未来」タグアーカイブ

明るいほうへ、世界を変えよう

『粕谷幸司の自由なコラム』16

 ちょっと前に、twitterで呟いたんだけど。
 政治活動そのものについては、なんとも言うことはないけど。「戦争法案」と言い換えているやり方は、なかなか善しとは思えないんだ。

 …このたった一行だけの解釈では誤解を生んでしまうかもだし、なにより今このタイミングでこの件をモニョモニョ言うのって難しいし、むしろ言いたいことはソレではないからいいんだけど。
 世界を変えよう、と思うときに、どんなやり方が好いのかなって、ふと思うのね。

 僕の話に引き寄せると。僕は、このアルビノを悲劇にしないで、エンターテイメントの材料にすらしようと思って動いているわけ。
 っていう僕の思考を知っている人は「なにをいまさら」だと思うのだけど。

 悲しみや苦しみは、多くの人に響きやすくて、そしてどんな人にもわかりやすくて、わりと濫用されているように思う。
 僕も小さいころに「世の中には食べるものがなくて困っている人もたくさんいるんだから」って話を聞いて育った。子供ながらに「なるほど、そうかー」と思って、食べ物は大切にしよう、とは思った。
 だけど、実はそれって、ちょっと乱暴な展開というか。実際には“目の前の物を食べさせる”という私利私欲(?)のような目的で、引き合いに出してるだけのような、気がしてさ。

 アルビノについてだって…“世の中には、アルビノとして生まれただけで生命の危険に晒される人もいる”状況があったり、現代・国内だって“いじめ・差別”をはじめとする問題があるにはあったりして。
 その事実から目を背けるわけにはいかないけどさ、だけど、だからって「ね?かわいそうでしょ!?」というアピールって、楽しい未来をつくれるのかな。果たして。
 一昔前にも「○○しないと不幸になる」「○○ないと地獄に落ちる」とか、変な言い回しがアレだったことがあったっけ。それって、脅迫なんじゃね?みたいな、さ。

 単なる言い方の話、と思うことも出来るけど。
 けど、その言い回しで、届く思いに違いが出ることってすごくある。

 僕がこれまで関わってきたいろんなところでも、悲しみ・苦しみを材料としてアピールしちゃって「こんなにかわいそうな人がいるから○○してください」のような展開をしていたこともあったけど。
 それは僕にとって全然、楽しい未来をつくるための方法として好くないと思ってるんだ。

 そりゃあ、問題の本質による。すべてが、そんなに楽しく転換できるはずもないけどさ。
 でも…、過去や現在を否定するんじゃなくて受け入れたうえで、未来を明るく照らす方法を、選んでいきたいと思うよね。

 僕にとってのアルビノは、グラビアアイドルにとってのおっぱい(例えをすぐおっぱいにする悪い癖)。
 そんな感じのほうが、多くの人の幸せをつくれる、と思ってる。

 おっぱいが大きくて、もしくは小さくて、悩んでる人。
 大丈夫、それを好きな人もいっぱいいる。それを武器に、輝いている人もいっぱいいる。
 そして、今はいろんな方法を選べる。隠すことも出来るし、魅力として使うこともできる。
 自分らしい生き方を、選ぶことができるから、大丈夫。

 …ほら、一緒じゃん。

 でもたったひとつ「かわいそうだね、苦労したでしょう」って思いをそこに混ぜると、明るい未来がかすんでしまう。
 本当は楽しい方へも考えられるはずなのに、暗く、険しい過去や現在に閉じ込められちゃう。
 未来に向かって進む一歩を断ってしまうことこそ、不幸の連鎖になる。

 そして、この根本的な“捉え方・伝え方のバランス”は、まだまだ変わらないから。
 だから僕は、繰り返す。

 僕は、このアルビノを悲劇にしない。

いまからみらい

『粕谷幸司の自由なコラム』10

 自分が明日も生きているかなんて、まったくもってわからない。
 自分の大切な人が、明日も同じように笑ってくれているか、そんな約束は誰もしてくれない。
 けれど僕らは、無意識にも明日を信じてる。未来を信じてる。
 だから強く生きられるし、大なり小なり望みを持っていて、期待をして生きる。
 “明日はもっと…!”ってな具合に。

 今を生きるのに、文字通り必死になることは、明日を生きる僕らにとって、なかなか難しい。
 何故なら自然と…「明日の自分のために生きる」から。
 今日のご飯、小さな仕事、ちょっとの貯金や買い物も、勉強も練習も、今夜も眠ることだって、明日の自分のためにしている。未来に繋がることが“生きる”ことなんだって、どこかで知っているから。
 未来を見ずに、今を必死で生きることは、頭では理解できたとしても、恐ろしすぎて、できない。
 だって、明日も生きているもの、きっと。

 2011年3月11日。東日本大震災で、多くの人の未来が、突如なくなった。まるで信じられない光景に、事実に、生きている僕らの心も、飲み込まれた。そして、生きていく僕らに、未来に大きな仕事が生まれた。生きていく僕らが、未来をつくるために、しなくてはいけないこと。
 それは人ぞれぞれなのだけれど、間違いなく、実感した。誰もが、明日という未来が絶対ではないからこそ、絶対に未来を明るく照らす仕事を、しなくては。

 丸山夏鈴というアイドルがいる。僕は数回、現場で会ったことがあるくらいなのだけれど、どこか凛々しくて、賢くて、笑顔がほっこり可愛らしい、1993年8月2日(僕と同じ誕生日!)生まれのアイドル。
 小さい頃から脳腫瘍の手術を繰り返し、今は肺にあるガンと闘いながら、先日“念願の1stシングル”Eternal Summerを発売した。
 渋谷のタワレコでのリリースイベントに遊びに行ったのだけれど…、彼女はそこで「皆の前で歌ってるのは奇跡って言われてるほどで…、だから、これからも、皆さんに奇跡をお見せできたらなって、思ってる」と語った。
 今日を生きている奇跡。その境遇もあって、言葉に込められた思いに、グッときた。


 あらゆるものに、終わりは必然だ。生命も、作品も、文化ですらも…、何年か、何十年か、何百年かはわからないけれど、どこかで終わる。いや、終わらせないといけないと思う。永遠とは幻。最高の終わりを願って進むんだと思う。永遠を狙って始めると、あまり良いことは無い(という個人的な感想です)。
 ただ、大切なのは[今→未来→終わりへ]と、進んでいくこと、走って行くことじゃないかって、思った。
 災害も、病気も、勝手なタイミングでやってくる。運命かも知れないそれに抗って拒否することは、なかなか出来ない。
 けれど、それも、すべて「今」。

 さて、今→未来へ、何をしようか。
 できることとは、何だろうか。
 終わりの向こうにある始まりへ、今より新しく素晴らしい未来へ。

 そう、過去より現在は「新しい」。
 新しい未来のために、今を生きることなら、僕らにも想像できる。実現できそうな気がする。

 過去に生きることはない。過去に夢なんか無い。
 生きる僕らにあるのは、今→未来。ただそれだけなのだから。

 自信を持って、楽しくいこう。面白がって、笑って生きよう。
 心に刻まれた記憶たちを、無理に癒やそうとしなくていい。無理に残そうとしなくてもいい。
 素直に今を、未来に向かって、いつか最高に終わらせるから、生きよう。

 だから僕は、寿司を食いたい。肉も食いたい。
 恋もしたいし、エンタメもしたい。
 生きているから、希望は尽きない。