「もしかして、我慢してる?」

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』15

夏真っ盛りですね!
と言っても、七月末の猛暑以降は気候も気温も比較的厳しくない。
各所で開催される夏のお祭りも猛暑日ほどの厳しさを危ぶむほどではないかもしれません。
が、油断してはいけません。
曇りがちな天気とはいえ、日照がある時間もあれば突発的な日射病もありますし、気温がそれなりに高ければ(31℃以上もあれば)、体内に熱もたまりやすくなります。熱帯夜が続くと寝不足・不摂生で自律神経が、極端に冷たいものを食べたり刺激の強いものを食べたりなどで胃腸が、それぞれ弱ったりしてしまうと正常な熱の放出、必要な栄養の摂取が出来なくなります。
そうすると、熱中症や脱水症にかかりやすくなるわけですね。
今や、猛暑の情報が流れると家から出ないよう呼びかけられるものですから、空調など28~29℃設定にして扇風機で空気を循環させるなど効率と効果の良い環境形成と、体温以上の食べ物を摂取し、胃腸を弱らせないこと。
熱中症・日射病対策として、最近僕がやっているのは魔法瓶に保冷剤を入れてそこに濡れタオルを入れることですね。
冷感スプレーだと冷やし過ぎてしまう可能性があるので…、何より冷やしタオルで顔ふくの気持ちいいじゃないですか!!(力説)
あとはそう、「我慢をしないこと」が大事です。
自分がどこまで平気なのか…は経験しないと分からないこともありますが、熱中症・脱水症はかかると命に関わることもあります。なので症状や兆候は調べてメモしておくとよいですよ。
人の様子にも目を見張ることです。どこからが体調に支障を来しているか…助け合いにもなりますからね。
僕自身、毎年色んな事を試しつつ環境を整えています。
…でもですね、ちょっと最近気づいたことがありまして。
ある日の収録で、クライアントの方に「こんな暑い中、収録にいらしてありがとうございます!」とご挨拶いただきまして。恐縮ながら「いやいや、それはここに来る皆さんがそうですから」と答えるのと同時に「着ぐるみの中に比べたら大体のことは大丈夫ですよ(笑)」と自分にとっては鉄板なオチを付けて締めるのですが、これに、おや?と思ったわけです。

「もしかして僕、我慢してる?」

我慢と言うか、自分のことは「大丈夫ですから!」と言ってしまいがち。
でも実際そうなんですよ。
フリーの頃から嗜んでいる着ぐるみ。いくつも夏を乗り切ってきました。特にこの数年から感じられるようになった猛暑の中でのショーは、結構、命からがらだったりします。
実はつい先月入った着ぐるみも結構危うかったです。
何が危ういって、ショーが終わるまできっちり休めないことですね。着て動いている最中より、テントに捌けてからが怖い。身体の熱は当然放出できませんし呼吸もしづらい、さらに数分後には再び出番でステージに上がるのですから脱ぐことも憚られる。水分補給する間がある(構成上作り手側でそうしている)ことが救いです。

だからと言うのもなんですが、僕にとっての限界値というものが高いようなんです。「本当にヤバい」というのがすごく過酷だったりするもので。自宅からスタジオまで歩いていくのなんて、20分着ぐるみに入るのに比べたら…!とか考えると大体のことはへっちゃらになります。
…あ、でもこれ、冷静に考えると“環境限界”の話ですね。
身体限界の方は、さすがに我慢しません。頭が熱くなってきたり、肌から熱が引かない時は前述の通り、冷やしタオルを使ったりします。
体が資本ですからね。いや、みんなそうですけど。生きてなくて出来ることなんてそんなには在りませんから。
というわけで、今回もお読みいただき感謝!

30代で変わるもの変えること

『粕谷幸司の自由なコラム』14

 いま、これを書いている時は、酔っ払っているんだけれど。
 昔からお酒は、楽しくて好きだけれど量は飲めなくて。接待的な、緊張感とかを持ってる時、またはベロンベロンになっていろんなこと終わらせたい時、とかは勢いでたくさん飲んじゃったりするんだけれど。一番楽しく、いっぱい話しながら気持ち良く飲むなら、生ビール中ジョッキ2杯くらいで、もうお腹いっぱいなの。
 そういう、変わらないこと、ってのもありながら、最近は、変わることについてちょっと思いを巡らせてる。

