コミケ」タグアーカイブ

コミケは一日にして成らず

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』08

2015年ですね。いや、もっと細かいことを言えば1月ですね。そして、僕がいて皆さんがお好きなアニメ業界は番組改編期ですね。
と、ここから先はいつも通りというか、今期も何もなくてつらいけど頑張ります的な形で締めるお話を1000文字くらい書いたところで「いけない、これはかなり愚痴みたいになる!」と思い返して書き直している次第です。
せっかくなので最近あったお仕事の話をしましょう。
2014年師走の末と言えば、オタク/マニア/フリークの祭典“コミックマーケット”が開催されましたね。
僕は一日目と二日目にお仕事で企業ブースと呼ばれる国際展示場の西側のスペースに来訪しました。訪れた時間が時間でしたので人の波はだいぶ落ち着いていましたが、午前から正午にかけての戦場っぷりは聞き及んでおりますので、一日目のサイン会・二日目のポストカードお渡し会に参加する整理券を受け取るために開幕から並んだ方もいらっしゃることでしょう。ご足労いただき本当にありがとうございます。
一日目も二日目も企業によって進行に違いがありましたが、共通していたことは控室にあたるところがイベントスタッフさん共有の休憩室だったこと。
入室したところ、企業ブースの方やそこの頒布を手伝うコスプレイヤーの方、誘導の方、監視の方など、とにかく各所で愛する世界のためにお仕事をなさっている方々が寄り集まって休憩したりご飯を食べたりしていました。
普通の役者さんがどう思うかは分かりませんが、僕は今回は台本のある仕事ではなく強いコンセントレーションが必要なかったのもありますし、きらいな空間ではなかったのでそこで待機していました。
どんな仕事をしていても、自分以外の仕事をしている人がいて、それが一つのイベントを積み上げて作っているのだなあ、と思うと控室も楽しい物でしたよ。
実際、一日目は控室に居たら二日目の担当の方とも会えましたし。
さて、肝心のイベントの方ですが、両日とも初めての内容のお仕事でしたので実は結構緊張していました。とはいえ、一度は仕事で体験したい空間でしたので喜びの方が大きかったわけですが。
それにしても、サイン会って…難しかったです。サインしながらお話するのって、脳の使い方の問題ですよね、手と口を別個にして動かす的な。本当は1分強お話しする時間あったのにあっさりしちゃったり…僕も存外に話題探し下手ですからVITA版の『ドラマダリコード』買いましたー?とか、どこからいらしたんですかー?とか、DVD/Blu-rayBOX二つ目ですかホンットありがとうございます!とか、クリアくんのお話とか…。

…あれ、以外と話題あるな(笑)

でも、最終的にはそれなりに時間が余ってしまったので、トークタイムに移行。アドリブトーク。てんやわんや。最後のお別れの挨拶だけは気を付けてほしいことや感謝したいことがはっきりしていたのですらすら出てきましたね。
他の人はどんなふうにやっているのだろうなあ。
ひとまず書きながらお話しする練習すればいいのかな? それとも、ひたすら書く練習か…。もう、アレです、手品のようなスピードでサインを書く感じ。ヒュンっパ!みたいな。なんだそりゃ。
こういうことも日々鍛錬なのでしょうね。

今年も相変わらず探り探りで進んでいくのだろうな、と思います。

コミックマーケットでのお仕事、楽しかったです。
本当に皆さんの情熱と愛情と欲望で自分のいる世界は成り立っているのだなと。
自分はそういった世界を送り手・受け手、それぞれの皆さんから頂いているのだから丁寧に作品世界に向き合わないといけないなと、いつも思う訳です。