとは少し違う未来も、楽しんでいこう。

 夢が、思い描いたとおりに叶わなくても。
 この先の世界は、果てしなく続いている。

天気のせい!

『粕谷幸司の自由なコラム』17

 忙しいとか、嫌なことがあったとか、なんだかずどーん…と気持ちが落ちちゃう時とか、たまにあるじゃない?誰しも、まあ、学校なり仕事なり家庭なり、どこかしらで生きてれば誰しもさ。
 そんな時、人のせい!とか状況・環境が悪い!とかって八つ当たりしてても、ものごとは良い方には進んでいかないし、ともすれば周りの人を不快にしたり不安にしたり傷つけたり、迷惑かけちゃったりする。
 自分以外の要因が、勝手に自分の思い通りに「変わっていってくれる」ことなんて、期待しちゃいけないの。

 だから僕は、ずどーん…と気持ちが落ちちゃう時とかは、天気のせい!と思うようにしてる。
 気分が晴れないなーって時に「あ、なんだー天気が悪いじゃんー、じゃあしょうがないな、がんばろー」って思う。天気が相手じゃ、八つ当たりのしようが無いし(笑)、自分の気持ちが上がらないその状況も、なんとか受け止めつつ前に進めるかな、ってね。
 でもこれは、自分への厳しさでもあるんだけど、天気が悪いからといって気分が下がっても良い、ということではなくてね。あくまでも「自分の落ち込みの言い訳を、天気というどうしようもない要因にすりかえて受け流す」っていうのかな。
 自分の現状のせいだってのはわかってるんだけど、どうにかこの気持ちを処理しておかないと八つ当たりしてしまいそうだから、自分を許してあげるために天気のせいにしちゃう、という。

 …いや、思い返してみれば今年の6月とか9月とか、やたら空が晴れない日々が長かった時期は、本当に死ぬほど気分が下がり切っていてどうしようもなかったっけ。
 今年そのあたりに”日照不足“っていう言葉を痛感した。太陽の光が無いと、こんなにもあらゆる世界がバランスを崩したように荒んで見えるのかと、心底、驚いてた(そして気分は下がっていた)。
 だから、もしかしたら本当に天気のせいなのかも知れないよ!そーだそーだ!天気のせいなんだ!
 …と考えると、最高に気持ち良い天気の日にもものごとが上手くいかない自分の状況は酷く凹む要因になっちゃったりするけど。考えないようにしよう、いまは。

 そうやって、溜め込みがちなゆううつは、天気のせいにすることで自分を楽にしてあげてる。

 けど、それも身勝手な話でね。
 失敗は天気のせい、成功は自分の手柄…って、それはもう八つ当たりそのものだもん。
 だから最近は、秋をむかえて心地の良い空気の日が多いから、感謝もしようと思って。
 「天気が良いおかげで、今日は良い日になりそうだなーっ!」って、前向きに、良いことも天気のおかげなんだ、って思ってみることにしてる。
 そう、逆に考えれば、普段も「特に良いことあったわけじゃないけど、気分は上がってる」ってこと、あるじゃない?そういう時に、日頃おおいに八つ当たりしてる天気に「ごめんね」って気持ちも込めて…「君のおかげだ、ありがとう」って、思うように。

 …ってこれ、もうむしろ天気の擬人化だな!
 ここまで極端じゃなくても、このくらいの人付き合いをしても良いのかもね。
 自分を楽にしたいために、ふと八つ当たりしちゃうことがあったら。あとで少し頭を冷やして「ごめんね、ありがとう」って、伝えてあげられたら。
 ごめんね、ありがとう。この思いを、その瞬間じゃなくても、ちゃんと忘れずに、いつか相手に伝えられたら。
 そしたらきっと、傷つけてしまったとしても少し和らいで、お互い笑顔になれるかも。

 お天気くん、上手くいかない時に八つ当たりして、ごめんね。
 今日は晴れてくれてありがとう。君のおかげで、気分が良いよ。

明るいほうへ、世界を変えよう

『粕谷幸司の自由なコラム』16

 ちょっと前に、twitterで呟いたんだけど。
 政治活動そのものについては、なんとも言うことはないけど。「戦争法案」と言い換えているやり方は、なかなか善しとは思えないんだ。

 …このたった一行だけの解釈では誤解を生んでしまうかもだし、なにより今このタイミングでこの件をモニョモニョ言うのって難しいし、むしろ言いたいことはソレではないからいいんだけど。
 世界を変えよう、と思うときに、どんなやり方が好いのかなって、ふと思うのね。

 僕の話に引き寄せると。僕は、このアルビノを悲劇にしないで、エンターテイメントの材料にすらしようと思って動いているわけ。
 っていう僕の思考を知っている人は「なにをいまさら」だと思うのだけど。

 悲しみや苦しみは、多くの人に響きやすくて、そしてどんな人にもわかりやすくて、わりと濫用されているように思う。
 僕も小さいころに「世の中には食べるものがなくて困っている人もたくさんいるんだから」って話を聞いて育った。子供ながらに「なるほど、そうかー」と思って、食べ物は大切にしよう、とは思った。
 だけど、実はそれって、ちょっと乱暴な展開というか。実際には“目の前の物を食べさせる”という私利私欲(?)のような目的で、引き合いに出してるだけのような、気がしてさ。

 アルビノについてだって…“世の中には、アルビノとして生まれただけで生命の危険に晒される人もいる”状況があったり、現代・国内だって“いじめ・差別”をはじめとする問題があるにはあったりして。
 その事実から目を背けるわけにはいかないけどさ、だけど、だからって「ね?かわいそうでしょ!?」というアピールって、楽しい未来をつくれるのかな。果たして。
 一昔前にも「○○しないと不幸になる」「○○ないと地獄に落ちる」とか、変な言い回しがアレだったことがあったっけ。それって、脅迫なんじゃね?みたいな、さ。