 いろんなところでしゃべったり書いたりしてるんだけれど、去年末くらいから、果汁のアレルギーが爆発したのね。
 小さい頃から、フルーツ食べると喉がピリッとしたり、オレンジジュースを飲むと逆に喉が渇いたり。いくつか(今思えば)心当たりはあったのだけれど。
 トマトジュース飲んで呼吸困難になったり、アボカド食べて喉が腫れたり…、なかなかびっくりするくらいのアレルギー爆発っぷりだったので、正直とても驚いた。
 でも、まあ僕は「エピソードトークで笑って話しちゃう」っていう昇華の方法を持ってるから、まだそんなに困らなかったけれどね。

 そう言えば、僕のtwitterを細かく読んでるフォロワーさんは、もう知っていると思うのだけれど。ここ最近“夜は寝ようキャンペーン”ってのをやってるんだ。
 もともと、小学生くらいから夜更かしが好きで、物書き的な活動をするのにも夜中ってのがなかなか心地良くて。自分の時間が自由なら、朝方に寝て夕方くらいに起きる、というのが大好きだったのだけれど。
 年齢とか、最近の仕事の仕方とかをかえりみて、上司の助言もあって「夜寝て、朝起きる生活をしましょう」ということになったのね。いやほんと、もう徹夜とかキツいよね正直!
 …で、相変わらず寝るのが大好きで、可能なら1日10時間くらい寝たい気持ちは、変わらないでいるのだけれど。
 でも試してみて、習慣付いてくれば午前中ってのもなかなか楽しいのかもな、と思い始めてきたところ。
 若いうちはわからなかったんだ、先人たちの「夜は寝なさい」の本当の意味が(笑)。
 いやでも、後悔は無いけどね!若いうちは、健康だとか度外視して、とにかく“その1日”を楽しみ尽くすことに本気だったから。
 あの頃、頑張って生活習慣を正してみても、特に楽しくは無かったんだと思う。
 今だからこそ、こういう変化を自分に施してみて、楽しめてるんじゃないかな~。

 この前のネットラジオでも「重度の扁桃腺炎で死にかけた」みたいな話をしたけれど。
 これまでは基本、根性で行けるトコまで行っちゃえ!みたいな考え方だったから(笑)、多少の風邪とか体調不良とかは、エナジードリンク的なものを飲んで、そしてたっぷり寝りゃあ何とかなる、と思って病院とかなるべく行かずに過ごしてきたんだけれど。
 社長にも「粕谷くん…、僕ら、もう若くないんだぜ」なんて言われながら、もうちょっと体調面にも気を配る生き方にしていこうかな、なんて考えてる。
 昔から変わらず「体が資本。動けなければ何も出来ない」という考え方は変わらないんだよね。
 その考え方は変わらないんだけれど、自分の体は変わっていってる、ということに気付いてあげよう、と思ったのね。

 体力の低下、能力の鈍化…、そういう“老い”のようなことを悲観的に捉えると、とても不幸なんだけれど。
 自分も、このままいけば、30代後半、40代…と、進んでいくわけで。
 もし、そのまま生きてるんだとしたらば、取るべき行動は決まってるんだと思うのね。
 「どんな変化でも、面白がる」ってこと。

