カテゴリー別アーカイブ: 中澤まさとも

慌てずにパクを合わせよう。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』20(最終回)

2016年2月4日から『超鋼祈願ササヅカイン 戦いの果てに』が始まります。今回演じさせていただくササヅカイン2号の音声システムもこれまであまり演じたことのないダークヒーロー系なので、観に来ていただいて「あ、こんなこともできるんだ~」って思ってもらえたらなと。
とにかくもう、待ち望んでいた役を頂けて光栄なんです。
前回……もう二年前ですけど、“新たなる脅威”の時、2号は敵組織が作った闇のサイバテックロイド、ササヅカインダークネスでした。ササヅカインのライバルとして戦い、その音声システムは先輩声優方がゲストとして参戦されていました。
列挙しましょうか。
山口勝平さん、津久井教生さん、石川英郎さん、関智一さん、千葉繁さん。
……濃い、ですねえ……。
自分も出演者として目の当たりにしていたので、その凄まじさは身に染みています。だからこそ誰もが分かる持ち役を持っていない自分はどうすればいいのか、悩んでもいました。
でも、演劇・クラシックのフリーペーパー紙カンフェティさんの取材を受けた時に、2号のスーツアクターをされる岩田さんは「前回はゲストの声優さんの持ってる特色をどう表現するか一発勝負という感じだったけど、今回はずっと中澤君が演じるし、2号というキャラクターをしっかり着地させたい」とおっしゃいました。
そう、気負わなくてもよいのだと。
稽古も終盤に差し掛かり、物語の全体図も見えてきて、自分の役割も少しずつ分かってきました。台本とマイクを持って舞台に立って、ヒーローの傍らでうろちょろしながらも、熱いセリフをぶつけていきますので皆さんどうぞよろしく……!!
まだまだ予約受付中ですよ!!
ご予約はコチラから→ https://ticket.corich.jp/apply/69180/031/

……とここまで書いて、自分でおや?と思ったんですけど、
最終回なんだし、声優業の話しましょうよって(笑)
ちゃんと本筋を意識して声優としての話をしましょうか、ね?

とにかく昨年も色々な作品に関わらせていただけました。その中でも反省はたくさん。
例えば滑舌。基礎も基礎ですけど、やっぱり自分でも気になってましたし、訓練しながら見直しています。
次に演じられる役幅をもっと聞かせていくこと。……仕事やきくドラでは色んな役をやらせてもらっているのですけど、事務所であったり、業界であったり、肝心のところには浸透していないらしいので……どうやら今の僕のイメージはイケメン声だけらしいですよ。なんかすんごい悔しいですね!!やってやらな!
ここからの一年は仕事にきっちり打ち込むのは当たり前として、しっかり自分の基盤をアップデートしていかないとと思っています。そう、中澤まさとも、2016年のテーマは“アップデート”です。今の自分を整理して効率を良くして改良する。
自分の働き掛け次第で、まだまだ変わっていける。そして自分よりも優れていたり、上手かったりする人がどれだけいようが怯まない! その人は僕ではないのだし、僕は僕だし、図々しい言い方をすれば、役を得てしまえばあとは作品と役に尽くすだけ。仕事はいたってシンプル。とにかく、この一年をしっかりと走り抜けたいと思います。
と言うわけで、『人生のパクが早上がりでもさ!』最終回、いかがでしたでしょうか?
最後くらいはパクを合わせて少しでもコラムらしく締められたらと抗った次第です。
もしまたどこかで、今度は何かしらの紙面でお会いできるよう、文才も磨いていけたらなと思います。ありがとうございました、またお会いするときまでごきげんよう……!
これまでお読み頂き感謝でした!!

