平居正行」カテゴリーアーカイブ

大角玉屋の いちご豆大福

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』05

ども、あんこ大好き!平居正行です。

ハイブリッド[hybrid]〔名〕
①動植物の雑種。「ハイブリッド米(まい)」
②異質の技術・素材などを組み合わせること。
(※明鏡国語辞典より)

ハイブリッド。そう、それは素敵な言葉。特にあんこ好きのおいらにとっては。
あんこに意外なものを組み合わせて、しかもとっても美味しいものが出来上がるなんて、なんてミラクルなのでしょう。
今回の「あんこに想いを廻らせる」は、そんなミラクルの申し子、いちごと大福のハイブリッド和菓子、いちご大福でございます。

有楽町と銀座の境目辺りの、高速道路の高架下にある、大角玉屋という和菓子屋さん。
DSC_0632
ショーウィンドウには、豆大福らしき見本がぽこぽこと並べられています。
しかしよくよく見てみると、豆大福の中に、いちごが入っているではないですか!
おいら(これは豆大福なのか?いちご大福なのか?いったいどんな味なのか。。めっちゃ気になる~!)
ええい、迷っているより食べてみた方がいいに決まってる!ってことで。いちご豆大福、3つゲットしてしまいました♪

IMG_20141011_224929
見た感じは、本当に普通の豆大福。
さてはて、ではその味はいったいいかがなものか?
意を決して食べてみると、おおっ、意外としっかりした豆大福!豆の具合も程よくて、あんこも甘さ控え目で美味しい。
そしてその真ん中に、甘酸っぱいジューシィないちごが現れてじゅわ~っ!と果汁が口いっぱいに広がっていく。
IMG_20141012_195540
それぞれそれだけ食べても美味しいのだけれど、豆大福の甘さといちごの酸味が見事にお互いの味を引き立て合っていて、まさにハイブリッド和菓子!まさにその名の通りの「いちご豆大福」でした!

実はおいら、「いちご大福」という点で、とある心配事が頭の中によぎっていたのですよ。
過去、食べてきたいちご大福にありがちな残念な状態が2つありまして。
ひとつは「いちごの水分のせいで大福部分(もち)がぐじゅぐじゅになってしまっている」こと、もうひとつは「いちごが酸っぱすぎる」こと。
そんなことになってやしないか、と。
しかしその2つの不安要素、全く感じることなく完食できました。とっても良かったです。

この大角玉屋さん、なんと、いちご大福を初めて販売したというお店なのだそう。
昭和60年正月、大角玉屋3代目社長の大角和平さんが、新聞に載っていた電通の「今年の流行」みたいなコラムで「洋菓子・ケーキの時代がそろそろ終わり何かのきっかけがあれば和菓子の時代が来るだろう」という記事を読んだことがきっかけで、大福にいちごを入れてみたらおもしろいかもしれない!と、「いちご大福」を発案、つくりはじめたとのこと。
確かに思い返してみると、おいらが幼稚園児くらいの頃からいちご大福(大角玉屋さんのではないけれど)を食べていた記憶があるもんで、時期的にはぴったりなのですな。
というか、いちご大福がつくられはじめてまだ20年くらいしか経っていない新しめな和菓子なのだということに、ちょっとびっくりしています。

そして、大角玉屋さん、いちご大福だけでなく、他にもいろいろありまして、季節限定で栗大福もやってます♪(そちらも気になってしまい、翌日手に入れて食べちゃいました・笑)

はてさてあんこコラムの第五回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「大角玉屋の いちご豆大福」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。
IMG_20141012_195645

「すずめや」の どら焼き

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』04

ども、あんこ大好き!平居正行です。

9月、です。
9月3日、私事ではありますが、おいらの誕生日でした。
そして同じくして9月3日、あの国民的人気猫型ロボット、ドラえもんの誕生日でもあるのです!(※2112年誕生予定)
ドラえもんの大好物、と言えば、そう、「どら焼き」。ということで、今回、おいらはどら焼きを食べようと決めたのです。

9月某日。その日、おいらが向かったのは池袋。
実は、以前から気になっていた和菓子屋さんが池袋にあったのです。
池袋駅東口を出てジュンク堂書店の脇を通り抜け、さらに左に曲がって人通りの少ない小路を進むと、そこにちょこんと佇む隠れ家みたいな古民家風のお店が現れます。
その名も「すずめや」。