 変えない考え方、ってのもあるけど。
 変えてみる面白さ、変わっていく自分、ってのも楽しめる。
 そんな大人になっていきたいな。

音の聴こえ方から利かせ方を学ぶ

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』14

最近のホットニュースは母が携帯をスマホに替えてLINEを使いこなしていることですかね。中澤まさともです。
スマホと言えば、iPhoneも含めた色々なアプリへの出演の機会をちょこちょこ頂きます。
夢王国と眠れる100人の王子さま』というパズルアプリゲームには夏を司る王子“陽影”として出演しております。今の時期にはぴったりな王子ですね。
僕のなかではあまり演じる機会のなかった役でしたが、彼の竹を割ったような性格は、きくドラの『坊っちゃん』(著:夏目漱石)で演じた役を骨組みにしていたので、イメージは組み立てやすかったです。
しかし、そこから恋愛ルートまでプランを組み立てるのには少し慎重になりました。
恋愛過程はそもそもシナリオで表しているのでそこに声を添えさせていただくだけの話なのですが、やはり声の彩り方で印象が変わるものですから。
粗野になりすぎず、でも弱くなりすぎず。友達になりすぎず、でもお姫様扱いもしすぎず。シナリオの指し示す“おしまい”で締められるようクライアントさんと話し合いながら演じました。
今作は陽影に限らずいろんな王子さまがいて、どのストーリーも音声と合わせて辿ると学ぶことも色々あります。こういう表現があってるかは分かりませんが僕にとって、好い教材でもあります。
百人百色(現在は70人ほど)の物語楽しもうと思います。
そうそう、陽影もシークレットストーリーが解放されて、その内容がタイトルからして気になってるんですけど…ガチャはなかなか当たらないものですよ…運ですからねこればかりは。
『シチュエーションカレシ』シリーズも、僕にとってはある種の教材で。これも色々なシチュエーションがあって、しかもダミーヘッドマイク使用ですから音比べというか、心情やアプローチの違いをある程度学べます。
とにかく自分の声のエフェクトを高めたいんですよ。
色々な経験を通して、人の“無意識”の評価(または“無言”の評価)というものを感じていて、出来ることなら巧く言葉にできない人や直感で聞く人にも好いと思ってもらいたいものですから。
そういえば【なんで・どうして・どのようにして】の説明をすぐ求められて、それが理路整然とまとまっていなければ、その人が好きなものが【評価に値しない】ってされる場面を割と頻繁に見かけていたのですが、あれはどうなんでしょうね…。
確かに、仕事に関して説得できなければ意味がない場面もありますが、こと趣味においてはその人の“好き”を巧く説明できないから大したものでないとされるのはすごく不服で。
皆が皆、人生において自分の精神や感情を掘り下げて自分のことを理解しているわけではないのですし、趣味人は評論家ってわけじゃないんですし…“好き”はただの“好き”でもいいじゃないですかーって思います。
こうやって一つのコラムの中で話題が転々とするぼくなんて…ねえ?
昔から「お前の言っていることは分からないから…」と放置されていたものでして…。ああ、そういう意味では有無を言わせない声力がほしいのだなあ僕は。頑張ろう。
そんなわけで結論が大体いつもどおりになったところで今回を締めたいと思いますが、ここで小話を一つ。
『夢王国と眠れる100人の王子様』の収録の時だったんですけど、台本の一部分を収録してチェック待ちをしている時にですね…えっ、と思ったんですけど…ヘッドホンから…聞きなれない言葉がですね…聞こえたんですよ…明らかにスタッフさんではない声で…ぼそぼそと話してるんです。

軽快な洋楽に乗せて。

どうやらどこか海外のラジオ放送の電波を拾っていたみたいです。こういうこともあるんですね。
今回もご覧いただきありがとうございます。

夢見てみる

『粕谷幸司の自由なコラム』13

 そうだ最近、寝ている時の夢から抜け出せないというか、夢と現実が切り離せないことが多い。
 前からそういうことはたまにあって。すっごく愛し合ってる彼女と、かなり濃厚にエッチなことになってて目が覚めて「あ、夢か」と思って起き上がりながら隣を見て…「あれ?彼女がいない。そうか、先に起きて出かけるって言ってたっけ」と思ってから「…うーんと、彼女いないじゃん」って思う。みたいな。
 あの虚しさね。そんなならいっそ、夢なんて見なければ良かった!みたいな。

 ところで先日、友達と飲みながら「喫茶店でもやるか!」「いやそれならカフェバーみたいにしよう」「じゃあイベントスペースみたいにしよう」「…資金がねえな!がっはっは!」みたいな話をしてた。
 夢見てみるって、楽しい。癖になる。