夢であるように

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』19

これは、かなり繊細に覚えている夢を結構脚色した話です。

誰が走るとも知らない道の上を走る。そういうレース。
ゴールがどこかも判らないのだが、走っていると気づくのは、少し先で驚くほどの走者が驚くほど狭い道でぎゅうぎゅうに詰まっているということ。
ぽろぽろと道の端に転げ落ちる者もいれば、ほんの小さな隙間からぽこりと次の道に弾き出て走り出せる者もいる。何人か知っている人間もいるけど、ほとんどがうっすらとしか見えなくて誰だか判別がつかない。
その景色は何と言うか、チューブボトルの中でちょっと凝固しちゃった蜂蜜? こう、ギュウッと押してるんだけど中身がなかなか出てこないもの。
とにかく4、5人が抜け出るまで一心不乱に狭い隙間を押し合いへし合い。抜け出た4、5人もこの次は全力で椅子取りゲームがある。しかも、一斉にではなく、独りずつ音楽に合わせて“誰が速く上手に椅子に座れたか”という特殊なルールで。状況によっては派手に転んだ人が選ばれることもあるそうだ。

自分はというとそこのとは違う競歩っぽいレースを走っていたのだけど……実はコースアウト【していました】。脱落です。どうやらいつの間にかコース変更していたらしく、変更前のゴール直前まで盛大にコース外を走っていたということ、らしい。どうやらコースを管理していた人が変わった、らしい。さっき知らされた。
こういうことも、まあ、ある。新しいコースの管理人は別のレースを走っていた人のコースにつなげたらしく、僕は選ばれなかった。ランナーとしての実績や能力を信用されてなかった。

僕では、足りなかった。

しばらくぼーっとしていたら、叫びたくなった。怒りは自分に向いていて、自分の不足を叫び散らした。自分で何を言ってるのか分からなかったけど、悲鳴にも似たものを上げる直前に、目を覚ました。

起きて真っ先に喉がカサカサなことに気づいた。部屋の中は大分乾燥していたし、夢を見ているくらいだからいびきでもかいていたのかもしれないし、もしかしたら本当に叫んでいたかもしれない。だとしたら……、近隣住民の方々、すみません。ほんとの壁ドンは勘弁してください。
起きて、枕元に喉を潤すために置いておいた保温マグの白湯を飲む。

へんな夢。

思い起こすと妙に色んなことが起こった夢だったので、覚えている間にスマホに書き記そう。なんか、最近あったこととかを整理するために観た夢にも感じるので分析しよう。
時刻は午前6時くらい。まだ外が暗い。二度寝できそうだけど忘れてしまうのは惜しい。
一時間くらい、メモを取って……眠くなったらもう少し寝よう。
布団の中に深く潜り、お気に入りのアルパカのぬいぐるみを向き合うように抱っこして湯水のように流れ出そうな記憶を必死に塞き止めながら、スマホに記憶を預けるべくトグル入力していった……。

―――というわけで、
マラソンしているところから、突然コース外に移動して椅子取りゲームを見学しているところから、自分が走っていたコースが間違っていて失格になったことを走破した仲間から知らされて、なんだそりゃ!!ってなって目を覚ましたのをまとめました。
夢って、突拍子ないようで、妙に現実とつながってたりするもので、夢占いだったら違う意味になりそうだけど、記憶の整理とかだったらこういうことかなと思って書きました。

とにかく、今の自分の課題と向き合ったり、自分の役者としての不足を痛感させられたり、夢の中でまで空回ってたり、自分を覆っているメッキを剥がして本当に輝けるように足掻いてます。今はそれだけ。
よく解らないもの書いてごめんなさい。
読んでいただき感謝です。

