あんこ」タグアーカイブ

平居正行のコラム連載終了について

Project One-Sizeのコラム企画をお楽しみの皆さん、いつもありがとうございます!

2015年4月21日配信のPodcast『3色丼』番組内で発表させていただきました通り、今月をもちまして平居正行は、Project One-Sizeを卒業します。

所属事務所との相談の上、今後は声優活動などに専念することとなりました。
今まで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

それに伴いまして、Project One-Size Webサイト上のプロフィールなどは、4月いっぱいで掲載を終了する予定です。
当コラム企画に関しましては、過去の記事はそのまま今後も公開を予定しておりますが、平居正行のコラム『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』の連載は終了となります。

突然のお知らせとなりましたが、ぜひ今後とも、
ますます活躍していく平居正行を、一緒に応援していけたらと思います。

平居正行 ユニット卒業

時屋の どら焼き

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』11

ども、あんこ大好き!平居正行です。
突然ですが、4月4日は何の日でしょうか!?
それは...「あんぱんの日」なのです!
が、それと同じくして「どら焼きの日」でもあるのだそうです!

「あんぱんの日」の由来は、以前にこの「あんこに想いを廻らせる」第六回のコラムでも紹介したことのある、あんぱんの名店「銀座 木村屋」さんから。
1875年の4月4日に、「木村屋」の創業者・木村安兵衛さんが、明治天皇にあんぱんを献上したことが由来と言われています。
そして「どら焼きの日」の由来はというと、3月3日の桃の節句と5月5日の端午の節句に挟まれた4月4日と、カステラ生地であんこを挟んだどら焼きのカタチを引っ掛けたところから来ているのだとか。

ということで、今回のあんこに想いを廻らせる は、あの(←!?)どら焼きを食べに行ってきました!

新宿の小田急ハルクの一階にある、「時屋」さんです。
IMG_20150413_190828
そう、何を隠そうこの時屋さん、あのどら焼き好きな国民的有名漫画のキャラクター「ドラえもん」の生みの親、漫画家の藤子・F・不二雄先生が、好んで通っていたと言われているお店なのです。
そのドラえもんに出てくるどら焼きが、この時屋さんのどら焼きをモデルにしているものなのだと、ドラえもん好きの皆さんの間で言われているそうなのです。

どら焼きの大きさは、小・中・大・特大(スペシャルジャンボどら焼き)←めっちゃでっかい! とサイズもいろいろ!
IMG_20150413_190858
ちなみにスペシャルジャンボどら焼きは、創業者の知人が、人を驚かせたいと思い注文したのが始まりなのだとか。
確かに、重さ1.3㎏あると言われるスペシャルジャンボどら焼き、びっくりしちゃいます。(笑)

お持ち帰りもできるのだけれど、店内でもお召し上がり出来ます。
なので、中どら焼き&生クリーム入りどら焼きと黒豆茶のセットを注文してみました~!
どこか懐かしい昭和の落ち着いた雰囲気を感じる店内で待っていると、出てきましたよ、どら焼きたちが♪
DSC_1146
中どら焼きの大きさは、だいたい普通のサイズよりちょっと大きめ。おそらく小どら焼きが他のお店で売られているよくあるどら焼きのサイズなのだと思われます。
さっそく、スタンダードな中どら焼きの方から食べちゃいましょう!
DSC_1147
なんとなくですが、ドラえもんに出てくるどら焼きに見えなくもない?ですよね??
どら焼きの生地は卵の風味が効いたもっちり食感、そしてあんこもぎっしり!ん~美味い!
DSC_1151
流石、自家製のあんことどら焼きの生地の味わい。
そして黒豆茶にもよく合って、食が進みます。(笑)
次に、生クリーム入りどら焼きをば。。
DSC_1153
こちらもあんこ&生クリームが中にぎっしり詰まっていて、とってもボリュームたっぷり!
生クリームも甘過ぎず、あんこの甘さにぴったりな味でしたよ。(^^)
どちらも素朴な味わいで、いくつでもパクパク食べられるような時屋さんのどら焼き。
今度食べに行ったときには、是非ともスペシャルジャンボどら焼きにチャレンジしてみたいです!(笑)

はてさて、あんこコラムの第十一回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「時屋さんの どら焼き&生クリーム入りどら焼き」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

長命寺桜もち

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』10

ども、あんこ大好き!平居正行です。
少し前まで寒く凍えていた時期だったのに、空気もだんだんとあったかくなってきましたねぇ。もうちょっとすると、桜の咲く季節に。楽しみです。