DSC_0515

木でできた趣ある看板には「どらやき すずめや」の文字が。
小さな店先を覗くと(本当に「小さな」と言っても言い過ぎではないくらいの、小ぢんまりとした店スペースなのです!)、店員さんはいらっしゃらず、そこにどら焼き、おはぎ、最中などの和菓子が品よく並べられています。
同じようにそこにおいてある呼鈴を鳴らすと、店員さんが現れます。
おいら「どらやき2個と、あと...それ(※おはぎ4個入り)、ください!」
...いや、お目当てはもちろんどら焼きなんですよ?でも、おはぎも美味しそうだったので、つい。。(笑)
それを包んでもらって、帰路に着くおいら。

家に着いて早速、包みオープン!

IMG_20140913_235810

見事なまでにキレイな焼き色のどらやきですね。少しフチがイビツなのは、手づくりの証しかと。
いっただっきまーす!
ひとくちほお張ると、生地はふんわりやわらか、あんこはしっかり粒の残ったつぶあんで甘さ控え目、そして生地とあんこの相性バッチリ!

IMG_20140913_235728

美味しくて思わず「フ~フ~フ~!」と言ってしまう。(笑)
そして1個160円というお手頃なお値段。この美味しさでこの価格は素敵すぎます!

何故、このすずめやさんを見つけたのかというと、さかのぼること数年前。
おいらが劇団に入っていたときのことでした。池袋ジュンク堂書店の少し先に、シアターグリーンという劇場があって、そこでの公演のおてつだいで通っていたとき、偶然見つけたのです。
一目ですずめやさんのその店構えに見惚れました。
ですが、そのときのおいらは「気になる...でも、お、お高いんでしょう?敷居が高そうだし、おいらなんかじゃ手の届かない高級などら焼きなのでは...?」と感じてすらいました。(実際、調べて行ってみたら、それは全くの思い過ごしだったわけなんですけどね。笑)

さて、話を元に戻しまして、お次はおはぎを食します。

IMG_20140914_000250

こちらもあんこたっぷり、しっかりしたつぶあんで大満足の味でした!
いやはや、どちらも美味しいあんこだったのでおいらは幸せです。ごちそうさまでした!

ちなみにすずめやさん、その日の個数を売り終わり次第で営業終了とのことで、日によってはすぐに完売して閉まってしまうこともあるとか。
(※売り切れるのが心配な方は、事前の御予約も受け付けているそうなので安心ですよ!)

はてさてあんこコラムの第四回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「すずめやさんの どらやき」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

IMG_20140903_115833

最中(もなか)

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』03

ども、あんこ大好き!平居正行です。

このコラムは、あんこ大好き!を自称するおいらが、ちょっと気になっているあんこを食べにふらっと街に出掛けてみたり、過去に食べてきたあんこたちに想いを馳せて語ってみたりと、あんこの魅力を勝手にいろいろ紹介していくあんこコラム、題して、『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』です。どうぞよしなに。

今回は、美味しいあんこを食べに出かけるのはひとまずおやすみにして、自称「あんこ好き」をかかげるおいらとして、避けては通れない“苦手なあんこもの”のことを書いていこうかと思います。

おいらが苦手なあんこもの、それは、「最中(もなか)」。
正直なところ、おいらは最中があんこものの中で唯一苦手なものなのです。
最中のなにが苦手かと言うと、実は、はじめのうちはよくわかりませんでした。(子供の頃から苦手だったということもあり、初めて一口食べてみたときダメな食感だったのだろうと思います。)
よく言われる苦手な理由が「最中の皮が歯の上にくっつく感じがダメなんじゃないか?」
確かにそうなのかもしれない。
でも、アイスのモナカなら食べられる。その上あんこ自体は好きなのだし。(※ものによっては最中の皮が湿ってしまわないように、あんこの水分を減らした“最中専用あんこ”を使ってるときがある。その場合は、そいつも苦手でございます。)
それで、なんとなくだけれど苦手の原因は“最中の食感”にあるんじゃないか、と思っていたのです。
おやつに最中を出されても、苦手ということで口にすることを遠慮してきました。