休息と休日は違う。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』18

最近気づいたんですけど、僕にとって一番適したストレス発散って観劇か映画鑑賞みたいなんです。
「ひとところで腰を据えて、スマホの電源もOFFにして他に気をそらさず作品を観ること」
これがとても大きい。観たい作品だったりするとなおの事(ちなみに作品の善し悪しは関係ない様だ)。これは自宅でテレビを見るのとはやっぱり違うんです。いえ、まあ、うちのテレビが小さめなので臨場感もへったくれもないというところもありますが……(笑)
11月に入って一気に三本くらい映画を観たのですが、どの作品もよかったこともあり、かーなーりすっきりしました。
それと、感動の補充、といえば良いのでしょうか。人間ってやっぱり感情値?精神力?マジックポイント?そういうのを消費しながら仕事をしているのだな、と思いまして。
ずっと仕事を続けていると、なににも感情が湧かなくなる時ってありません? いや、こんなのはないに越したことないのですけど、役者の仕事というのも、仕事をできる喜びや楽しみとは別に消費しているものがあるのだなあと。
ですから観ている作品の登場人物の情動は、僕の心の器を満たしてくれます。
共感・感動・作品自体への敬意、元気になれました。
役者としてはもう一つ違う言い方をすると“インプット”とか“引き出しを増やす”という表現が適切でしょうか。アニメでも実写でも出演者一人一人の声の響かせ方、広げ方、ぶつけ方。学ぶこと得られるものはいつも多いです。
皆さんは休日にちゃんと休息してますか?
そう思うと、僕はこれまであまり巧くできていませんでした。
これに気づけたのは、有難いことに10月のスケジュールがなかなか過密だったことにあると思います。いや、収録日数だけの話でしたらもっともっとお仕事したいくらいなのですが、僕らの仕事は本番当日だけ頑張ればいいというものでは当然ないわけで、俗にいう“台本チェック”というものを事前にしているわけです。
収録までにどれほど自分の演じる作品・コンセプト・演出を解して役を掘り下げていけるかが当たり前ですけど重要なのです。台本を読んで理解して来てるかそうじゃないかなんて、演出さんやディレクターさんにはすぐばれるものだと思っています。僕なんか特にちゃんと読まないとまともに芝居なんてできやしないと自分に戒めながら挑んでいます。
そんなわけで収録のない日(=休日)も台本と向かい合うことが多かったひと月でした。
おかげもありまして、10月に入ってからの映画をけっこうかなり見逃してまして……なんだかちょっと荒んでいた気がします。
昔はゲームでも発散しているつもりでいましたが、プレイしているゲームが集中や緊張を要されることが多いので、結構神経すり減らすわけで……。楽しめよ~って思うんですけどね。学生時代はストレス発散にもなっていましたけどね。RPG、アクションゲーム、ホラーゲーム、楽しくやってたなあ。
自分が出演している作品にも、皆さんの休息になってるものを増やしていけたらいいな。そうなるようにきっちり作っていかないと。
ひとまずそういいながらもきっちり休息を得ていかないと。月に二本は何か観ないとと思っています。
そういえば何を観たかって?
『心が叫びたがってるんだ』『バクマン』あと『GO!プリンセスプリキュア』です。
今度は『リトルプリンス』と『グラスホッパー』観たいですね。
今回も読んでいただき感謝です。また次回お会いしましょう~。

「音は波、テンポは鼓動、すなわち音楽は血潮」

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』17

声優業の中の歌の話は、以前このコラムでもさせていただいたと思います。
歌うのは好きですが、実は僕、そんなにたくさん音楽を聴いているわけではないのです…。
いわゆる“ヘビロテ派”で、気に入った音楽をずっと聞いてます。
学生時代は奔流する周りの勢いから自分を守るために和み系ばかり聞いてた記憶が。あります。あの頃だと…高校時代はGONTITIさん方で、大学生時代に栗コーダーカルテットさん方とショーロクラブさん方が加わって。もう、このお三方ね、最強。最強の和み。ん?なんか矛盾してるような……。
栗コーダーカルテットさんに至っては、今ほどメジャーになられる前にお会いしたことがありまして。買ったCDにサインを頂いたりしました。
なんと!そのサインされたCDを先日実家で発見したので写真撮ってみました!こちらです!

DSC_1333~01

2002年……。わあああああ……13年前……!
…まあ、年代については置いておいて。
で、この頃、『feel』というシリーズを筆頭にヒーリング音楽が流行ってたんですよね。そっちはあまり聞かなかったんですけど、サントラとかイージーリスニング系をずっと聞いてた気がします。ケルト音楽とかトランスとかアンビエントとか…。ビートマニアも遊びまくっていた頃でしてね。
そんなわけで、レンタルだったり買ったりで和み音楽コレクションを作ったりして、空白の時間は好きなものをヘビロテでずううううううっと聞いてました。
テンション上がっていく音楽よりも、じっくり腰を落ち着けてゆっくり体を揺らすくらいの音楽の方がしっくりきてたんですよね。自分の心臓の音に合っていたというか。
広い空の下で好きな音楽たちと一緒にぼやっと過ごすのが至福のひと時でした。

