どんな1年を生きたかな

『粕谷幸司の自由なコラム』19

 2015年も、どうもありがとうございました。

 何もない1年なんてないんだろうけれど、でもなんだか思い返すと、何もなかったような気がする。
 何かを成し遂げたわけでもなく、何か大きな変化や成長を実感できたわけでもなく。
 何もなかったかも知れない、と思ってしまうから、年末ってどうにも切なくて苦しい。
 けど…、振り返れば途方に暮れることなんて、年末に限らず年中だけれどね。

 1月ごろ。アイドルの仕事では今もうみてないソロアイドルをみてたりしてた。
 活動自体を辞めていった子、移籍した子、フリーとして巣立ち今もがんばってる子。
 色んな子と、色んな離れ方をしたなあ。

 2月ごろ。所属してた事務所でなんとかしたくて、でもどうにも掴めなくて。
 本当にいつものことだけれど、自分に大いに迷いまくってた。
 何がしたかったのか、どうしたかったのか…、もがくだけで、進めなかった。

 3月。少しずつ、周りの環境や関係に、変化の兆しがあった。
 悪い意味でも、雰囲気が変わっていくのを感じて、眺めていただけだった。
 …いや、やっぱり変わってしまったのは僕の方で、僕の気持ちが、疲れていたのかな。

 4月。今につながるプロジェクトが少しずつ動き出したのはこのころだったか。
 新しい出会いを迎えて、どうなるかわからないまま、それでも手探りで進む楽しさ。
 そして自分も、所属事務所を離れることになり、何も見えないまま進み続ける怖さを感じた。

 5月。ちょっと間違ってるかもしれないけれど、とにかく動きたくて引っ越しをして。
 生活圏も、生活スタイルも、今までと大きく変えた時期。
 独りぼっちと真っ直ぐ向き合って、とにかく面白く、とにかく楽しさを…って、足掻いてた。

 6月は、本当に辛かったのを覚えてる!日照不足とか本当に病気のようだった。
 酷く気持ちが不安定で、体調にも出ちゃったし、信じられない出来事もあったし。
 今でも思い出したくない時期。でも、色んなことが、このあたりから始まったんだな…。

 7月。まだあまり病み上がり切ってなかった。ちょっとオロオロしてた気がする。
 上も下もわからないまま、沈んでるのか浮かんでるのか。ただ、光だけをぼうっと眺めて。
 風向きが変わり始めていることに、気付くことなんてなかった。

 8月は毎年、だいたい誕生日があるので、いつも自分を見つめ直すことになってる。
 「32歳の粕谷はモテることだ」なんて話して笑ってたなあ…、あは、はは…。
 また改めて、人との出会いを大切にしようと、心を持っていこうと決めたころだった。

 9月からは一気に景色が変わって。関わる人も、聞こえてくる音色も違ってた。
 10月の《粕谷幸司のイベント》に向けて、攻め切ろうって思って。
 11月には仕事が大きく動くことになって、頭も心も体もフル稼働。

 ほとんどのことを憶えてないけれど、思い返してみればやっぱり、色々あった1年だったなあ。
 けれど、本当のことなんて自分の中には無くて。
 残っている現実は、誰かの中に生きていた自分だけ。
 自分の中の自分なんて虚構のようなもので、誰かの中にだけただ、生きているんだ。

 超抽象的な1ページになったけれど、これを書いた意味は、きっといつかどこかに生まれる。
 これまでのことなんてもう、わりとどうでもよくて。
 ただ、いまからみらいに、どう生きるのかなって。
 それだけ見つめて、また進んでいけば良いのかな。

 今日の自分は、今日で死ぬ。
 今までありがとう。またね。

▼こんな記事もあります

  • 日々巡り歩けば時自ずと来る。2015年4月15日 日々巡り歩けば時自ずと来る。 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』11 公表はしていないのですが、とある縁がありライブで生ナレーションを勤めることになりました。 とある歌手の人生を紹介しながら歌い手さん達の歌に細やかながら彩りを添え […] Posted in 中澤まさとも
  • 歌うこと2014年7月15日 歌うこと 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』02  皆さんにはだいぶ知られてきていることだと思いますが、声優だって歌います。  演じるキャラクターが内包した作品においてのテーマをキャラクターソングとして演じるキ […] Posted in 中澤まさとも
  • 縁の下の遊び人2014年10月15日 縁の下の遊び人 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』05 文化・文明的な表現の一つとして、思想や活動のアイコン化というものがあります。それは一つの言葉として表現されたり(ルネサンス運動やデモクラシーなど)、絵画造形によっ […] Posted in 中澤まさとも
  • 「自分らしさ」という面倒臭い考えごと2014年7月15日 「自分らしさ」という面倒臭い考えごと 『粕谷幸司の自由なコラム』02  本当は、自分らしくいたい。  けれど…、もはや「自分らしい」って、なんだろう?  僕は3兄弟の末っ子で、とても甘えん坊なところがある。なんというか守られたい願望というか、 […] Posted in 粕谷幸司
  • フェティシズムの定義から2015年2月15日 フェティシズムの定義から 『粕谷幸司の自由なコラム』09  まず定義から調べてみた。こういうのは、辞書とかから言葉の定義を明確にする、というのがセオリー。  現代では、もちろんウィキペディア。家に辞書とか…無い。  【変態性欲】… […] Posted in 粕谷幸司
  • 簡単に解説しますと2014年6月15日 簡単に解説しますと 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』01 どうも、最近“雨男”疑惑のある中澤まさともです。でも『死神の精度』の千葉みたいでいいなとかそんなことは置いておきます。 さて、のっけからセルプロ(自己投影)かま […] Posted in 中澤まさとも