「最中は...苦手。」と言うたびにまわりから「美味しいのに~」と言われてきたおいらは、ときに「何故に最中なんてものがこの世に存在するのか」という苦言を吐き、またあるときは「最中の皮がクッキー生地だったらいいのに!」なんて暴言を吐くアンチ最中派でありました。(全国の和菓子職人さん、ごめんなさい!)
そして、大人になってからも、最中を食べるのはなるべく避け続けてきました。
しかし、ときたまおみやげやいただきもので最中をいただく機会が何度かあって、せっかくいただいたものだから中身のあんこだけでもいただこう(←行儀悪くてごめんなさい!)と思い、意を決して何度か最中を食べてみたのです。
すると、(ダメな最中は本当にごめんなさいだったのですが)思い切って食べてみると、たまに「あれ?この最中、あんこと一緒に食べたら皮も意外といける!?」というものがあったのです。
しかもごく稀に、食べてもまったく食感が気にならないときもありました。
あらためて調べてみたら、もともと最中の皮の原材料は、餅。それなら、あんことの相性が悪いはずはない...。
そこで辿り着いた、おいらが最中を苦手な理由、それは“最中の皮の独特な風味”。
そう、その風味が弱い最中だと、おいらも食べられると判明したのです!

それに今では、あんこと最中の皮を別けてある“セパレート型最中”というのもあって、ありがたいことにそれならなんとか美味しく食べられるようになりました!(もちろん、最中の皮もね)
でもやはり、9割がたの最中は昔ながらの最中の風味なので(←当然ですね)独特な風味を持っている皮ゆえに、まだまだ最中は苦手と言い続けるおいらなのです。トホホ。

それからひとつ注釈をば。
冒頭から「最中の皮!」「最中の皮!」と繰り返し言い放っておりましたが、最中の皮の正式な名称は、「種(たね)」と言います。
なんだかもうそれは外側の皮のことを指しているのか中身のあんこのことを言っているのか訳がわからなくなっちゃうと思い、そのままにしております(笑)悪しからず。

はてさてあんこコラムの第三回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「苦手克服?!最中」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

埼玉家さんのたい焼き

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』02

ども、あんこ大好き!平居正行です。

このコラムは、あんこ大好き!を自称するおいらが、ちょっと気になっているあんこを食べにふらっと街に出掛けてみたり、過去に食べてきたあんこたちに想いを馳せて語ってみたりと、あんこの魅力を勝手にいろいろ紹介していくあんこコラム、題して、『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』です。どうぞよしなに。

IMG_20140714_202523
今回、おいらが訪れたのは練馬でございます。
台風一過でとんでもない暑さになった中、ふうふう言いながら駅北口を出て右手にある商店街を進んで行くと、やがて見えてくる緑色の屋根。どこかなつかしい感じのする店先には、「たい焼き」の文字が風に踊っている。
中を覗くと、鉄板の上にたい焼きが五匹。
店の中には、優しい笑顔の柔らかなおばあさんがいらっしゃいました。

おいら「たい焼き三つくださ~い!」
アツアツの三匹を、慣れた手つきで紙の袋に詰めてくださるおばあさん。
焼きたてのたい焼きのいいにおい。
いやはや、急に暑くなりましたねぇ~、なんて、世間話をしていたら、
おばあさん「夏の間は焼き場が暑くなるから、たい焼きおやすみになるんですよ。」
ええっ!そうなのですか?!
この日も、暑くて午後3時過ぎからたい焼き販売していたとのこと。
おばあさん「明後日くらいからおやすみになりますから、ごめんなさいねぇ。」
実はおいら、この日がダメだったら明後日くらいに食べに行こうと思っていたのです。
なんという運命的なタイミング!(たい焼きだけに!)

おいら「よし、帰ったら早速、食べよう。」
...と思っていたのだけれど、帰り道、おいしそうなたい焼きのにおいの誘惑にガマンできずに、一個フライングして食べてしまう。(笑)
持つと、あんこずっしり。ひとくち食べると、中はふんわりアツアツ、外はパリッ。なんともなつかしい味。

というのも、おいらがまだ小さかった頃、祖母の茶飲み友達のおばさんが、家に遊びに来るときにいつもたい焼きをおみやげに持って来てくれていたんです。
だから、小さなおいらはその方のことを「たい焼きのおばちゃん!」と呼んでいました。(笑)

たい焼きは一匹だけでも美味しいのだけれど、何匹か一緒に包んであるたい焼きの、しっとりした、温かいにおい。味。が、あると思うのです。
それは紙や紙箱にぎゅっとたい焼きが入っているからこそ、味わえる美味しさ。
そのなつかしい味を久しぶりに思い出した、たい焼きの味でした。

家に帰ってすぐ、迷わず残りの二匹を食べる。(モチロンネ!)
IMG_20140714_205242
ちょっと時間が経っても、ほんのり温かくてやっぱり美味しい!