今も新しいものをすごく聞けているわけではないですけど、やはり作業中(このコラムとか、以前関わっていた企画関連の作業とか)には音楽を流してたりしているんですが、不思議なことに、体が必要な音楽って変わるもんですよね。
いや、まあ、もともと「この場面にはこのアルバム!」とか「今日はこれが聞きたい気分!」みたいなものはありましたけど、体に響かせたい音が少し変わったというか。
自分もそこそこ歌うようになったからかなあ。今は和み系より『元気にやっていこう!』とか『みんな繋がってどこにでもいこう!』とかが元気の源になってる気がします。
で、ここからは願望の話。
そろそろ自分だけの歌が欲しいなって。
自分が元気になって、みんなを元気にできる歌。
やなせなつみさんのイベントの影響もあるのかな。
やっぱり『自分だけの歌』があるのってちょっといいなって。
ただの願望ですよ!?
いつリリースできるかも分かりませんし。
ただなんか、そういうの欲しいなってなってるので色々挑戦してみようと思います。
2016年に入ってからかなー。お楽しみに?
というわけで、今回もご覧いただき感謝です!

あ!そうそう!今月は粕谷のトークライブもありますからね!

絵を描くこと

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』16

絵を描くのが好きです。
今でこそ、色んな場面で落書き(商業としての利益を得ていないという意で)を披露していますが、きっかけ自体は割と普通だったんですよ。
イラストとか漫画とか意識して描き始めたのは小学校低学年のころで、友達の絵を真似して始めたのがきっかけでした。
描いていたのも、某有名RPGの有名モンスターが冒険する漫画で、あの頃はゲームを攻略する漫画の影響を受けてそれっぽいの描いてたなあ、と記憶しています。
なんで興味を持ったんだろうなあ…と思って、家族に話を聞くと昔からお話を考えたり空想したりするのが好きだったみたいで、しょっちゅう母や姉弟、幼稚園の先生などに熱心に話しかけていたそうです。そうなっていくと思ってたとも。
想像力を発揮した子供が絵を描き始める…。すごく自然な流れに感じます。でも、なんか今振り返ると、たぶん僕の場合、自分なりのアウトプットだったんだろうな、と思います。
アウトプットってどういうことじゃいってなると思いますが、さっきの話の続きで、そうやって色んな人に自分の空想を話していたようですが、どうにもそれが巧く伝わることはほとんどなかったようで、一生懸命話している僕も自己完結してはいたものの伝わっていない違和感というのはあったのかもしれないし、もっと自分の世界を表現できる手段を探していたのかもしれない。だから、自分の空想を漫画にすることへの興味は計り知れなかったのでしょう。
そんなわけで、色んなアニメ、漫画、そこにゲームも加わって模写を繰り返しながら、マイペースに過ごしていたんですが、高校時代に出会った友人によって僕の絵はレボリューションを迎えます。
彼はとにかく先鋭な作家やイラストレーターをリスペクトしていて、『To Heart』や『シスタープリンセス』や峰倉かずやさんの絵が流行っていた頃に、熊倉裕一さんや緒方剛志さんやポップンミュージック、果てはマイク・ミニョーラ氏まで…。彼が影響を受けたように僕も彼の影響を受けてひたすら絵を磨いていました。その精神は今でも役者としても染みついていて、おもしろいものや目指したいものは習(倣)おうという姿勢が身についたのです。
そして今。何かしら作品に出演すると収録後に色紙にサインをすることがあります。
僕のサインは結構わかりやすくて、ひらがなにした名前で書けるようにしています。全体視するとハートをあしらってあり、二十代前半の自分のなまいきさが伺えるというものです。
特に自分の関わったキャラクターたちを紙にしたためると演じた子が自分の中で腑に落ちるというか…自分の中に留まってくれるというか。絵に描くのは割と大事な儀式でもあるような気がします。
そして!これで助かったのは、サインを書いた際に生まれた余白を絵で楽しく埋めることができること!
…まあ、人より時間をかけてしまうので最近は「…あのぅ…絵描いたほうがいいですか…お時間頂いてもいいですか?」と伺うようにしてます。
ではここでちょっとした宣伝。2015年9月18日より公開の劇場版総集編後編『ハイキュー!!-勝者と敗者-』が二週間限定ですが上演開始となります。僕は、主人公たちが所属する高校バレー部“烏野”のライバル校の一つ“伊達工業高校”のバレー部新主将、二口堅治役で出演します。作品も大変に熱く、アニメならではの躍動感に溢れおもしろいので、原作と合わせて今作も見てもらいたいのですが、この劇場版公開に合わせて販売されるパンフレットに寄せた出演者サインにご注目いただきたい!がんばりましたよ!
というわけで今回も読んでいただき感謝!