 もちろんそうなったら、前から妄想してる「アルビノ・カフェ」ってのも良いな。
 アルビノの店員(僕)がいるんだ。バイトにも、アルビノの、可愛い女の子を雇おう。んで、アルビノのお客さんでも読みやすいようにメニューは文字を大きく工夫したり、アルビノの店員をキャラクター化したグッズとか置くし。
 でも集客はすごく大事だし、定期イベントとかで活性化しておかないといけないから、存分にProject One-Sizeも使いたいな。公開収録…!というか、むしろ月に3回の収録を全部そこでやれば良いんだ。そうしたら、中澤まさともファンの皆も遊びに来られる。平日の昼間とかだけどな(笑)。
 あ、そうだ。そうしたら関連するCDとかもそこで販売すれば良いんだ。そしたら店舗限定で「サイン入り」とかを販売できる。One-Sizeの過去のドラマとかも再録して、CD-R版とかも売れちゃうんじゃない!?通販とかヤバい大変だけど、自分で店舗を持ってたら、かなり良いね。
 そしたら、そこが僕の個人事務所みたいになっちゃうかも。大した実績も無いのに独立って(笑)。これまでお世話になったたくさんの人に失礼だな…。あ、でも例えばイベントスペースなら、関係者には格安で…!
 でも、やるならちゃんと美味しい料理も無いとな。あ、料理が好きな友達がいるわ。料理長は任せられるな。というか、周りには結構、そういう気軽なバイトを探してる人もいるかも…?平居さんとか、声優の仕事が入ってない時とかに、バイトとして入ったりしないかな。それって楽しいな!
 …あれ、なんかこれ、メイドカフェで働くアイドルの卵みたいになるかな。あ、じゃあもう、関係各所のアイドルさんのCDとかも販売するか!そしたら、ファンミーティングやインストアライブ(!?)で会場を使ってもらえるかな!?
 そうだ、そしたら僕が昔ちょっと働いてた会社のサービスを告知する何かを置こうか。ってか、店内のWi-Fiとかあると良いよね。そいで、店内でお客さんがポッドキャストとか聴いてたりしてね。
 Wi-Fiちゃんと用意するなら、そこから生放送も出来るか。おお、楽しそう。

 …夢は膨らむ。とても楽しい。
 けど時々、夢と現実が切り離せなくなることがある。

 夢を現実にすること、現実が夢を遠ざけること。
 夢と現実が切り離せないから、ふと目が覚めて虚しくなることもある。
 けれど遠い夢が、この現実の先にあるのかも知れないと思えたら、今がときめくかも知れない。

 最近、その夢と現実とを眺めながら二の足を踏んでいる僕だけれど。
 いつか、そんな夢に、手を伸ばそうと高く飛ぶ時が、来るかな。
 そしたら皆にも、全力で応援…、してもらえるかな。

ただの声優、されど声優

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』13

改めまして、旧(有)トリトリオフィスと旧(株)トリアスが合併しまして、パワー・ライズの所属となりました、声優・中澤まさともです。
と言っても、旧トリトリの時のスタッフもそのまま移っているので個人的には大きな変化はなく、むしろ人員も増加し新しい可能性へと繋がればとより一層自分の仕事に従事する次第です。

さて、今日は“声優”という仕事の“本質”について考えてきたことをぽつぽつと。結論としては「調子乗んなよ」的な自分への戒めとしてのログになりそうです(笑)

声優は素敵なお仕事です。僕自身、アニメやドラマCDやラジオといった媒介を通じて人生を楽しく豊かにしてもらいました。そして、僕の導き手となってくれました。
だから今、僕はこの世界に居るわけです。
まず僕は台本を手にしています。決められた時間にスタジオに入り、ミキサーに繋げられたマイクを前に、ディスプレイに写された絵コンテと線画で構成されたリハVを観ながら声を吹き込みます。台本の半分くらいを収録し、直すべきところを指摘頂いたらそこから一つ一つ修正して録り直します。30分アニメなら二パートに分けて収録し、大体三・四時間くらいかけて全て録り終えたらその日の仕事は終了です。

アニメ収録現場は大体こんな感じです。
マイクの前で演じる声優は、その声の魔力を駆使して役に音という波を与えて存在感をより強めさせます。僕もまだまだ拙いながらも、自分の役に役割と然るべき魂を与えます。それが為すべきことなのですから。そこに僕が憧れてきた声優としての誇りがあるのです。
本当に声優は浪漫のあるお仕事です。

だがしかし、僕は自分に問いただします。
「いやいやちょっと待て。自信を持つのは結構だが過信になってないか? 誇りを持つのは結構だが尊大になってないか? 自分の仕事の本来の形を忘れちゃいけないぞ」
と。

ここでちょっと“声優の仕事”を、このアニメ収録現場から分解して、声優というものの核を拾い出しましょう。
まず自分の持っている台本はライターさんがいないと手元にありません。
スタジオを管理する担当さん、マイクをミキサーに繋げて録音できる状態にしてくれる音響さんがいないと自分の声はただ虚空に響くばかり。
ディスプレイに写されたリハVは、絵コンテや線画の未完段階をアニメの製作とは別に録音用に編集してビデオ化してくれる撮影さんがいないと明確にどんな声を吹き込めばいいのか曖昧になります。
音声を演出する音響監督さんがいないと声優自身では気づかないテクニカルエラーを修正できず、この作品を統括する監督さんがいないと最終回まで内容が分からないままでは何を道しるべに自分の役を終わりまで導いていけばいいのかわかりません。
そして、諸々の工程を管理し指示を出す制作進行さんがいなければ収録までに用意する必要があるものを揃えられませんし、そもそも、アニメの企画がなければ仕事すら成立しません。
つまり本質だけの話でしたら、声優は“人間の音”担当で、アニメ一話の製作過程の中では諸々お膳立てしてもらった終盤の作業なだけなのです。
でも声優はそこに浪漫を生み出します。だから日本のアニメファンもこの作業に浪漫を感じてくれます。
もしかしたら海外と日本の声優の職業意識や聴者さんからの評価の違いはこの【+浪漫】が関わっているのかもしれません。

