」タグアーカイブ

30代で変わるもの変えること

『粕谷幸司の自由なコラム』14

 いま、これを書いている時は、酔っ払っているんだけれど。
 昔からお酒は、楽しくて好きだけれど量は飲めなくて。接待的な、緊張感とかを持ってる時、またはベロンベロンになっていろんなこと終わらせたい時、とかは勢いでたくさん飲んじゃったりするんだけれど。一番楽しく、いっぱい話しながら気持ち良く飲むなら、生ビール中ジョッキ2杯くらいで、もうお腹いっぱいなの。
 そういう、変わらないこと、ってのもありながら、最近は、変わることについてちょっと思いを巡らせてる。

 いろんなところでしゃべったり書いたりしてるんだけれど、去年末くらいから、果汁のアレルギーが爆発したのね。
 小さい頃から、フルーツ食べると喉がピリッとしたり、オレンジジュースを飲むと逆に喉が渇いたり。いくつか(今思えば)心当たりはあったのだけれど。
 トマトジュース飲んで呼吸困難になったり、アボカド食べて喉が腫れたり…、なかなかびっくりするくらいのアレルギー爆発っぷりだったので、正直とても驚いた。
 でも、まあ僕は「エピソードトークで笑って話しちゃう」っていう昇華の方法を持ってるから、まだそんなに困らなかったけれどね。

 そう言えば、僕のtwitterを細かく読んでるフォロワーさんは、もう知っていると思うのだけれど。ここ最近“夜は寝ようキャンペーン”ってのをやってるんだ。
 もともと、小学生くらいから夜更かしが好きで、物書き的な活動をするのにも夜中ってのがなかなか心地良くて。自分の時間が自由なら、朝方に寝て夕方くらいに起きる、というのが大好きだったのだけれど。
 年齢とか、最近の仕事の仕方とかをかえりみて、上司の助言もあって「夜寝て、朝起きる生活をしましょう」ということになったのね。いやほんと、もう徹夜とかキツいよね正直!
 …で、相変わらず寝るのが大好きで、可能なら1日10時間くらい寝たい気持ちは、変わらないでいるのだけれど。
 でも試してみて、習慣付いてくれば午前中ってのもなかなか楽しいのかもな、と思い始めてきたところ。
 若いうちはわからなかったんだ、先人たちの「夜は寝なさい」の本当の意味が(笑)。
 いやでも、後悔は無いけどね!若いうちは、健康だとか度外視して、とにかく“その1日”を楽しみ尽くすことに本気だったから。
 あの頃、頑張って生活習慣を正してみても、特に楽しくは無かったんだと思う。
 今だからこそ、こういう変化を自分に施してみて、楽しめてるんじゃないかな~。

 この前のネットラジオでも「重度の扁桃腺炎で死にかけた」みたいな話をしたけれど。
 これまでは基本、根性で行けるトコまで行っちゃえ!みたいな考え方だったから(笑)、多少の風邪とか体調不良とかは、エナジードリンク的なものを飲んで、そしてたっぷり寝りゃあ何とかなる、と思って病院とかなるべく行かずに過ごしてきたんだけれど。
 社長にも「粕谷くん…、僕ら、もう若くないんだぜ」なんて言われながら、もうちょっと体調面にも気を配る生き方にしていこうかな、なんて考えてる。
 昔から変わらず「体が資本。動けなければ何も出来ない」という考え方は変わらないんだよね。
 その考え方は変わらないんだけれど、自分の体は変わっていってる、ということに気付いてあげよう、と思ったのね。

 体力の低下、能力の鈍化…、そういう“老い”のようなことを悲観的に捉えると、とても不幸なんだけれど。
 自分も、このままいけば、30代後半、40代…と、進んでいくわけで。
 もし、そのまま生きてるんだとしたらば、取るべき行動は決まってるんだと思うのね。
 「どんな変化でも、面白がる」ってこと。