そんな今回の「あんこに想いを廻らせる」は、浅草に行ってきました!
お目当ては、「長命寺桜もち」。
春らしい季節にピッタリの、ステキなあんこものです。(^^)
とはいえ、生まれが西側出身のおいら、長命寺桜もちには馴染みがなく、生まれてからこの方三十二年間食べてきた桜もちも、桜もちと聞いて頭に思い浮かべるのも、通称・道明寺。もち米のツブツブが残ってもっちりとした食感の、桜もちの方なのです。
なので、長命寺桜もちの印象は、「あの、あれでしょ?あんこをくるっとピンクのもち皮で巻いてる方の。あんまり食べたことないけど。。」くらいの認識でした。(汗)

当日はあいにくの雨でしたが、浅草駅から、隅田川沿いをてくてく歩いてお店に向かいます。
ちょっと駅から離れたところにあるのだけれど、なんとか無事にたどり着きました~!
(※長命寺さんのお店のホームページにある地図にルートが載っています)
IMG_20150312_225821
お店のなかは、テーブル席や赤長椅子があって、ゆったりくつろぎながら桜もちをいただくことが出来ます。
店員さんに注文して、出てきたのがこちら!...って、あれ?
DSC_1045
ええと、桜の葉にくるまれて、中身が見えないのですが。。(イメージしてた姿と違って包まれすぎてる感じがします。何でだろう?)
DSC_1047
そっと葉っぱをめくってみると。。
DSC_1048
でてきましたよ、桜もち!
白色のもち皮ってところがちょっと意外です。
そして中身は、さらっとしたこしあんです。
DSC_1050
美味しくって、口のなかにすっと吸い込まれていきました。(笑)

ところで、桜もちを包んでいる塩漬けされた桜の葉ですが、そのまま一緒に食べるか、剥がしてもちだけ食べるか、どっちか正しいんだろう、って迷った経験はありませんか?
正解は...、桜の葉を剥がしても剥がさなくても、お好みで大丈夫、なんだそうです。(笑)
桜の葉で包むことによって、もち皮の乾燥を防いでいるのだとか。そんな役割があったんですね。だから葉っぱで見えなくなる程包まれていたのですね。納得です。
ちなみに、この長命寺桜もちは、桜の葉を剥がして食べることをお勧めしています。

さてここでちょっとした小咄を。
昔、桜もちの皮(葉)を剥がすのか剥がさないか迷ったお客さんが、どっちが良いか店のひとに尋ねたそうです。
店主「皮を剥いて食べた方がいいですよ」
そしたらそのお客さん、『川を向いて』と言われたと勘違いして、近くに流れる隅田川の方を見ながらそのまま葉っぱを剥かずに食べた、とか食べなかったとか。。
そんなわけで、おいらは葉っぱを剥がして食べてみたのですが、いつもは一緒に食べている(といっても道明寺の方ですが)あの塩漬けの葉の味も味わいたくて、あとからちょっとだけ葉っぱをかじっちゃいました。(笑)

食べ方は人それぞれ、見て楽しんで味わって、美味しく食べられるのがよいですね。

はてさて、あんこコラムの第十回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「向島 長命寺桜もち」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

R style by 両口屋是清

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』09

ども、あんこ大好き!平居正行です。

先日、服を大量に処分したため、「しまった!着られる服が足りない?!どうしよう。。」ってことになってしまい、久々に服を探しにおしゃれなワカモノたちがひしめく街・原宿へ行ってきました。
ぐるぐる服を探して店を回り、いい感じに歩き疲れて一息つこうと思って、ふと「そういや、表参道ヒルズ近いな。ちょっと見物がてら足を伸ばしてみようじゃあないか」と、ぷらぷらと素敵なお店を覗きつつ、おしゃれな人々の行き交う表参道を進むおいら。
実は表参道ヒルズの中に、気になる甘味屋さんを見つけていたのです。
それは、表参道ヒルズの三階にある「R style by 両口屋是清」 というカフェ。
名古屋で370年続いている和菓子屋の老舗、両口屋是清(りょうぐちや これきよ)さんのプロデュースしているお店なのです。
平日の午後ということで、客足も落ち着いてゆったりとくつろげる雰囲気の店内。
ドキドキしながら席に座り、注文したのは、
「極味(きわみ)ぜんざい」
そう、今回の「あんこに想いを廻らせる」は、ぜんざい でございます。
ぜんざいといえば、前回の第八回でも少し触れましたが、圧力鍋がぶっ壊れていたため実家にて母お手製のぜんざいを食べ損なったおいらですが、先月中に、偶然にも別のお店で美味しいぜんざいを食べられたという「ぜんざいリベンジ」を果たしているため、さてはて今度はこちらのお店ではどうなのだろうかと、食べくらべをしてみようと思いたった次第であります。

