でっち羊羮

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』08

ども、あんこ大好き!平居正行です。

明けましておめでとうございます。
年も新しくなりまして、2015年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年末年始、おいらはというと実家のある滋賀に帰省しておりましたよ。
雪が積もったんで雪かきしたり、甥っ子&姪っ子が遊びに来てその相手をしたり、にぎやかだったけれどずいぶんゆったりとした時間を過ごさせてもらいました。
この時期に帰省すると、母親が、あずきをいちから煮てぜんざいをつくってくれるのですが、運悪く、ちょうど家の圧力鍋が壊れてしまってつくれない、と言い渡されてしまい、正月中は泣く泣く焼いた餅とみかんを食べまくりました。(笑)
そんな今回は、馴染みある地元・滋賀のあんこものに想いを廻らせてみたいと思います。

ぜんざいの他にも、おいらが帰省した際、必ずいただくあんこものがあるのです。
その名は、「でっち羊羮(ようかん)」。
IMG_20150113_232505
ようかんはようかんでも、普通のようかんとは見た目も味もだいぶ違いますぜ。
でっち羊羹とは、竹の皮で包まれた、蒸し羊羹のことなのです。
店によっては、中に栗が入っているものもありますよ。

その昔、親元を離れて商家に奉公に行っている丁稚(でっち)小僧さんが、里帰りのお土産に持って帰っていたため、この名前が付いたのが由来の近江商人ゆかりの食べ物なんだとか。
ちなみに、京都や福井にもでっち羊羮があるそうなのですが(※名称が同じなだけで地域によっては違うようかんを指すこともあるとのことです。)、滋賀でも、近江八幡や日野辺りにでっち羊羮が有名な和菓子屋さんがあったりします。
おいらが帰省したときに、叔母が、正行はあんこが好きだから、ってんで毎回でっち羊羮を持ってきてくれるんですよ。とってもありがたいのです。(笑)
なので、帰省から戻ったときには自分で味わったり、お土産としておすそわけたりしていますよ。

さてさて、東京に戻って来て、早速、いっただきま~す!
IMG_20150113_232803
竹の皮でくるまれたでっち羊羮は、ほんのり竹の香りがします。普通のようかんだと、多少みずみずしくてかっちりした食感だったりもしますが、でっち羊羮は全く水っぽくなく、ほどよいもちもちとした食感。これがたまらなく好きなのです!
DSC_0915
全体的につぶあん。そして食べやすい大きさに切り分けます。
ちょっとネットで調べたら「竹の皮をはがさずそのまま切ってから」はがして食べる、というのが本来の食べ方らしいのですが(調べてみて初めて知ったので驚きました!)、おいらは最初に竹の皮をまるごとはがして、ようかんだけを切って食べるという食べ方が好きです。
以前は、そのまままるごとかぶりつくというワイルドな食べ方をやってましたが(笑)よいこはマネしちゃダメだよ~!
そしてこのでっち羊羮、あんこものの和菓子には珍しく、多少日持ちがするのです。
確かに水分少ないってのもあるからなんだろうなぁ。
一説によると、竹の皮には抗菌作用があるから、日持ちするのはそのためなんだとか。
さすが、由来のとおり丁稚奉公の小僧さんも里帰りのお供にしただけのことはあるんですねぇ。

はてさて、あんこコラムの第八回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「滋賀の名物 でっち羊羮」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

▼こんな記事もあります

  • 裏っ返しの明るさ2014年6月15日 裏っ返しの明るさ 『粕谷幸司の自由なコラム』01  僕は、暗い。  声質はわりと高めで、張るとピーンと通るタイプで、話題も楽しいもの・笑えるもの・面白いものが好きだし、そもそもアルビノで髪や肌が白いから、見た目の印象も明るい […] Posted in 粕谷幸司
  • 世界平和2015年1月15日 世界平和 『粕谷幸司の自由なコラム』08  例えば世界平和が実現したとしても、すべてがすべての人の思い通りになるわけじゃない。  例えば夢が叶わないこと、例えば人が死んでいくこと。  僕らが生まれた昭和という時代に […] Posted in 粕谷幸司
  • そんな夜の過ごし方2015年4月15日 そんな夜の過ごし方 『粕谷幸司の自由なコラム』11  どうにも出来ない夜があってね。  それは原因とか状況とか色々で、例えば今の自分の不甲斐なさでズドーンと気分が落ちたり(これが一番多い)、例えばアイドルに関する仕事で思うようにい […] Posted in 粕谷幸司
  • 縁の下の遊び人2014年10月15日 縁の下の遊び人 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』05 文化・文明的な表現の一つとして、思想や活動のアイコン化というものがあります。それは一つの言葉として表現されたり(ルネサンス運動やデモクラシーなど)、絵画造形によっ […] Posted in 中澤まさとも
  • 絵を描くこと2015年9月15日 絵を描くこと 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』16 絵を描くのが好きです。 今でこそ、色んな場面で落書き(商業としての利益を得ていないという意で)を披露していますが、きっかけ自体は割と普通だったんですよ。 イラ […] Posted in 中澤まさとも
  • どんな1年を生きたかな2015年12月15日 どんな1年を生きたかな 『粕谷幸司の自由なコラム』19  2015年も、どうもありがとうございました。  何もない1年なんてないんだろうけれど、でもなんだか思い返すと、何もなかったような気がする。  何かを成し遂げたわけでもなく […] Posted in 粕谷幸司