「もしかして、我慢してる?」

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』15

夏真っ盛りですね!
と言っても、七月末の猛暑以降は気候も気温も比較的厳しくない。
各所で開催される夏のお祭りも猛暑日ほどの厳しさを危ぶむほどではないかもしれません。
が、油断してはいけません。
曇りがちな天気とはいえ、日照がある時間もあれば突発的な日射病もありますし、気温がそれなりに高ければ(31℃以上もあれば)、体内に熱もたまりやすくなります。熱帯夜が続くと寝不足・不摂生で自律神経が、極端に冷たいものを食べたり刺激の強いものを食べたりなどで胃腸が、それぞれ弱ったりしてしまうと正常な熱の放出、必要な栄養の摂取が出来なくなります。
そうすると、熱中症や脱水症にかかりやすくなるわけですね。
今や、猛暑の情報が流れると家から出ないよう呼びかけられるものですから、空調など28~29℃設定にして扇風機で空気を循環させるなど効率と効果の良い環境形成と、体温以上の食べ物を摂取し、胃腸を弱らせないこと。
熱中症・日射病対策として、最近僕がやっているのは魔法瓶に保冷剤を入れてそこに濡れタオルを入れることですね。
冷感スプレーだと冷やし過ぎてしまう可能性があるので…、何より冷やしタオルで顔ふくの気持ちいいじゃないですか!!(力説)
あとはそう、「我慢をしないこと」が大事です。
自分がどこまで平気なのか…は経験しないと分からないこともありますが、熱中症・脱水症はかかると命に関わることもあります。なので症状や兆候は調べてメモしておくとよいですよ。
人の様子にも目を見張ることです。どこからが体調に支障を来しているか…助け合いにもなりますからね。
僕自身、毎年色んな事を試しつつ環境を整えています。
…でもですね、ちょっと最近気づいたことがありまして。
ある日の収録で、クライアントの方に「こんな暑い中、収録にいらしてありがとうございます!」とご挨拶いただきまして。恐縮ながら「いやいや、それはここに来る皆さんがそうですから」と答えるのと同時に「着ぐるみの中に比べたら大体のことは大丈夫ですよ(笑)」と自分にとっては鉄板なオチを付けて締めるのですが、これに、おや?と思ったわけです。

「もしかして僕、我慢してる?」

我慢と言うか、自分のことは「大丈夫ですから!」と言ってしまいがち。
でも実際そうなんですよ。
フリーの頃から嗜んでいる着ぐるみ。いくつも夏を乗り切ってきました。特にこの数年から感じられるようになった猛暑の中でのショーは、結構、命からがらだったりします。
実はつい先月入った着ぐるみも結構危うかったです。
何が危ういって、ショーが終わるまできっちり休めないことですね。着て動いている最中より、テントに捌けてからが怖い。身体の熱は当然放出できませんし呼吸もしづらい、さらに数分後には再び出番でステージに上がるのですから脱ぐことも憚られる。水分補給する間がある(構成上作り手側でそうしている)ことが救いです。

だからと言うのもなんですが、僕にとっての限界値というものが高いようなんです。「本当にヤバい」というのがすごく過酷だったりするもので。自宅からスタジオまで歩いていくのなんて、20分着ぐるみに入るのに比べたら…!とか考えると大体のことはへっちゃらになります。
…あ、でもこれ、冷静に考えると“環境限界”の話ですね。
身体限界の方は、さすがに我慢しません。頭が熱くなってきたり、肌から熱が引かない時は前述の通り、冷やしタオルを使ったりします。
体が資本ですからね。いや、みんなそうですけど。生きてなくて出来ることなんてそんなには在りませんから。
というわけで、今回もお読みいただき感謝!