 変えない考え方、ってのもあるけど。
 変えてみる面白さ、変わっていく自分、ってのも楽しめる。
 そんな大人になっていきたいな。

飾らないでみよう

『粕谷幸司の自由なコラム』05

 どんな言葉を選んでしゃべってみても、僕が僕であることはそう簡単には変えられないのだ。

 けれど、どこか飾っちゃうんだよね。カッコつけちゃうというか。
 もちろん、タレント活動をする上では、存在を偶像化するというか、多くの人が「好い」と思えるナリフリをしていることも仕事のうちなので、天才ではない限り、そのまんまの自分で在るというのも違うんだけれど。
 けれども、ね。最近は僕、ちょっとその飾りを解いてみようと思ってて。実験中なの。

 今のところ数少ないけれど存在してくれている女性ファンのことを思って、なるべく黙っていたのだけれど。実は僕、かなり毛深いんだ。
 髪の毛が、わりと量が多くて、太くてしっかりしてるので、もしかしたら想像に易いのかも知れないけれど。しかし、全身の毛が白いから、目立たないということもあるのだけれど。
 まゆ毛はね、よく見ると眉間がつながってる感じでね。まつ毛も、たまに目に入って泣いちゃうくらい存在感ある。鼻毛は、けっこう定期的に刈ってるし。ヒゲも濃い、首の方までたっぷり。
 胸毛は、ちくび周辺まで広くはびこっていて。ヘソ毛はそのままデリケートゾーンへつながって…、ん? ちょっとしつこいか。
 ともかく、僕は実は、全身かなり毛深い。
 とは言っても、僕が全裸ないしはそれに近い格好でみなさんの目に触れることは可能性として低いし(無いとは限らないけど、将来的に)。言わなければみんなの頭の中では《美しいアルビノの身体》を想像してもらえるんだから、バラさなければ良いのだけれど。
 けれど、なんと言うかね。これがリアルな僕でして!…って、言いたくなるんだ。

 これを読んでくれているくらい、僕に興味を持ってくれている方は、もう知っているだろうけれど。
 僕は愛煙家です。煙草を、よく吸います。
 …これもね。社会的にはもはや「煙草を吸ってる人間は悪」という考えが“常識”みたいになってるし。ちゃんと丁寧に隠していれば、嫌煙家の人から嫌われることも無いんだし、もしかしたら少しはモテる要素になるのかも知れないし…、言うだけ、損なんだけれどね。
 でも僕は、煙草が好きで、吸ってるんだ。

 あと、けっこう神経質っぽいところもある。部屋の中も、決してピカピカというわけではないけれど、物の配置とか、気になったりして。人を招いて何かして、終わって帰ってもらった後に、独りで後片付けをしている時とかも、いちいちポイントをチェックしてたりする。
 でも自分の中の許容範囲ってのは雑なもので、破れたパンツも「まあバレないし」と思ってはいてたりするし、換気扇の下は煙草の灰が散らばってたりもする。

 お酒はね、好きなんだけれど弱くてね。人と一緒に飲んでる時は潰れないようにしてるけど、独りでヤケ酒しちゃってる時とか、遠慮無く飲める仲間と居る時とかは、ベロンベロンになることもある。
 弱いから、記憶無くなることは無いんだけれど、意識が無くなる寸前とか、話しながら寝ちゃうとか、そうかと思えばあっという間に気持ち悪くなってトイレに駆け込むとか…、あまり褒められたもんじゃない飲み方になることも、ある。

 人間としてダメな、危険ドラッグとか、違法薬物とか、そういうのは絶対にしない。
 ギャンブルも、楽しさがあまり見出だせていないこともあるし、お金がないし、しない。
 けど、だらしない生き様なところはある。

 まだまだ書き切れないけれど、そういう、出したくもない所も含めて、僕が僕であるんだなあと、思うわけで。
 僕のそういう所を知って、それも含めて「粕谷幸司って好いな」と思ってくれる人こそ、大切にしたいなあと思うの。

 だから、もっと飾らないで…というか、むしろ自分の恥ずかしいところを積極的に“(何らかの)面白さ”として発信していきたいなって、最近よく思ってる。

 …それでも、好きでいてくれるかな?