夢見てみる

『粕谷幸司の自由なコラム』13

 そうだ最近、寝ている時の夢から抜け出せないというか、夢と現実が切り離せないことが多い。
 前からそういうことはたまにあって。すっごく愛し合ってる彼女と、かなり濃厚にエッチなことになってて目が覚めて「あ、夢か」と思って起き上がりながら隣を見て…「あれ?彼女がいない。そうか、先に起きて出かけるって言ってたっけ」と思ってから「…うーんと、彼女いないじゃん」って思う。みたいな。
 あの虚しさね。そんなならいっそ、夢なんて見なければ良かった!みたいな。

 ところで先日、友達と飲みながら「喫茶店でもやるか!」「いやそれならカフェバーみたいにしよう」「じゃあイベントスペースみたいにしよう」「…資金がねえな!がっはっは!」みたいな話をしてた。
 夢見てみるって、楽しい。癖になる。

 もちろんそうなったら、前から妄想してる「アルビノ・カフェ」ってのも良いな。
 アルビノの店員(僕)がいるんだ。バイトにも、アルビノの、可愛い女の子を雇おう。んで、アルビノのお客さんでも読みやすいようにメニューは文字を大きく工夫したり、アルビノの店員をキャラクター化したグッズとか置くし。
 でも集客はすごく大事だし、定期イベントとかで活性化しておかないといけないから、存分にProject One-Sizeも使いたいな。公開収録…!というか、むしろ月に3回の収録を全部そこでやれば良いんだ。そうしたら、中澤まさともファンの皆も遊びに来られる。平日の昼間とかだけどな(笑)。
 あ、そうだ。そうしたら関連するCDとかもそこで販売すれば良いんだ。そしたら店舗限定で「サイン入り」とかを販売できる。One-Sizeの過去のドラマとかも再録して、CD-R版とかも売れちゃうんじゃない!?通販とかヤバい大変だけど、自分で店舗を持ってたら、かなり良いね。
 そしたら、そこが僕の個人事務所みたいになっちゃうかも。大した実績も無いのに独立って(笑)。これまでお世話になったたくさんの人に失礼だな…。あ、でも例えばイベントスペースなら、関係者には格安で…!
 でも、やるならちゃんと美味しい料理も無いとな。あ、料理が好きな友達がいるわ。料理長は任せられるな。というか、周りには結構、そういう気軽なバイトを探してる人もいるかも…?平居さんとか、声優の仕事が入ってない時とかに、バイトとして入ったりしないかな。それって楽しいな!
 …あれ、なんかこれ、メイドカフェで働くアイドルの卵みたいになるかな。あ、じゃあもう、関係各所のアイドルさんのCDとかも販売するか!そしたら、ファンミーティングやインストアライブ(!?)で会場を使ってもらえるかな!?
 そうだ、そしたら僕が昔ちょっと働いてた会社のサービスを告知する何かを置こうか。ってか、店内のWi-Fiとかあると良いよね。そいで、店内でお客さんがポッドキャストとか聴いてたりしてね。
 Wi-Fiちゃんと用意するなら、そこから生放送も出来るか。おお、楽しそう。

 …夢は膨らむ。とても楽しい。
 けど時々、夢と現実が切り離せなくなることがある。

 夢を現実にすること、現実が夢を遠ざけること。
 夢と現実が切り離せないから、ふと目が覚めて虚しくなることもある。
 けれど遠い夢が、この現実の先にあるのかも知れないと思えたら、今がときめくかも知れない。

 最近、その夢と現実とを眺めながら二の足を踏んでいる僕だけれど。
 いつか、そんな夢に、手を伸ばそうと高く飛ぶ時が、来るかな。
 そしたら皆にも、全力で応援…、してもらえるかな。

▼こんな記事もあります

  • 苦しみながら生きるべきではないと思うけれどやっぱり2016年1月15日 苦しみながら生きるべきではないと思うけれどやっぱり 『粕谷幸司の自由なコラム』20(最終回)  ネガティブはどこかに忘れ去られることもなく、孤独とともにいつもここにいる。  Podcastだのtwitterだのには、意図して“出さない”ようにしているけれど、結局 […] Posted in 粕谷幸司
  • 10年の夢が叶わなくても2015年11月15日 10年の夢が叶わなくても 『粕谷幸司の自由なコラム』18  僕には夢があった。  幼稚園の頃。親に連れて行かれた体操教室が楽しくて、大きな声で「ぼく、オリンピック選手になる!」と宣言していたらしい。でも、アッという間に飽きちゃって、すぐ […] Posted in 粕谷幸司
  • インターネットへのラブレター2015年5月15日 インターネットへのラブレター 『粕谷幸司の自由なコラム』12  僕がインターネットを始めたのは、高校1年生くらいの頃だった。1998年くらい?Windows […] Posted in 粕谷幸司
  • 夢であるように2015年12月16日 夢であるように 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』19 これは、かなり繊細に覚えている夢を結構脚色した話です。 誰が走るとも知らない道の上を走る。そういうレース。 ゴールがどこかも判らないのだが、走っていると気 […] Posted in 中澤まさとも
  • そんな夜の過ごし方2015年4月15日 そんな夜の過ごし方 『粕谷幸司の自由なコラム』11  どうにも出来ない夜があってね。  それは原因とか状況とか色々で、例えば今の自分の不甲斐なさでズドーンと気分が落ちたり(これが一番多い)、例えばアイドルに関する仕事で思うようにい […] Posted in 粕谷幸司
  • 飾らないでみよう2014年10月15日 飾らないでみよう 『粕谷幸司の自由なコラム』05  どんな言葉を選んでしゃべってみても、僕が僕であることはそう簡単には変えられないのだ。  けれど、どこか飾っちゃうんだよね。カッコつけちゃうというか。  もちろん、タレント […] Posted in 粕谷幸司