ゲーム」タグアーカイブ

絵を描くこと

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』16

絵を描くのが好きです。
今でこそ、色んな場面で落書き(商業としての利益を得ていないという意で)を披露していますが、きっかけ自体は割と普通だったんですよ。
イラストとか漫画とか意識して描き始めたのは小学校低学年のころで、友達の絵を真似して始めたのがきっかけでした。
描いていたのも、某有名RPGの有名モンスターが冒険する漫画で、あの頃はゲームを攻略する漫画の影響を受けてそれっぽいの描いてたなあ、と記憶しています。
なんで興味を持ったんだろうなあ…と思って、家族に話を聞くと昔からお話を考えたり空想したりするのが好きだったみたいで、しょっちゅう母や姉弟、幼稚園の先生などに熱心に話しかけていたそうです。そうなっていくと思ってたとも。
想像力を発揮した子供が絵を描き始める…。すごく自然な流れに感じます。でも、なんか今振り返ると、たぶん僕の場合、自分なりのアウトプットだったんだろうな、と思います。
アウトプットってどういうことじゃいってなると思いますが、さっきの話の続きで、そうやって色んな人に自分の空想を話していたようですが、どうにもそれが巧く伝わることはほとんどなかったようで、一生懸命話している僕も自己完結してはいたものの伝わっていない違和感というのはあったのかもしれないし、もっと自分の世界を表現できる手段を探していたのかもしれない。だから、自分の空想を漫画にすることへの興味は計り知れなかったのでしょう。
そんなわけで、色んなアニメ、漫画、そこにゲームも加わって模写を繰り返しながら、マイペースに過ごしていたんですが、高校時代に出会った友人によって僕の絵はレボリューションを迎えます。
彼はとにかく先鋭な作家やイラストレーターをリスペクトしていて、『To Heart』や『シスタープリンセス』や峰倉かずやさんの絵が流行っていた頃に、熊倉裕一さんや緒方剛志さんやポップンミュージック、果てはマイク・ミニョーラ氏まで…。彼が影響を受けたように僕も彼の影響を受けてひたすら絵を磨いていました。その精神は今でも役者としても染みついていて、おもしろいものや目指したいものは習(倣)おうという姿勢が身についたのです。
そして今。何かしら作品に出演すると収録後に色紙にサインをすることがあります。
僕のサインは結構わかりやすくて、ひらがなにした名前で書けるようにしています。全体視するとハートをあしらってあり、二十代前半の自分のなまいきさが伺えるというものです。
特に自分の関わったキャラクターたちを紙にしたためると演じた子が自分の中で腑に落ちるというか…自分の中に留まってくれるというか。絵に描くのは割と大事な儀式でもあるような気がします。
そして!これで助かったのは、サインを書いた際に生まれた余白を絵で楽しく埋めることができること!
…まあ、人より時間をかけてしまうので最近は「…あのぅ…絵描いたほうがいいですか…お時間頂いてもいいですか?」と伺うようにしてます。
ではここでちょっとした宣伝。2015年9月18日より公開の劇場版総集編後編『ハイキュー!!-勝者と敗者-』が二週間限定ですが上演開始となります。僕は、主人公たちが所属する高校バレー部“烏野”のライバル校の一つ“伊達工業高校”のバレー部新主将、二口堅治役で出演します。作品も大変に熱く、アニメならではの躍動感に溢れおもしろいので、原作と合わせて今作も見てもらいたいのですが、この劇場版公開に合わせて販売されるパンフレットに寄せた出演者サインにご注目いただきたい!がんばりましたよ!
というわけで今回も読んでいただき感謝!

音の聴こえ方から利かせ方を学ぶ

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』14

最近のホットニュースは母が携帯をスマホに替えてLINEを使いこなしていることですかね。中澤まさともです。
スマホと言えば、iPhoneも含めた色々なアプリへの出演の機会をちょこちょこ頂きます。
夢王国と眠れる100人の王子さま』というパズルアプリゲームには夏を司る王子“陽影”として出演しております。今の時期にはぴったりな王子ですね。
僕のなかではあまり演じる機会のなかった役でしたが、彼の竹を割ったような性格は、きくドラの『坊っちゃん』(著:夏目漱石)で演じた役を骨組みにしていたので、イメージは組み立てやすかったです。
しかし、そこから恋愛ルートまでプランを組み立てるのには少し慎重になりました。
恋愛過程はそもそもシナリオで表しているのでそこに声を添えさせていただくだけの話なのですが、やはり声の彩り方で印象が変わるものですから。
粗野になりすぎず、でも弱くなりすぎず。友達になりすぎず、でもお姫様扱いもしすぎず。シナリオの指し示す“おしまい”で締められるようクライアントさんと話し合いながら演じました。
今作は陽影に限らずいろんな王子さまがいて、どのストーリーも音声と合わせて辿ると学ぶことも色々あります。こういう表現があってるかは分かりませんが僕にとって、好い教材でもあります。
百人百色(現在は70人ほど)の物語楽しもうと思います。
そうそう、陽影もシークレットストーリーが解放されて、その内容がタイトルからして気になってるんですけど…ガチャはなかなか当たらないものですよ…運ですからねこればかりは。
『シチュエーションカレシ』シリーズも、僕にとってはある種の教材で。これも色々なシチュエーションがあって、しかもダミーヘッドマイク使用ですから音比べというか、心情やアプローチの違いをある程度学べます。
とにかく自分の声のエフェクトを高めたいんですよ。
色々な経験を通して、人の“無意識”の評価(または“無言”の評価)というものを感じていて、出来ることなら巧く言葉にできない人や直感で聞く人にも好いと思ってもらいたいものですから。
そういえば【なんで・どうして・どのようにして】の説明をすぐ求められて、それが理路整然とまとまっていなければ、その人が好きなものが【評価に値しない】ってされる場面を割と頻繁に見かけていたのですが、あれはどうなんでしょうね…。
確かに、仕事に関して説得できなければ意味がない場面もありますが、こと趣味においてはその人の“好き”を巧く説明できないから大したものでないとされるのはすごく不服で。
皆が皆、人生において自分の精神や感情を掘り下げて自分のことを理解しているわけではないのですし、趣味人は評論家ってわけじゃないんですし…“好き”はただの“好き”でもいいじゃないですかーって思います。
こうやって一つのコラムの中で話題が転々とするぼくなんて…ねえ?
昔から「お前の言っていることは分からないから…」と放置されていたものでして…。ああ、そういう意味では有無を言わせない声力がほしいのだなあ僕は。頑張ろう。
そんなわけで結論が大体いつもどおりになったところで今回を締めたいと思いますが、ここで小話を一つ。
『夢王国と眠れる100人の王子様』の収録の時だったんですけど、台本の一部分を収録してチェック待ちをしている時にですね…えっ、と思ったんですけど…ヘッドホンから…聞きなれない言葉がですね…聞こえたんですよ…明らかにスタッフさんではない声で…ぼそぼそと話してるんです。

軽快な洋楽に乗せて。

どうやらどこか海外のラジオ放送の電波を拾っていたみたいです。こういうこともあるんですね。
今回もご覧いただきありがとうございます。