渡されたメニューには、
注文を受けてからつくる、との文字が。しばし待つ。
と、店員さんがお水を運んできてくださったのだけれど...、
DSC_0973
ん?水と、なんだろう、この小さいおちょこは...もうひとつ、水??
ひと口飲んでみる。あ、ほんのり甘い!?
気になるけれど、店員さん何も言わずにいっちゃったし。。
よし、聞いてみるか。

おいら「(動揺しつつ)あの、な、なんですか、これ?」
店員さん「そちらは梅の味のついたお水です」

梅の味の水、ですと?!言われてまたひと口飲んでみると、確かに、梅の風味の甘さだ。なんとまあ、洒落たサービスではないですか!
正体がわかって、ちょっとほっとしました。(笑)

そして、いよいよ出て参りました、極味ぜんざい(白玉&栗入り)。
DSC_0975
あたたかいものか、冷やしてあるものか選べるのですが、あったまりたくて暖かいものにしました。
さじですくって、ゆっくり口へと運ぶ。

これは、んまい!!

ひと口ひと口が、じわりとくる。よく煮込んだ小豆の美味しさが、歩き回って疲れたおいらの五臓六腑に染み渡る。。
白玉と栗も交えながら、少しずつ、なくなるのを惜しみながらゆっくりと食べて行く。
なんと幸せな時間なのだろう。
そして、この小豆の粒の大きさ!
DSC_0978
まさにぜんざいの極味と言っても過言ではない。
食べ終わった後、気がついたら軽く汗をかいていました。(笑)
極味ぜんざいにしてやられました。。

はてさて、あんこコラムの第九回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「R style by 両口屋是清さんの 極味 栗ぜんざい」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

銀座 木村屋總本店の あんぱん

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』06

ども、あんこ大好き!平居正行です。

「あんこに想いを廻らせる」、前回のいちご豆大福に引き続き、今回もハイブリッドなあんこものを食べてきました。
それは「あんぱん」です!

雨降るあいにくの天気の中、銀座にある「銀座 木村屋總本店」さんに行ってきました。
あんぱんといえば、木村屋さん。
創業145年の、老舗の中の老舗です。
とはいえ、ちゃんと木村屋さんのあんぱん、食べた記憶がない。。(おいらが忘れているだけかもしれませんが。)

行ってみると、ビル一棟まるまる木村屋さん!
銀座 木村屋總本店
一階がパンを販売しているベーカリーコーナー、二階がカフェになっておりました。(ちなみに、三階はグリル、四階はレストランでした!)
そして、ビルのてっぺんにはあんぱんの看板。まさしく看板商品です(笑)
IMG_20141113_150619
ベーカリーコーナーを抜けて階段を上ると、入口に「おかげさまで創業百四十五周年」の文字が。
おいら「(ひとりで入って大丈夫なのだろうか..。)」
どきどきしながら中に入ると、きれい目な店内。
休日の昼過ぎという時間もあってか、子供連れの家族やご年配の方々が多め。

品書きを見ると、何気にパンだけではなく数種類のメニューがありましたが、酒種あんぱんセットを注文してみました!
酒種あんぱんセット
小倉あんぱんと桜あんぱんのセットです。
大きさは小ぶりながら、食感はしっとり、味はしっかり、甘さは控えめ。桜あんぱんには、桜の花の塩漬けが真ん中に埋め込まれていて、それがまたあんぱんの甘さを引き立てて美味しかったです!
ちなみにセットの飲み物、コーヒー、紅茶、ミルク、日本茶から選べるってことで、「あんぱんと合う飲み物はなにかなぁ...」日本茶?それともミルクかな?と、ちょっと迷ったのだけれど、コーヒーにチャレンジ。
あんぱんとコーヒーの組み合わせ。結構合います!
あんぱんを食べ、コーヒーを飲みながら、しばしゆったりとした時間を過ごしてしまいました。(笑)
それからせっかくなので(?)、帰りにベーカリーコーナーでお買い物。
ズラリと並べられたあんぱんは、ふつうの粒あん、こしあん、けし、うぐいすなどなど、色んな種類がありました。(もちろん、あんぱん以外のパンも置いてありますよ!)
ちなみに、木村屋さんのあんぱんは、「酒種あんぱん」、酒種酵母が使われています。
酒種とは米と麹と水から作られた発酵種。日本独特の酵母なのです。日本酒を造る時の発酵源としても使われているものだとか。
一般的なパンに使われているイースト菌酵母とは、増殖するための栄養源が違います。
イーストは、砂糖を製造する過程でできる糖蜜を栄養源として化学的に管理された機械ラインで大量に製造されます。一方、米と麹と水から作られた発酵種である酒種は米を栄養源とし、空気と水のきれいな所で自然の中より酵母菌を採取し、麹を手助けとして日数をかけて増殖します。
酒種はイーストより扱いが難しく管理するのが大変な点なのですが、風味においては酒種の方が優れているとのこと。
それだけ手間をかけてつくり続けているところが、木村屋さんのあんぱんに対するこだわりの表れなのですね。

