音の聴こえ方から利かせ方を学ぶ

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』14

最近のホットニュースは母が携帯をスマホに替えてLINEを使いこなしていることですかね。中澤まさともです。
スマホと言えば、iPhoneも含めた色々なアプリへの出演の機会をちょこちょこ頂きます。
夢王国と眠れる100人の王子さま』というパズルアプリゲームには夏を司る王子“陽影”として出演しております。今の時期にはぴったりな王子ですね。
僕のなかではあまり演じる機会のなかった役でしたが、彼の竹を割ったような性格は、きくドラの『坊っちゃん』(著:夏目漱石)で演じた役を骨組みにしていたので、イメージは組み立てやすかったです。
しかし、そこから恋愛ルートまでプランを組み立てるのには少し慎重になりました。
恋愛過程はそもそもシナリオで表しているのでそこに声を添えさせていただくだけの話なのですが、やはり声の彩り方で印象が変わるものですから。
粗野になりすぎず、でも弱くなりすぎず。友達になりすぎず、でもお姫様扱いもしすぎず。シナリオの指し示す“おしまい”で締められるようクライアントさんと話し合いながら演じました。
今作は陽影に限らずいろんな王子さまがいて、どのストーリーも音声と合わせて辿ると学ぶことも色々あります。こういう表現があってるかは分かりませんが僕にとって、好い教材でもあります。
百人百色(現在は70人ほど)の物語楽しもうと思います。
そうそう、陽影もシークレットストーリーが解放されて、その内容がタイトルからして気になってるんですけど…ガチャはなかなか当たらないものですよ…運ですからねこればかりは。
『シチュエーションカレシ』シリーズも、僕にとってはある種の教材で。これも色々なシチュエーションがあって、しかもダミーヘッドマイク使用ですから音比べというか、心情やアプローチの違いをある程度学べます。
とにかく自分の声のエフェクトを高めたいんですよ。
色々な経験を通して、人の“無意識”の評価(または“無言”の評価)というものを感じていて、出来ることなら巧く言葉にできない人や直感で聞く人にも好いと思ってもらいたいものですから。
そういえば【なんで・どうして・どのようにして】の説明をすぐ求められて、それが理路整然とまとまっていなければ、その人が好きなものが【評価に値しない】ってされる場面を割と頻繁に見かけていたのですが、あれはどうなんでしょうね…。
確かに、仕事に関して説得できなければ意味がない場面もありますが、こと趣味においてはその人の“好き”を巧く説明できないから大したものでないとされるのはすごく不服で。
皆が皆、人生において自分の精神や感情を掘り下げて自分のことを理解しているわけではないのですし、趣味人は評論家ってわけじゃないんですし…“好き”はただの“好き”でもいいじゃないですかーって思います。
こうやって一つのコラムの中で話題が転々とするぼくなんて…ねえ?
昔から「お前の言っていることは分からないから…」と放置されていたものでして…。ああ、そういう意味では有無を言わせない声力がほしいのだなあ僕は。頑張ろう。
そんなわけで結論が大体いつもどおりになったところで今回を締めたいと思いますが、ここで小話を一つ。
『夢王国と眠れる100人の王子様』の収録の時だったんですけど、台本の一部分を収録してチェック待ちをしている時にですね…えっ、と思ったんですけど…ヘッドホンから…聞きなれない言葉がですね…聞こえたんですよ…明らかにスタッフさんではない声で…ぼそぼそと話してるんです。

軽快な洋楽に乗せて。

どうやらどこか海外のラジオ放送の電波を拾っていたみたいです。こういうこともあるんですね。
今回もご覧いただきありがとうございます。

▼こんな記事もあります

  • 絵を描くこと2015年9月15日 絵を描くこと 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』16 絵を描くのが好きです。 今でこそ、色んな場面で落書き(商業としての利益を得ていないという意で)を披露していますが、きっかけ自体は割と普通だったんですよ。 イラ […] Posted in 中澤まさとも
  • 消え入りそうな気持ちまでもアナタに届くから2015年3月15日 消え入りそうな気持ちまでもアナタに届くから 中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』10 まずは、僕の記事の投稿が遅れてすみません。 日にちを跨いで書いていたりする間に「あれ、何を書きたかったんだろう…?」ということが今回は特にひどく…。One-Si […] Posted in 中澤まさとも
  • 裏っ返しの明るさ2014年6月15日 裏っ返しの明るさ 『粕谷幸司の自由なコラム』01  僕は、暗い。  声質はわりと高めで、張るとピーンと通るタイプで、話題も楽しいもの・笑えるもの・面白いものが好きだし、そもそもアルビノで髪や肌が白いから、見た目の印象も明るい […] Posted in 粕谷幸司
  • 和菓子屋 仙太郎2014年6月15日 和菓子屋 仙太郎 『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』01 ども、あんこ大好き!平居正行です。 さあ、いよいよ始まりました! このコラムは、あんこ大好き!を自称するおいらが、ちょっと気になっているあんこを食べに […] Posted in 平居正行
  • 笑顔を持ってる人が笑う2014年11月15日 笑顔を持ってる人が笑う 『粕谷幸司の自由なコラム』06  どこかで話題になっていたけれど。  今の子どもたちに「電話の絵を描いて」って言うと、iPhoneとかスマートフォンを描くんだって。  昭和生まれの僕たちは、実際にはほとんど見 […] Posted in 粕谷幸司
  • 自分を信じては疑って2014年8月15日 自分を信じては疑って 『粕谷幸司の自由なコラム』03  積み重ねてきたものを、アッという間に崩してしまうことは嫌だ。  丁寧に築き上げてきたものを、一瞬で壊してしまうことは恐ろしい。  だからこそ僕は、いつもいつも考える。同じこと […] Posted in 粕谷幸司