仕事」タグアーカイブ

休息と休日は違う。

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』18

最近気づいたんですけど、僕にとって一番適したストレス発散って観劇か映画鑑賞みたいなんです。
「ひとところで腰を据えて、スマホの電源もOFFにして他に気をそらさず作品を観ること」
これがとても大きい。観たい作品だったりするとなおの事(ちなみに作品の善し悪しは関係ない様だ)。これは自宅でテレビを見るのとはやっぱり違うんです。いえ、まあ、うちのテレビが小さめなので臨場感もへったくれもないというところもありますが……(笑)
11月に入って一気に三本くらい映画を観たのですが、どの作品もよかったこともあり、かーなーりすっきりしました。
それと、感動の補充、といえば良いのでしょうか。人間ってやっぱり感情値?精神力?マジックポイント?そういうのを消費しながら仕事をしているのだな、と思いまして。
ずっと仕事を続けていると、なににも感情が湧かなくなる時ってありません? いや、こんなのはないに越したことないのですけど、役者の仕事というのも、仕事をできる喜びや楽しみとは別に消費しているものがあるのだなあと。
ですから観ている作品の登場人物の情動は、僕の心の器を満たしてくれます。
共感・感動・作品自体への敬意、元気になれました。
役者としてはもう一つ違う言い方をすると“インプット”とか“引き出しを増やす”という表現が適切でしょうか。アニメでも実写でも出演者一人一人の声の響かせ方、広げ方、ぶつけ方。学ぶこと得られるものはいつも多いです。
皆さんは休日にちゃんと休息してますか?
そう思うと、僕はこれまであまり巧くできていませんでした。
これに気づけたのは、有難いことに10月のスケジュールがなかなか過密だったことにあると思います。いや、収録日数だけの話でしたらもっともっとお仕事したいくらいなのですが、僕らの仕事は本番当日だけ頑張ればいいというものでは当然ないわけで、俗にいう“台本チェック”というものを事前にしているわけです。
収録までにどれほど自分の演じる作品・コンセプト・演出を解して役を掘り下げていけるかが当たり前ですけど重要なのです。台本を読んで理解して来てるかそうじゃないかなんて、演出さんやディレクターさんにはすぐばれるものだと思っています。僕なんか特にちゃんと読まないとまともに芝居なんてできやしないと自分に戒めながら挑んでいます。
そんなわけで収録のない日(=休日)も台本と向かい合うことが多かったひと月でした。
おかげもありまして、10月に入ってからの映画をけっこうかなり見逃してまして……なんだかちょっと荒んでいた気がします。
昔はゲームでも発散しているつもりでいましたが、プレイしているゲームが集中や緊張を要されることが多いので、結構神経すり減らすわけで……。楽しめよ~って思うんですけどね。学生時代はストレス発散にもなっていましたけどね。RPG、アクションゲーム、ホラーゲーム、楽しくやってたなあ。
自分が出演している作品にも、皆さんの休息になってるものを増やしていけたらいいな。そうなるようにきっちり作っていかないと。
ひとまずそういいながらもきっちり休息を得ていかないと。月に二本は何か観ないとと思っています。
そういえば何を観たかって?
『心が叫びたがってるんだ』『バクマン』あと『GO!プリンセスプリキュア』です。
今度は『リトルプリンス』と『グラスホッパー』観たいですね。
今回も読んでいただき感謝です。また次回お会いしましょう~。

ただの声優、されど声優

中澤まさとも『人生のパクが早上がりでもさ!』13

改めまして、旧(有)トリトリオフィスと旧(株)トリアスが合併しまして、パワー・ライズの所属となりました、声優・中澤まさともです。
と言っても、旧トリトリの時のスタッフもそのまま移っているので個人的には大きな変化はなく、むしろ人員も増加し新しい可能性へと繋がればとより一層自分の仕事に従事する次第です。

さて、今日は“声優”という仕事の“本質”について考えてきたことをぽつぽつと。結論としては「調子乗んなよ」的な自分への戒めとしてのログになりそうです(笑)

声優は素敵なお仕事です。僕自身、アニメやドラマCDやラジオといった媒介を通じて人生を楽しく豊かにしてもらいました。そして、僕の導き手となってくれました。
だから今、僕はこの世界に居るわけです。
まず僕は台本を手にしています。決められた時間にスタジオに入り、ミキサーに繋げられたマイクを前に、ディスプレイに写された絵コンテと線画で構成されたリハVを観ながら声を吹き込みます。台本の半分くらいを収録し、直すべきところを指摘頂いたらそこから一つ一つ修正して録り直します。30分アニメなら二パートに分けて収録し、大体三・四時間くらいかけて全て録り終えたらその日の仕事は終了です。

アニメ収録現場は大体こんな感じです。
マイクの前で演じる声優は、その声の魔力を駆使して役に音という波を与えて存在感をより強めさせます。僕もまだまだ拙いながらも、自分の役に役割と然るべき魂を与えます。それが為すべきことなのですから。そこに僕が憧れてきた声優としての誇りがあるのです。
本当に声優は浪漫のあるお仕事です。

だがしかし、僕は自分に問いただします。
「いやいやちょっと待て。自信を持つのは結構だが過信になってないか? 誇りを持つのは結構だが尊大になってないか? 自分の仕事の本来の形を忘れちゃいけないぞ」
と。

ここでちょっと“声優の仕事”を、このアニメ収録現場から分解して、声優というものの核を拾い出しましょう。
まず自分の持っている台本はライターさんがいないと手元にありません。
スタジオを管理する担当さん、マイクをミキサーに繋げて録音できる状態にしてくれる音響さんがいないと自分の声はただ虚空に響くばかり。
ディスプレイに写されたリハVは、絵コンテや線画の未完段階をアニメの製作とは別に録音用に編集してビデオ化してくれる撮影さんがいないと明確にどんな声を吹き込めばいいのか曖昧になります。
音声を演出する音響監督さんがいないと声優自身では気づかないテクニカルエラーを修正できず、この作品を統括する監督さんがいないと最終回まで内容が分からないままでは何を道しるべに自分の役を終わりまで導いていけばいいのかわかりません。
そして、諸々の工程を管理し指示を出す制作進行さんがいなければ収録までに用意する必要があるものを揃えられませんし、そもそも、アニメの企画がなければ仕事すら成立しません。
つまり本質だけの話でしたら、声優は“人間の音”担当で、アニメ一話の製作過程の中では諸々お膳立てしてもらった終盤の作業なだけなのです。
でも声優はそこに浪漫を生み出します。だから日本のアニメファンもこの作業に浪漫を感じてくれます。
もしかしたら海外と日本の声優の職業意識や聴者さんからの評価の違いはこの【+浪漫】が関わっているのかもしれません。

今のところここまで考えた中で、僕はどうしていくかをまとめます。
『只の音にならないよう、粋を籠めて息を操る唯の声優で在れるよう、プロフェッショナル達の中で、同じ“創る人”としての仕事をしていこう』
今回も読んでいただきありがとうございます!