 単なる言い方の話、と思うことも出来るけど。
 けど、その言い回しで、届く思いに違いが出ることってすごくある。

 僕がこれまで関わってきたいろんなところでも、悲しみ・苦しみを材料としてアピールしちゃって「こんなにかわいそうな人がいるから○○してください」のような展開をしていたこともあったけど。
 それは僕にとって全然、楽しい未来をつくるための方法として好くないと思ってるんだ。

 そりゃあ、問題の本質による。すべてが、そんなに楽しく転換できるはずもないけどさ。
 でも…、過去や現在を否定するんじゃなくて受け入れたうえで、未来を明るく照らす方法を、選んでいきたいと思うよね。

 僕にとってのアルビノは、グラビアアイドルにとってのおっぱい(例えをすぐおっぱいにする悪い癖)。
 そんな感じのほうが、多くの人の幸せをつくれる、と思ってる。

 おっぱいが大きくて、もしくは小さくて、悩んでる人。
 大丈夫、それを好きな人もいっぱいいる。それを武器に、輝いている人もいっぱいいる。
 そして、今はいろんな方法を選べる。隠すことも出来るし、魅力として使うこともできる。
 自分らしい生き方を、選ぶことができるから、大丈夫。

 …ほら、一緒じゃん。

 でもたったひとつ「かわいそうだね、苦労したでしょう」って思いをそこに混ぜると、明るい未来がかすんでしまう。
 本当は楽しい方へも考えられるはずなのに、暗く、険しい過去や現在に閉じ込められちゃう。
 未来に向かって進む一歩を断ってしまうことこそ、不幸の連鎖になる。

 そして、この根本的な“捉え方・伝え方のバランス”は、まだまだ変わらないから。
 だから僕は、繰り返す。

 僕は、このアルビノを悲劇にしない。

KASUYA.net PRESENTS イベント企画書

『粕谷幸司の自由なコラム』15

※この企画書は架空のものであり、実在のものとはあまり関係ありません。

タイトル:KASUYA.net PRESENTS 『やってみなけりゃわからない』(仮)
日時:ちょい悩んで調整中
場所:丁度いいトコ探し中

[概要]
粕谷幸司が、フリートーク(またはテーマトーク)を中心に、ちょっとコントとか朗読っぽいものとか、運が良ければ歌ったりとかするイベントをおこなう。俗にいう単独ライブ。
基本的にはソロでの出演を想定しつつ、直前でも都合が付けばシークレットゲストの出演もあり得る。

全体のタイムテーブル例は下記の通り。

00:00 開場
00:20 開演/オープニング(前説)
00:30 トーク1
00:45 トーク2
01:00 企画モノ
01:30 トーク3
01:45 エンディング
02:00 物販タイム
03:00 全イベント終了

→思いのほか長い!!ので、全体構成は調整。

[物販について]
現状、特に販売物が手元にないので、下記の範囲で検討。

■当イベント限定グッズの製作・販売
粕谷幸司に関する(写真などを使った)何か。
例:ブロマイド的なモノ、缶バッジ的なモノ、ポストカード的なモノ…など
  →需要が…、ごく少数と見込まれるので予算・価格など要検討

■ノベルティグッズの製作・販売
「KASUYA.net」「Project One-Size」を推し出した何か。
例:ラバーバンド的なモノ、缶バッジ的なモノ、ステッカー的なモノ…など
  →需要が…、ごく少数と見込まれるので予算・価格など要検討

■委託販売っぽい物
粕谷幸司が関係する各所が発売している商品について、その親和性を加味しつつ委託販売を受ける。
  →中間マージンを取らないでいれば問題ないはず。要確認と、各所への提案・交渉。

[価格帯]
粕谷幸司は、Project One-Sizeというユニットでインターネットラジオ(Podcasting)の配信など活動しているが、特にタレントとして成功しているというわけでもなく、価値創造としてもまだ未熟であるため、なるべく安くファンの方に楽しんでいただくことを優先して決定する。ああ、売れたい。

想定:当イベント=2,000円(会場により別途1ドリンク代)
  →会場費などを考慮すると微妙だが、例えば「2ショット写メが撮れるョ」などの特典を検討。
  →思い出をたくさん持って帰ってもらう工夫で、満足してもらえると良いな…!

→全体の予算を洗い出した上で、
 「イベント自体を昼夜2公演にする」または、
 「昼帯に入場料1,000円程度のファンミーティングを催す」など検討。

※この企画書は架空のものであり、実在のものとはあまり関係ありません。

…とかね、考えたんだ。
ほら、今、僕、特に事務所に所属してるタレントじゃないからさ。
待っていても案件なんて無いし、かといって営業が出来てないし。
しかも環境とか年齢とかあって、やらせてもらえることって、少ないから。

だったら、もう、自分で、やっちゃうのが良いよね、って思ってさ。

あとは、それを、どれくらいの人が求めてくれて、実際に「お金を払って触れてみたい」と思ってくれるか。
こつこつこつ…っと、今までこの道を歩んできて。
嬉しいことに「ファンです」と言ってくれる人がいる。
エグい話だけれど、その皆さんをどれだけ“お客さん”に出来るか。

…出来なかったなら、それが、僕の限界だから。

そろそろ、ちゃんと挑んでみて、見極めたり、覚悟したり、考えなくちゃ、ね。