今のところここまで考えた中で、僕はどうしていくかをまとめます。
『只の音にならないよう、粋を籠めて息を操る唯の声優で在れるよう、プロフェッショナル達の中で、同じ“創る人”としての仕事をしていこう』
今回も読んでいただきありがとうございます!

「病は生(き)から」

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』12

どんな仕事だって最初は人間がしているわけで。

人間である以上、人間らしい問題のいくつかは常に付きまとうわけです。
その中の一つが今回のテーマ『健康管理』となります。
これはきっとどんな人にとっても大切なことで、自分の体が悪くなって善いことなんてほとんどありませんからね。
我ら声優業において『声が出せなくなる』こと以上の非常事態はなかなかありません。
(これは、スタジオに到着できない・事故にあったなど様々なアクシデントもありますが、職業としての純粋な観点で言うと『結果として自分の声を音声媒体に記録できない』ということだと思ってください。)
なので、このような事態にならないに越したことはありません。特に季節の変わり目(年四回)は風邪をひきやすい!特に自分の免疫が下がっていると自覚しているので生活レベルから気を配るわけです。
あっと…ここからは僕の場合、という話なので他の人がしているかどうかとその人の能力や評価とは別の話として捉えてくださーい。
物事の大体は、理屈としては『未然に防ぐ“予防”』と『状況に対処する“処方”』のいずれかで解決するのですが、健康管理も然りです。
では“予防”からご紹介しましょう。
まずはマスク!菌の侵入を大体防いでくれます!
“大体”というのはまあ、呼吸の関係上、どうしても隙間というのはあるものですから100%防菌はないわけで、それでもある程度は直接侵入は防げるので必須です。
それからうがい手洗い!携帯用のコップがあるとどこのスタジオでも使えるので便利です。
うがいは特に、喉全体をうがいできるように『あーいーうーえーおー』と言いながらします。最近は内匠靖明くんからもらったプロポリス抽出スプレー(通称:俳協汁)を二回プッシュとうがい薬の組み合わせでするので喉の疲労もフォローしています。
あとですね…個人的にはまだこの時期は足や肩を冷やすと風邪をひきやすいようです…。寝るときとか気をつけましょう…。薄手でも長袖の上着を持ちましょう…。
続いて、“処方”です!
人間ですから…どうしても風邪をひくこともあります…。さらに声が変化する(or出なくなる)タイプのやつなんかひいた日には…大ショックです。即刻対処せねばなりません。
まずはすぐさま病院に行けるかどうか。そして、これが大事なのですが、自分の症状をお医者さんに説明できるかどうかです。
これは僕に実際にあったことですが、症状がひどくなる前に病院に行ったら現状大したことないという診断でとりあえずな薬をもらってきて、その翌日からひどくなった風邪に対処できなかったことがあるのです…。お医者さんは対処をしてくれるところなのですからちゃんと説明すると、見合ったものを処方箋の中に用意してもらえたりします。
そのためには自分でも自覚症状のチェックをする必要があるのです。
分かりやすいのは痛み。どこが痛いのか、どういった痛みなのか、患部と神経どちらが痛いのか、どのくらい痛いのか。
喉の不調というのも、疲労による枯れと菌による炎症と細かい傷による裂傷・腫れなどがあり、どの症状なのか。などなど。
おかげで最近は風邪をひく数は減ってきています。One-Sizeでもそういった話をしている回が減ったと思います。
しかしながら、この世界で仕事をしているのは私一人ではありません。どんな仕事だって最初は人間がしているわけで、僕がどれほど予防に勤しんでも風邪を引いている人からうつされることもあるわけです…まあそこは…キツイですけど…だって人間ですものね。
皆さんも僕も地道な予防と迅速な処方を心掛けましょう。