ちなみに、たい焼きと大判焼きの違いって形だけで味は全く変わらないんじゃね?と思われている方のために、おいらなりの見解をば。
大判焼きも好きっちゃ好きなのですが、形はやっぱりたい焼きが好き。しっぽの先まであんこぎっしりで、間からもはみ出ているのがたい焼きのステキポイント。
Oh!ナイスバディ!なところがたい焼きのスンバラシイのです!
IMG_20140714_211831
アツアツで美味しい、すこしさめていても美味しい。そんな埼玉家さんのたい焼き。
しかし、次食べられるのは秋までお預けなのか。。待ち遠しい。

はてさてあんこコラムの第二回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「埼玉家のたい焼き」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。

和菓子屋 仙太郎

『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』01

ども、あんこ大好き!平居正行です。
さあ、いよいよ始まりました!
このコラムは、あんこ大好き!を自称するおいらが、ちょっと気になっているあんこを食べにふらっと街に出掛けてみたり、過去に食べてきたあんこたちに想いを馳せて語ってみたりと、あんこの魅力を勝手にいろいろ紹介していくあんこコラム、題して、『ひらいまさゆきの「あんこに想いを廻らせる。」』です。どうぞよしなに。

201406-01

さて、記念すべき第一回目の今回は、ジメジメした梅雨の合間を縫って青空広がる中、まだ見ぬあんこに出会うべく、銀座三越にやって来ました!
そこの地下二階、ギンザスイーツパークに降り立つおいら。素敵なあんこはないものか、美味しいあんこはないものか、とぷらぷら歩いていると、目の前に現れたるは、ショーケースに並ぶ魅惑的なぼた餅たちの、列、列、列 ―――。

それは、和菓子屋 仙太郎さんの「ぼた餅」でした。
その見事な並びの様子に思わず...じゅるり。
「すいませーん、これ、ください!」
さっそく、ぼた餅4個を購入。
店員さんに包んでもらって、受け取ると、そのずっしりとした重量感にわくわく。
うちに持って帰る。

201406-02

満を持して、箱、オープン!!

201406-03

うーん、美味しそう!
ちなみに今回購入した味の種類を言いますと、
あんこぼた餅が2個と、きなこぼた餅、それから七穀米ぼた餅でございます。

「それでは、いっただっきまーす!」

あんこぼた餅を一口食べてみると、
もっちりとした食感と控えめな甘さが口の中に広がり、一気に幸せな気分になる♪
しかも、ん、あれ?よくよく見たら、ぼた餅の中に何かが入ってる...?

201406-04

「さて、ここでクエスチョンです!」
という某・世界の不思議を発見する番組のミステリー○ンターのおねいさんの声がどこからともなく聞こえてきそうな展開ですが。。(笑)

そうなんです。実はこれ、「青じそ」なんです。
ぼた餅の中に、なんと刻んだ青じそが入っているのです。
ぼた餅に青じそなんて合うの?...と思われるかもしれないですが、
しかし!この青じその風味がまた、ぼた餅の甘さを引き締める役割を果たしていて美味なのですっ!
それでいて甘味の邪魔はまったくせず、むしろしっかりと美味しい味の引き立て効果を発揮しているところがスんバラシイ!

しかしこの青じそ、初めのうちはよくゴミに間違えられ、それを見つけたひとから叱られることもあったとかなんとか。。(苦笑)
それでもめげずに、「青じそ入れた方がぼた餅が美味しくなるから!」と青じそを入れ続けてきた仙太郎の職人さんたちの、味ヘの強いこだわりが感じられる味なんです。(←勝手に感じている)
うんうん、よいですなぁ。
そうこうしてるうちに、きなこも七穀米も「美味しい美味しい!」言って食べていたら、あっという間に食べ終わってしまいました。(もちろん、きなこぼた餅&七穀米ぼた餅の中にも青じそ入ってました)
ちょうどうっかり昼ご飯を食べ忘れていたのもあっておなかがペコペコだったおいらでしたが、ぼた餅を4つも食べてしまうと、さすがに満腹大満足。ごちそうさまでした。

201406-05

はてさてあんこコラムの第一回、今回おいらが想いを廻らせたあんこは「仙太郎のぼた餅」でした。

美味しいあんこは美味しいうちに、どうぞ本日中にお召し上がり下さい。
おしまい。