はてさて話は戻り、おいらは小倉あんぱん、けしあんぱん、四色豆ずくしぱんを手にいれて木村屋さんを後にしました。ほくほく気分です♪
そして帰ってすぐに実食しましたよ。(笑)

DSC_0696

はてさて、あんこコラムの第六回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「銀座 木村屋の あんぱん」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。
20141113_151651

大角玉屋の いちご豆大福

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』05

ども、あんこ大好き!平居正行です。

ハイブリッド[hybrid]〔名〕
①動植物の雑種。「ハイブリッド米(まい)」
②異質の技術・素材などを組み合わせること。
(※明鏡国語辞典より)

ハイブリッド。そう、それは素敵な言葉。特にあんこ好きのおいらにとっては。
あんこに意外なものを組み合わせて、しかもとっても美味しいものが出来上がるなんて、なんてミラクルなのでしょう。
今回の「あんこに想いを廻らせる」は、そんなミラクルの申し子、いちごと大福のハイブリッド和菓子、いちご大福でございます。

有楽町と銀座の境目辺りの、高速道路の高架下にある、大角玉屋という和菓子屋さん。
DSC_0632
ショーウィンドウには、豆大福らしき見本がぽこぽこと並べられています。
しかしよくよく見てみると、豆大福の中に、いちごが入っているではないですか!
おいら(これは豆大福なのか?いちご大福なのか?いったいどんな味なのか。。めっちゃ気になる~!)
ええい、迷っているより食べてみた方がいいに決まってる!ってことで。いちご豆大福、3つゲットしてしまいました♪

IMG_20141011_224929
見た感じは、本当に普通の豆大福。
さてはて、ではその味はいったいいかがなものか?
意を決して食べてみると、おおっ、意外としっかりした豆大福!豆の具合も程よくて、あんこも甘さ控え目で美味しい。
そしてその真ん中に、甘酸っぱいジューシィないちごが現れてじゅわ~っ!と果汁が口いっぱいに広がっていく。
IMG_20141012_195540
それぞれそれだけ食べても美味しいのだけれど、豆大福の甘さといちごの酸味が見事にお互いの味を引き立て合っていて、まさにハイブリッド和菓子!まさにその名の通りの「いちご豆大福」でした!

実はおいら、「いちご大福」という点で、とある心配事が頭の中によぎっていたのですよ。
過去、食べてきたいちご大福にありがちな残念な状態が2つありまして。
ひとつは「いちごの水分のせいで大福部分(もち)がぐじゅぐじゅになってしまっている」こと、もうひとつは「いちごが酸っぱすぎる」こと。
そんなことになってやしないか、と。
しかしその2つの不安要素、全く感じることなく完食できました。とっても良かったです。

この大角玉屋さん、なんと、いちご大福を初めて販売したというお店なのだそう。
昭和60年正月、大角玉屋3代目社長の大角和平さんが、新聞に載っていた電通の「今年の流行」みたいなコラムで「洋菓子・ケーキの時代がそろそろ終わり何かのきっかけがあれば和菓子の時代が来るだろう」という記事を読んだことがきっかけで、大福にいちごを入れてみたらおもしろいかもしれない!と、「いちご大福」を発案、つくりはじめたとのこと。
確かに思い返してみると、おいらが幼稚園児くらいの頃からいちご大福(大角玉屋さんのではないけれど)を食べていた記憶があるもんで、時期的にはぴったりなのですな。
というか、いちご大福がつくられはじめてまだ20年くらいしか経っていない新しめな和菓子なのだということに、ちょっとびっくりしています。

そして、大角玉屋さん、いちご大福だけでなく、他にもいろいろありまして、季節限定で栗大福もやってます♪(そちらも気になってしまい、翌日手に入れて食べちゃいました・笑)

はてさてあんこコラムの第五回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「大角玉屋の いちご豆大福」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。
IMG_20141012_195645