どら焼き」タグアーカイブ

時屋の どら焼き

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』11

ども、あんこ大好き!平居正行です。
突然ですが、4月4日は何の日でしょうか!?
それは...「あんぱんの日」なのです!
が、それと同じくして「どら焼きの日」でもあるのだそうです!

「あんぱんの日」の由来は、以前にこの「あんこに想いを廻らせる」第六回のコラムでも紹介したことのある、あんぱんの名店「銀座 木村屋」さんから。
1875年の4月4日に、「木村屋」の創業者・木村安兵衛さんが、明治天皇にあんぱんを献上したことが由来と言われています。
そして「どら焼きの日」の由来はというと、3月3日の桃の節句と5月5日の端午の節句に挟まれた4月4日と、カステラ生地であんこを挟んだどら焼きのカタチを引っ掛けたところから来ているのだとか。

ということで、今回のあんこに想いを廻らせる は、あの(←!?)どら焼きを食べに行ってきました!

新宿の小田急ハルクの一階にある、「時屋」さんです。
IMG_20150413_190828
そう、何を隠そうこの時屋さん、あのどら焼き好きな国民的有名漫画のキャラクター「ドラえもん」の生みの親、漫画家の藤子・F・不二雄先生が、好んで通っていたと言われているお店なのです。
そのドラえもんに出てくるどら焼きが、この時屋さんのどら焼きをモデルにしているものなのだと、ドラえもん好きの皆さんの間で言われているそうなのです。

どら焼きの大きさは、小・中・大・特大(スペシャルジャンボどら焼き)←めっちゃでっかい! とサイズもいろいろ!
IMG_20150413_190858
ちなみにスペシャルジャンボどら焼きは、創業者の知人が、人を驚かせたいと思い注文したのが始まりなのだとか。
確かに、重さ1.3㎏あると言われるスペシャルジャンボどら焼き、びっくりしちゃいます。(笑)

お持ち帰りもできるのだけれど、店内でもお召し上がり出来ます。
なので、中どら焼き&生クリーム入りどら焼きと黒豆茶のセットを注文してみました~!
どこか懐かしい昭和の落ち着いた雰囲気を感じる店内で待っていると、出てきましたよ、どら焼きたちが♪
DSC_1146
中どら焼きの大きさは、だいたい普通のサイズよりちょっと大きめ。おそらく小どら焼きが他のお店で売られているよくあるどら焼きのサイズなのだと思われます。
さっそく、スタンダードな中どら焼きの方から食べちゃいましょう!
DSC_1147
なんとなくですが、ドラえもんに出てくるどら焼きに見えなくもない?ですよね??
どら焼きの生地は卵の風味が効いたもっちり食感、そしてあんこもぎっしり!ん~美味い!
DSC_1151
流石、自家製のあんことどら焼きの生地の味わい。
そして黒豆茶にもよく合って、食が進みます。(笑)
次に、生クリーム入りどら焼きをば。。
DSC_1153
こちらもあんこ&生クリームが中にぎっしり詰まっていて、とってもボリュームたっぷり!
生クリームも甘過ぎず、あんこの甘さにぴったりな味でしたよ。(^^)
どちらも素朴な味わいで、いくつでもパクパク食べられるような時屋さんのどら焼き。
今度食べに行ったときには、是非ともスペシャルジャンボどら焼きにチャレンジしてみたいです!(笑)

はてさて、あんこコラムの第十一回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「時屋さんの どら焼き&生クリーム入りどら焼き」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

「すずめや」の どら焼き

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』04

ども、あんこ大好き!平居正行です。

9月、です。
9月3日、私事ではありますが、おいらの誕生日でした。
そして同じくして9月3日、あの国民的人気猫型ロボット、ドラえもんの誕生日でもあるのです!(※2112年誕生予定)
ドラえもんの大好物、と言えば、そう、「どら焼き」。ということで、今回、おいらはどら焼きを食べようと決めたのです。

9月某日。その日、おいらが向かったのは池袋。
実は、以前から気になっていた和菓子屋さんが池袋にあったのです。
池袋駅東口を出てジュンク堂書店の脇を通り抜け、さらに左に曲がって人通りの少ない小路を進むと、そこにちょこんと佇む隠れ家みたいな古民家風のお店が現れます。
その名も「すずめや」。

DSC_0515

木でできた趣ある看板には「どらやき すずめや」の文字が。
小さな店先を覗くと(本当に「小さな」と言っても言い過ぎではないくらいの、小ぢんまりとした店スペースなのです!)、店員さんはいらっしゃらず、そこにどら焼き、おはぎ、最中などの和菓子が品よく並べられています。
同じようにそこにおいてある呼鈴を鳴らすと、店員さんが現れます。
おいら「どらやき2個と、あと...それ(※おはぎ4個入り)、ください!」
...いや、お目当てはもちろんどら焼きなんですよ?でも、おはぎも美味しそうだったので、つい。。(笑)
それを包んでもらって、帰路に着くおいら。

家に着いて早速、包みオープン!

IMG_20140913_235810

見事なまでにキレイな焼き色のどらやきですね。少しフチがイビツなのは、手づくりの証しかと。
いっただっきまーす!
ひとくちほお張ると、生地はふんわりやわらか、あんこはしっかり粒の残ったつぶあんで甘さ控え目、そして生地とあんこの相性バッチリ!

IMG_20140913_235728

美味しくて思わず「フ~フ~フ~!」と言ってしまう。(笑)
そして1個160円というお手頃なお値段。この美味しさでこの価格は素敵すぎます!

何故、このすずめやさんを見つけたのかというと、さかのぼること数年前。
おいらが劇団に入っていたときのことでした。池袋ジュンク堂書店の少し先に、シアターグリーンという劇場があって、そこでの公演のおてつだいで通っていたとき、偶然見つけたのです。
一目ですずめやさんのその店構えに見惚れました。
ですが、そのときのおいらは「気になる...でも、お、お高いんでしょう?敷居が高そうだし、おいらなんかじゃ手の届かない高級などら焼きなのでは...?」と感じてすらいました。(実際、調べて行ってみたら、それは全くの思い過ごしだったわけなんですけどね。笑)

さて、話を元に戻しまして、お次はおはぎを食します。

IMG_20140914_000250

こちらもあんこたっぷり、しっかりしたつぶあんで大満足の味でした!
いやはや、どちらも美味しいあんこだったのでおいらは幸せです。ごちそうさまでした!

ちなみにすずめやさん、その日の個数を売り終わり次第で営業終了とのことで、日によってはすぐに完売して閉まってしまうこともあるとか。
(※売り切れるのが心配な方は、事前の御予約も受け付けているそうなので安心ですよ!)

はてさてあんこコラムの第四回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「すずめやさんの どらやき」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

IMG_20140903_115833